141件中 31 - 40件表示
  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た衣笠祥雄衣笠 祥雄

    野球自体も終盤3、4点差で、勝利が濃厚になってもさらに点を取りに行くなど、厳しい姿勢を見せていた。衣笠祥雄が三宅秀史の持つ連続フルイニング出場記録(700試合・当時)にあと22試合と迫っていることを知っていながら極度の不振を理由にスターティングメンバーから外したり(江夏豊の著書によれば、この時の衣笠は大変な荒れ様だったという)、1979年の日本シリーズ第7戦では9回裏にリリーフエース江夏が無死満塁のピンチを迎えた時に北別府学、池谷公二郎に投球練習を始めさせる(この様子が目に入ったマウンド上の江夏は「マウンドにグラブを叩きつけて降りてやりたかった」というほどプライドを傷つけられた)など、妥協を許さない采配が特徴だった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た白石勝巳

    1957年12月に同僚である江藤の入団交渉に来ていた広島カープ(当時)の白石勝巳監督に対し、濃人は古葉を売り込み、古葉は広島へ入団の運びとなった。東映フライヤーズからも誘いがあったが、古葉の選手タイプと選手層が薄く出番が見込めることを踏まえ、濃人は広島を選んだという。なお、この入団契約の席に古葉は参加していない。契約当日にぎっくり腰になってしまい、「契約取消になってはまずい。何がなんでもカゼで通そう」と兄が代理で契約にあたった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た江本孟紀

    その後、1972年〜1973年は南海のコーチとして、野村監督の下で指導者になるための勉強を積む。当時南海の投手だった江本孟紀は「古葉さんは人の良さそうな顔をしてますが、腹は据わっていました。広島監督になる前は南海ホークスの守備コーチだったんですが、僕が先発してノックアウトされた試合。野村さんのリードで打たれ、ベンチに戻って頭に血が上っていてね。ベンチで文句を言ったんです。チームメイトの誰も僕の暴走を止められない中、古葉さんがばっと来て「辞めとけよ」。たった一言ですが、「この人、やばいな」とね」と語っている。コーチ1年目は二軍守備・走塁コーチを務め、藤原満・片平晋作・柏原純一を指導。古葉は「現役時代は一度も2軍に落ちたことがなかったので、若手を鍛える日々はとても新鮮でした」と語っている。翌年は一軍守備・走塁コーチを務め、1973年のリーグ優勝に貢献した。その時にチームが取り組んでいたのは、少しのミスも許さない「緻密な野球」。、野村から強く引き留められたが、大学の先輩・森永勝也の要請で、 広島に一軍守備コーチとして復帰。1975年には15試合で帰国したジョー・ルーツ監督の後を継いで5月に監督就任。快進撃を見せ10月15日の対巨人戦(後楽園球場)で、球団創設初リーグ優勝をもたらした。その後も機動力を活かした緻密な野球で、、とチームを3度のリーグ優勝・日本一に導いた。勇退。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た小谷正勝

    広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良 など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目となり、またそのあおりで退団した小谷正勝前投手コーチをヤクルトに引き抜かれたことも影響してチーム成績は低迷、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。「戦力的には最初の年の10月、エースの遠藤一彦投手が脚を故障したのが響きました。大黒柱がいなくなり、本来は先発4、5番手の投手を軸にしなければなりませんでした。野手では外国人はいい打者がいましたが、全体的に「走」「守」の力が足りませんでした」と退任後に語っている。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。石井は足の速さとノックでの軽快なグラブさばきが目に付いたという。当時の石井について「内野ならばすぐ使える」と思いましたが、投手陣の層が薄く、野手転向はチーム事情が許しませんでした」と述べている。石井は古葉の監督退任後に野手として活躍を見せることになる。古葉は大洋監督時代について「3年間大洋のユニホームを着ましたが、チームを変えるにはやはり5年は必要だと痛感しました」と振り返っている。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た小坂佳隆

    広島に入団。春のキャンプでは、当時遊撃手のレギュラーであった米山光男の流れるような守備動作に驚き自信を失いかける。ここで、監督の白石勝巳のオープン戦で3割打ったら使ってやるとの言葉に発奮し、オープン戦で3割近い好成績を残し、同じ新人の小坂佳隆(二塁手)、森永勝治(右翼手)とともにレギュラーを獲得する。終盤骨折したが、それまでほぼフル出場となる88試合に出場した。8月20日の国鉄スワローズ戦で金田正一からサヨナラ本塁打を打った。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た河合じゅんじ

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるやいしいひさいちや河合じゅんじなどの描いた野球漫画でよくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、古葉の監督時代より遡ると、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た吉田勝豊

    日鉄二瀬では1956年から都市対抗に2年連続出場、1957年の大会では1回戦で鐘化カネカロンと対戦、この試合で日鉄二瀬の村上峻介投手が大会史上初の完全試合を達成している。当時のチームメートには後にプロ入りする江藤愼一、吉田勝豊、井洋雄らが揃っていた。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た寺岡孝

    広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良 など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目となり、またそのあおりで退団した小谷正勝前投手コーチをヤクルトに引き抜かれたことも影響してチーム成績は低迷、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。「戦力的には最初の年の10月、エースの遠藤一彦投手が脚を故障したのが響きました。大黒柱がいなくなり、本来は先発4、5番手の投手を軸にしなければなりませんでした。野手では外国人はいい打者がいましたが、全体的に「走」「守」の力が足りませんでした」と退任後に語っている。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。石井は足の速さとノックでの軽快なグラブさばきが目に付いたという。当時の石井について「内野ならばすぐ使える」と思いましたが、投手陣の層が薄く、野手転向はチーム事情が許しませんでした」と述べている。石井は古葉の監督退任後に野手として活躍を見せることになる。古葉は大洋監督時代について「3年間大洋のユニホームを着ましたが、チームを変えるにはやはり5年は必要だと痛感しました」と振り返っている。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た三原脩

    ベンチの端から、忍者のように体半分を出したり隠れたりする癖が有名。その事をやくみつるやいしいひさいちや河合じゅんじなどの描いた野球漫画でよくネタにされた。古葉自身に言わせると、あそこが一番グラウンド全体が見渡せるとの事(ただし、初優勝時の1975年は三塁コーチスボックスに立ち陣頭指揮を執っていた。なお、古葉の監督時代より遡ると、藤本定義、鶴岡一人、三原脩、水原茂など名監督と呼ばれた監督で自ら三塁コーチスボックスに立っていた者は多い。川上哲治も後期はベンチにいたが、監督初期は一塁コーチスボックスに立っていた)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た島田源太郎

    には規定打席に到達して打率.229、打率.267、には打率.286で打撃成績5位に入るなど、2番を任されて年々成績を向上させる。はオールスターゲームに初めて出場して第3戦でMVPを獲得する。これで勢い付いた古葉は、長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。この時点で古葉のシーズンは終了して打率.339となり、わずか2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード