141件中 11 - 20件表示
  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た川上哲治

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるやいしいひさいちや河合じゅんじなどの描いた野球漫画でよくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、古葉の監督時代より遡ると、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た山本浩二

    ただし、タイトル争いで温情を見せたこともある。山本浩二(広島)と井上弘昭(中日)が首位打者のタイトルを争った1975年の広島vs中日最終戦、古葉は9毛差で打率1位の山本を欠場させ、一方故意四球(敬遠)を予想した中日側は井上を先発から外し、勝負せざるを得ない満塁の場面で代打として起用した。しかし、古葉はこの場面で井上への故意四球を指示。この結果山本がタイトルを獲得した。これが公式戦初の「タイトル争いのための、満塁での故意四球」となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たやくみつる

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるやいしいひさいちや河合じゅんじなどの描いた野球漫画でよくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、古葉の監督時代より遡ると、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た野村克也

    広島で出場機会を失いつつあった、野村克也に請われて、国貞泰汎との交換トレードで、城野勝博と共に南海ホークスに移籍。南海でプレーした2年間は満足な結果を残すことができなかったという。1971年限りで引退。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た日鉄鉱業

    1955年に専修大学に進学。大学同期に興津達雄がいた。同年夏休み、母校の高校のグラウンドに出向き後輩にプレーを見せていたところ、偶然来校していた日鉄二瀬野球部監督(当時)の濃人渉の目にとまり、日鉄鉱業への入社を勧められる。そこで、専修大学を中退し、日鉄鉱業に入社。同社の二瀬鉱業所(福岡県嘉穂郡二瀬町)が運営する同野球部に入部した。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た講談社

    『耐えて勝つ』(1975年、講談社古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た峠三吉

    広島原爆の日に日本テレビ系『ズームイン!!朝!』の「朝の詩(ポエム)」に出演し、峠三吉の『』(にんげんをかえせ)を朗読したことがある。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た森永勝也

    広島に入団。春のキャンプでは、当時遊撃手のレギュラーであった米山光男の流れるような守備動作に驚き自信を失いかける。ここで、監督の白石勝巳のオープン戦で3割打ったら使ってやるとの言葉に発奮し、オープン戦で3割近い好成績を残し、同じ新人の小坂佳隆(二塁手)、森永勝治(右翼手)とともにレギュラーを獲得する。終盤骨折したが、それまでほぼフル出場となる88試合に出場した。8月20日の国鉄スワローズ戦で金田正一からサヨナラ本塁打を打った。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た東京ヤクルトスワローズ

    広島に入団。春のキャンプでは、当時遊撃手のレギュラーであった米山光男の流れるような守備動作に驚き自信を失いかける。ここで、監督の白石勝巳のオープン戦で3割打ったら使ってやるとの言葉に発奮し、オープン戦で3割近い好成績を残し、同じ新人の小坂佳隆(二塁手)、森永勝治(右翼手)とともにレギュラーを獲得する。終盤骨折したが、それまでほぼフル出場となる88試合に出場した。8月20日の国鉄スワローズ戦で金田正一からサヨナラ本塁打を打った。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た高橋慶彦

    、3年連続でBクラスに低迷していた大洋の監督に就任する。広島時代に対戦していた時も、明らかな戦力不足を感じたという。フロントからは新チーム作りへの熱意と「すべてを任せる」という言葉を得た一方、同一リーグ内での監督復帰であったことから、ファンから手厳しい声もあった。古葉は後年「私は選手を鍛え直すため、ハードな練習を課しました。「うるさいこと言うなあ」と思われていたことでしょう。しかしカープの選手との違いは明らかでした。例えば広島で「練習の虫」と言われた高橋慶彦選手はティー打撃から強振し、1日に何百スイングもこなしました。一方、大洋の選手は(約200球入る)籠の球を振っただけで、脚が痛いと訴えるケースもありました」と述べている。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード