94件中 61 - 70件表示
  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た遊撃手

    1958年広島に入団。1年目から遊撃のポジションに定着。1963年に長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。最終的には2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。その後は腰が引けて打撃に支障をきたすようになったため、機動力を全面に押すプレースタイルへ移行。1964年と1968年に盗塁王に輝く。この事がのちの監督時代のチーム作りの礎となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た東京国際大学

    2007年から東京国際大学野球部監督に就任することが決まったが、札幌アンビシャスでの活動がプロ活動とみなされ、2年経過しなければアマチュア登録をすることができなかった。そのため、当初は三男の古葉隆明(選手時代は慶應義塾大学などでプレー)が監督に就任し、自らはアドバイザーとしてベンチ入りはしない指導者となった。2008年4月より正式に監督就任(隆明は助監督に)。2011年5月31日、東京新大学野球春季リーグ戦で初優勝を果たし、6月の全日本大学選手権大会では首都大学野球連盟所属の古豪日体大に1回の1点を守り切りスコアー1対0の辛勝で逃げ切りベスト4に進んだ(準決勝で、江藤愼一の実弟である江藤省三率いる慶應義塾大学との「プロ出身監督対決」にスコアー4対6にて敗れる)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た故意四球

    ただし、タイトル争いで温情を見せたこともある。山本浩二(広島)と井上弘昭(中日)が首位打者のタイトルを争った1975年の広島vs中日最終戦、古葉は9毛差で打率1位の山本を欠場させ、一方故意四球(敬遠)を予想した中日側は井上を先発から外し、勝負せざるを得ない満塁の場面で代打として起用した。しかし、古葉はこの場面で井上への故意四球を指示。この結果山本がタイトルを獲得した。これが公式戦初の「タイトル争いのための、満塁での故意四球」となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たプロ野球マスターズリーグ

    大洋監督退任後の1999年野球殿堂入り。東海ラジオ放送解説者、東京中日スポーツ野球評論家として活躍。またプロ野球マスターズリーグ・札幌アンビシャスの監督もつとめる。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た後楽園球場

    その後1972年〜1973年は、南海のコーチとして野村克也監督のもとで指導者になるための勉強を積む。当時南海の投手だった江本孟紀は「古葉さんは人の良さそうな顔をしてますが、腹は据わっていました。広島監督になる前は南海ホークスの守備コーチだったんですか、僕が先発してノックアウトされた試合。野村さんのリードで打たれ、ベンチに戻って頭に血が上っていてね。ベンチで文句を言ったんです。チームメイトの誰も僕の暴走を止められない中、古葉さんがばっと来て「辞めとけよ」。たった一言ですが、「この人、やばいな」とね」と語っている。1974年、南海から慰留されたが、大学の先輩・森永勝也の要請で広島に守備コーチとして復帰。1975年には15試合で帰国したジョー・ルーツ監督の後を継いで5月に監督就任。快進撃を見せ10月15日の対巨人戦(後楽園球場)で球団創設初リーグ優勝をもたらした。その後も機動力を活かした緻密な野球で1979年、1980年、1984年とチームを3度のリーグ優勝・日本一に導いた。1985年勇退。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たズームイン!!朝!

    広島原爆の日に日本テレビ系『ズームイン!!朝!』の「朝の詩(ポエム)」に出演し、峠三吉の『序』(にんげんをかえせ)を朗読したことがある。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た横浜DeNAベイスターズ

    1958年広島に入団。1年目から遊撃のポジションに定着。1963年に長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。最終的には2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。その後は腰が引けて打撃に支障をきたすようになったため、機動力を全面に押すプレースタイルへ移行。1964年と1968年に盗塁王に輝く。この事がのちの監督時代のチーム作りの礎となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た広島県立府中東高等学校

    弟の古葉福生は広島県北川工業高等学校(現:広島県立府中東高等学校)の野球部の監督を務めていた。教え子には伊原春樹がいて伊原は著書の中で最初の恩人と記している。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見たベストナイン

    1958年広島に入団。1年目から遊撃のポジションに定着。1963年に長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)と熾烈な首位打者争いを演じ、一度はトップに立ったものの、同年10月13日の対大洋ホエールズ戦で島田源太郎のシュートをあごに受けて負傷退場、下あごの骨は真っ二つに割れた。残りわずか13試合でのアクシデントであった。「俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ・・・」と病院のベッドで痛みに耐えつつ呻くように呟いた古葉の元へは「キミノキモチヨクワカル 1ニチモハヤイゴゼンカイヲイノル」と長嶋から電報が届けられている。最終的には2厘差で長嶋がタイトルを獲得したが、古葉もベストナインに選出された。その後は腰が引けて打撃に支障をきたすようになったため、機動力を全面に押すプレースタイルへ移行。1964年と1968年に盗塁王に輝く。この事がのちの監督時代のチーム作りの礎となった。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た慶應義塾体育会野球部

    2007年から東京国際大学野球部監督に就任することが決まったが、札幌アンビシャスでの活動がプロ活動とみなされ、2年経過しなければアマチュア登録をすることができなかった。そのため、当初は三男の古葉隆明(選手時代は慶應義塾大学などでプレー)が監督に就任し、自らはアドバイザーとしてベンチ入りはしない指導者となった。2008年4月より正式に監督就任(隆明は助監督に)。2011年5月31日、東京新大学野球春季リーグ戦で初優勝を果たし、6月の全日本大学選手権大会では首都大学野球連盟所属の古豪日体大に1回の1点を守り切りスコアー1対0の辛勝で逃げ切りベスト4に進んだ(準決勝で、江藤愼一の実弟である江藤省三率いる慶應義塾大学との「プロ出身監督対決」にスコアー4対6にて敗れる)。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード