94件中 21 - 30件表示
  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た谷繁元信

    1987年、大洋の監督に就任する。広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目に出てチーム成績は低迷し、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た衣笠祥雄衣笠 祥雄

    野球自体も終盤3、4点差で、勝利が濃厚になってもさらに点を取りに行くなど、厳しい姿勢を見せていた。衣笠祥雄が三宅秀史の持つ連続フルイニング出場記録(700試合・当時)にあと22試合と迫っていることを知っていながら極度の不振を理由にスターティングメンバーから外したり(江夏豊の著書によれば、この時の衣笠は大変な荒れ様だったという)、1979年の日本シリーズ第7戦では9回裏にリリーフエース江夏が無死満塁のピンチを迎えた時に北別府学、池谷公二郎に投球練習を始めさせる(この様子が目に入ったマウンド上の江夏は「マウンドにグラブを叩きつけて降りてやりたかった」というほどプライドを傷つけられた)など、妥協を許さない采配が特徴だった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た福嶋久晃

    1987年、大洋の監督に就任する。広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目に出てチーム成績は低迷し、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た白石勝巳

    1957年12月、日鉄二瀬の同僚である江藤愼一の入団交渉に来ていた広島カープ(当時)の白石勝巳監督に対し、濃人は古葉を売り込み、古葉は広島へ入団の運びとなった。この入団契約の席に古葉は参加していない。契約当日にぎっくり腰になってしまい、「契約取消になってはまずい。何がなんでもカゼで通そう」と兄が代理で契約にあたった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た野村弘樹

    1987年、大洋の監督に就任する。広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目に出てチーム成績は低迷し、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た島田源太郎

    1958年広島に入団。1年目から遊撃のポジションに定着。1963年に長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。最終的には2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。その後は腰が引けて打撃に支障をきたすようになったため、機動力を全面に押すプレースタイルへ移行。1964年と1968年に盗塁王に輝く。この事がのちの監督時代のチーム作りの礎となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た河合保彦

    通算1000試合出場 1966年7月23日(112人目)※河合保彦と同日達成古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た木庭教

    1987年、大洋の監督に就任する。広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目に出てチーム成績は低迷し、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た井上弘昭

    ただし、タイトル争いで温情を見せたこともある。山本浩二(広島)と井上弘昭(中日)が首位打者のタイトルを争った1975年の広島vs中日最終戦、古葉は9毛差で打率1位の山本を欠場させ、一方故意四球(敬遠)を予想した中日側は井上を先発から外し、勝負せざるを得ない満塁の場面で代打として起用した。しかし、古葉はこの場面で井上への故意四球を指示。この結果山本がタイトルを獲得した。これが公式戦初の「タイトル争いのための、満塁での故意四球」となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た池谷公二郎

    野球自体も終盤3、4点差で、勝利が濃厚になってもさらに点を取りに行くなど、厳しい姿勢を見せていた。衣笠祥雄が三宅秀史の持つ連続フルイニング出場記録(700試合・当時)にあと22試合と迫っていることを知っていながら極度の不振を理由にスターティングメンバーから外したり(江夏豊の著書によれば、この時の衣笠は大変な荒れ様だったという)、1979年の日本シリーズ第7戦では9回裏にリリーフエース江夏が無死満塁のピンチを迎えた時に北別府学、池谷公二郎に投球練習を始めさせる(この様子が目に入ったマウンド上の江夏は「マウンドにグラブを叩きつけて降りてやりたかった」というほどプライドを傷つけられた)など、妥協を許さない采配が特徴だった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード