94件中 51 - 60件表示
  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た読売ジャイアンツ

    1958年広島に入団。1年目から遊撃のポジションに定着。1963年に長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。最終的には2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。その後は腰が引けて打撃に支障をきたすようになったため、機動力を全面に押すプレースタイルへ移行。1964年と1968年に盗塁王に輝く。この事がのちの監督時代のチーム作りの礎となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た首都大学野球連盟

    2007年から東京国際大学野球部監督に就任することが決まったが、札幌アンビシャスでの活動がプロ活動とみなされ、2年経過しなければアマチュア登録をすることができなかった。そのため、当初は三男の古葉隆明(選手時代は慶應義塾大学などでプレー)が監督に就任し、自らはアドバイザーとしてベンチ入りはしない指導者となった。2008年4月より正式に監督就任(隆明は助監督に)。2011年5月31日、東京新大学野球春季リーグ戦で初優勝を果たし、6月の全日本大学選手権大会では首都大学野球連盟所属の古豪日体大に1回の1点を守り切りスコアー1対0の辛勝で逃げ切りベスト4に進んだ(準決勝で、江藤愼一の実弟である江藤省三率いる慶應義塾大学との「プロ出身監督対決」にスコアー4対6にて敗れる)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た熊本市

    古葉 竹識(こば たけし、1936年4月22日 - )は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手・監督。旧名は「古葉 毅」(読みは同じ、1964年に改名)。最終学歴は専修大学。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た広島東洋カープ

    広島東洋カープを球団史上初のリーグ優勝に導き、赤ヘル黄金期を築いた名将である。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た2009年

    東京国際大監督就任に際して、プロ活動とみなされる関係上この番組への出演は取り止めることとなったが、2009年4月10日の広島対中日戦の放送では、マツダスタジアムのこけら落としの試合だったこともあり、事前録音ではあるが、広島監督時代の思い出を電話を通じて語っていた。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た東海ラジオ放送

    大洋監督退任後の1999年野球殿堂入り。東海ラジオ放送解説者、東京中日スポーツ野球評論家として活躍。またプロ野球マスターズリーグ・札幌アンビシャスの監督もつとめる。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たベースボール・マガジン社

    『耐えて勝つシンキング・ベースボール―赤ヘル軍団を率いた名将の大学野球改革』(2011年10月、ベースボール・マガジン社古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た専修大学

    古葉 竹識(こば たけし、1936年4月22日 - )は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手・監督。旧名は「古葉 毅」(読みは同じ、1964年に改名)。最終学歴は専修大学古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た首位打者 (日本プロ野球)

    1958年広島に入団。1年目から遊撃のポジションに定着。1963年に長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。最終的には2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。その後は腰が引けて打撃に支障をきたすようになったため、機動力を全面に押すプレースタイルへ移行。1964年と1968年に盗塁王に輝く。この事がのちの監督時代のチーム作りの礎となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:2回 (1963年 第3戦、1966年 第3戦)古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード