94件中 11 - 20件表示
  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たやくみつる

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるや河合じゅんじなどの野球漫画家によくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、現在は少ないが、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たジョー・ルーツ

    その後1972年〜1973年は、南海のコーチとして野村克也監督のもとで指導者になるための勉強を積む。当時南海の投手だった江本孟紀は「古葉さんは人の良さそうな顔をしてますが、腹は据わっていました。広島監督になる前は南海ホークスの守備コーチだったんですか、僕が先発してノックアウトされた試合。野村さんのリードで打たれ、ベンチに戻って頭に血が上っていてね。ベンチで文句を言ったんです。チームメイトの誰も僕の暴走を止められない中、古葉さんがばっと来て「辞めとけよ」。たった一言ですが、「この人、やばいな」とね」と語っている。1974年、南海から慰留されたが、大学の先輩・森永勝也の要請で広島に守備コーチとして復帰。1975年には15試合で帰国したジョー・ルーツ監督の後を継いで5月に監督就任。快進撃を見せ10月15日の対巨人戦(後楽園球場)で球団創設初リーグ優勝をもたらした。その後も機動力を活かした緻密な野球で1979年、1980年、1984年とチームを3度のリーグ優勝・日本一に導いた。1985年勇退。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た野村克也

    広島で出場機会を失いつつあった1970年、野村克也に請われて、国貞泰汎との交換トレードで、城野勝博と共に南海ホークスに移籍。1971年限りで引退。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た川上哲治

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるや河合じゅんじなどの野球漫画家によくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、現在は少ないが、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た土井正三

    土井正三が、「若い選手は最初は二軍に落とし青年の体を作ってから一軍に上げる」という古葉の若手選手育成法に感銘。同様にイチローを二軍に落とした。その事が確執の発端になったとインタビューで述べている(週刊ポスト、2007年8月31日号)が、土井の死後、イチローは「いつも気にかけてくれていることは知っていた」と確執を否定している。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た日鉄鉱業

    済々黌高校から1955年に専修大学に進学。同年夏休み、母校の高校のグラウンドに出向き後輩にプレーを見せていたところ、偶然来校していた日鉄二瀬野球部監督(当時)の濃人渉の目にとまり、日鉄鉱業への入社を勧められる。古葉は、専修大学で活躍後、日鉄鉱業に入社、同社の二瀬鉱業所(福岡県嘉穂郡二瀬町)が運営する同野球部に入部した。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た峠三吉

    広島原爆の日に日本テレビ系『ズームイン!!朝!』の「朝の詩(ポエム)」に出演し、峠三吉の『』(にんげんをかえせ)を朗読したことがある。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た江藤愼一

    1957年12月、日鉄二瀬の同僚である江藤愼一の入団交渉に来ていた広島カープ(当時)の白石勝巳監督に対し、濃人は古葉を売り込み、古葉は広島へ入団の運びとなった。この入団契約の席に古葉は参加していない。契約当日にぎっくり腰になってしまい、「契約取消になってはまずい。何がなんでもカゼで通そう」と兄が代理で契約にあたった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た三原脩

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるや河合じゅんじなどの野球漫画家によくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、現在は少ないが、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た森永勝也

    その後1972年〜1973年は、南海のコーチとして野村克也監督のもとで指導者になるための勉強を積む。当時南海の投手だった江本孟紀は「古葉さんは人の良さそうな顔をしてますが、腹は据わっていました。広島監督になる前は南海ホークスの守備コーチだったんですか、僕が先発してノックアウトされた試合。野村さんのリードで打たれ、ベンチに戻って頭に血が上っていてね。ベンチで文句を言ったんです。チームメイトの誰も僕の暴走を止められない中、古葉さんがばっと来て「辞めとけよ」。たった一言ですが、「この人、やばいな」とね」と語っている。1974年、南海から慰留されたが、大学の先輩・森永勝也の要請で広島に守備コーチとして復帰。1975年には15試合で帰国したジョー・ルーツ監督の後を継いで5月に監督就任。快進撃を見せ10月15日の対巨人戦(後楽園球場)で球団創設初リーグ優勝をもたらした。その後も機動力を活かした緻密な野球で1979年、1980年、1984年とチームを3度のリーグ優勝・日本一に導いた。1985年勇退。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード