25件中 11 - 20件表示
  • パチンコチェーンストア協会

    パチンコチェーンストア協会から見た古賀一成古賀一成

    古賀一成(娯楽産業健全育成研究会会長)パチンコチェーンストア協会 フレッシュアイペディアより)

  • 楠田大蔵

    楠田大蔵から見た古賀一成古賀一成

    1975年、福岡県筑紫野市に生まれる。1994年、久留米大学附設中学校・高等学校卒業。2浪を経て、1996年に東京大学に入学する。2000年、東大を卒業し住友銀行に入行。2002年8月、国家公務員試験?種合格。その後羽田孜元首相、古賀一成衆議院議員の秘書を務める。楠田大蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た古賀一成古賀一成

    この例は過去4度ある。2002年福岡6区補選の古賀一成(民主党)、2004年埼玉8区補選の木下厚(民主党)、2008年山口2区補選の平岡秀夫(民主党)、2010年北海道5区補選の町村信孝(自民党)の4回である。古賀一成の辞職時には、当時の綿貫民輔衆議院議長が、辞職願に「補選に立候補するため」となっていたことを問題視し、辞職願いを受理しなかった。ただし、議長が受理しなくても、補選への立候補の届出をした時点で議員は失職するため、立候補そのものに問題はなかった。この4人の中で補選で平岡秀夫と町村信孝の2人は当選したが、古賀一成と木下厚の2人は落選した。重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

  • 三六戦争

    三六戦争から見た古賀一成古賀一成

    加藤は、派閥の意向に反した分派行動をとったとして、総裁選直前の1991年10月12日に三塚派から除名された。総裁選翌日の10月28日、加藤は、加藤を追って三塚派を退会した吹田愰、古賀一成、山岡賢次、田名部匡省らと政眞会(事実上の加藤グループ)を結成。三塚派からの更なる離脱者を期待したが、三塚らの引き締めでその後の離脱者はほとんどなく、結果衆参合わせて10人程度の党内最小派閥に留まった。宮沢内閣では、田名部が農水相に就任しているが、三塚派の入閣者が内閣主要ポストから締め出されたことに比べると明らかな優遇で、三塚派への見せしめ人事であった。三六戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た古賀一成古賀一成

    古賀一成 民主党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 米沢隆

    米沢隆から見た古賀一成古賀一成

    1995年の新進党党首選では小沢一郎幹事長を支持し、小沢党首誕生に貢献。その後、小沢の下で新進党幹事長に就任した。翌1996年8月、第41回衆議院議員総選挙を控えた党役員人事で幹事長を退任し、副党首に昇格。しかし、総選挙に宮崎県第1区から新進党公認で出馬するも自民党の中山成彬に約3000票差で敗れ、落選した(新進党は加藤六月(当時の橋本龍太郎首相の対立候補)ら一部の例外を除き重複立候補を認めていなかった)。新進党解党後、民主党に入党。2000年の第42回衆議院議員総選挙でも宮崎1区で再び中山に敗れる。しかし2002年10月、古賀一成の議員辞職(比例で得た議席を返上し補欠選挙に出馬)に伴い、比例九州ブロックで繰り上げ当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙でも中山に敗れたが比例で復活し、9回目の当選を果たす。2004年9月、民主党副代表に就任。また、旧民社党系議員で構成される民社協会を設立し、同会会長も務めた。米沢隆 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本司

    岩本司から見た古賀一成古賀一成

    1995年、日本新党公認で渋谷区議会議員選挙に出馬し、初当選。区議を1期務めた後、出身地の福岡県へ戻り、2000年の第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で福岡県第2区から出馬したが、自由民主党の山崎拓に敗れ、落選。重複立候補していた比例九州ブロックでも次点であった。翌2001年、第19回参議院議員通常選挙に福岡県選挙区から民主党公認で出馬し、自民党の松山政司に次ぐ得票数2位で当選した。2002年、民主党衆議院議員の古賀一成が衆院福岡県第6区補欠選挙出馬のため議員辞職し、次点の岩本が繰上当選の対象になったが、既に参院議員に当選していたため、繰上当選を辞退した(これにより次々点の米沢隆が当選)。2007年、再選、参議院厚生労働委員長に就任。2008年6月に後期高齢者医療制度廃止法案審議における運営に反発した自民、公明両党から不信任動議が提出されたが否決された。野党委員長への解任決議の採決は日本国憲法下では2008年6月の岩本が史上初であり、2008年12月の解任決議の投票では野党の日本共産党が反対をせずに棄権をしている。岩本司 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県第6区

    福岡県第6区から見た古賀一成古賀一成

    中選挙区時代は古賀誠、古賀正浩、古賀一成の「三古賀」が、自民党の強固な保守地盤を形成していた(古賀誠は小選挙区制導入後は福岡県第7区から出馬)。その後、1993年に古賀正浩、古賀一成の2人が自民党を離党し、第40回衆議院議員総選挙ではいずれも新生党公認で当選している。第41回衆議院議員総選挙では、古賀正浩、古賀一成は共に新進党に所属していたため、古賀正浩が福岡6区、古賀一成は比例九州ブロック単独で出馬し、揃って当選した。福岡県第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 1947年

    1947年から見た古賀一成古賀一成

    7月30日 - 古賀一成、政治家1947年 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤六月

    加藤六月から見た古賀一成古賀一成

    1988年、リクルート事件が起こった際には安比高原リゾート開発の保安林指定解除をめぐっての政治工作疑惑が浮上した。請託と保安林解除の時期で辻褄が合わない点が出てきたことで収賄罪での立件が見送られたが、秘書と支持団体幹部が政治資金規正法違反で略式起訴となったため一時謹慎となる。1990年に自民党政調会長に就任。この時幹事長の小沢一郎、総務会長の西岡武夫、首相の海部俊樹と個人的な連携を深めた。1991年に安倍が死去した後、安倍派の後継を巡って三塚と激しく対立した。この内紛は三六戦争と呼ばれた。結果は三塚が後継者となり、後に加藤は三塚派を除名された。同年、田名部匡省、山岡賢次、吹田愰、古賀一成、倉田寛之らと新しく政眞会(加藤グループ)を結成したが、党内最小グループで影響力は保てなかった。加藤六月 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示