1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 羽田内閣

    羽田内閣から見た古賀一成古賀一成

    経済企画政務次官 - 古賀一成(再任、衆議院・無所属→新生党)羽田内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山邦夫

    鳩山邦夫から見た古賀一成古賀一成

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙から、母方の祖父・石橋正二郎(ブリヂストン創業者)の出身地である久留米市を主要地盤とする福岡6区へ国替えし、古賀一成を破って当選した。鳩山邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎平八郎

    山崎平八郎から見た古賀一成古賀一成

    1989年1月11日、77歳にて死去。叙・従三位。地盤は建設官僚だった古賀一成が引き継いだ。山崎平八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年民主党代表選挙

    2011年民主党代表選挙から見た古賀一成古賀一成

    委員長 - 古賀一成(衆議院議員)2011年民主党代表選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 重複立候補制度

    重複立候補制度から見た古賀一成古賀一成

    この例は、2002年福岡6区補選の古賀一成(民主党)、2004年埼玉8区補選の木下厚(民主党)、2008年山口2区補選の平岡秀夫(民主党)、2010年北海道5区補選の町村信孝(自民党)、2016年京都3区補選の泉健太(民進党)の5回ある。古賀一成の辞職時には、当時の綿貫民輔衆議院議長が、辞職願に「補選に立候補するため」となっていたことを問題視し、辞職願いを受理しなかった。ただし、議長が受理しなくても、補選への立候補の届出をした時点で議員は失職するため、立候補そのものに問題はなかった。この5人の中で平岡秀夫と町村信孝と泉健太の3人は当選したが、古賀一成と木下厚の2人は落選した。重複立候補制度 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県第6区

    福岡県第6区から見た古賀一成古賀一成

    中選挙区時代の旧福岡3区では古賀誠、古賀正浩、古賀一成の「三古賀」が、自民党の強固な保守地盤を形成していた(古賀誠は小選挙区制導入後は福岡県第7区から出馬)。その後、1993年に古賀正浩、古賀一成の2人が自民党を離党し、第40回衆議院議員総選挙ではいずれも新生党公認で当選している。第41回衆議院議員総選挙では、古賀正浩、古賀一成は共に新進党に所属していたため、古賀正浩が福岡6区、古賀一成は比例九州ブロック単独で出馬し、そろって当選した。福岡県第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 神谷明

    神谷明から見た古賀一成古賀一成

    以降の作品では、子安武人(新・北斗の拳)、阿部寛(新劇場版・OVA)、河本邦弘(パチンコ・スロット)、小西克幸(北斗無双)、古賀一史(DD北斗乃拳)、石川英郎(ラオウ外伝 天の覇王)等に声優が変更されていることが多い。神谷明 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示