71件中 61 - 70件表示
  • 古賀一成

    古賀一成から見た衆議院議長

    2002年、古賀正浩が死去。古賀の死去を受けて実施された福岡6区の補欠選挙に出馬の意向を表明する。出馬に際し、議員辞職願を綿貫民輔衆議院議長に提出したが受理されず、結局立候補時に自動失職する(古賀の辞職により、比例九州ブロック次点の米沢隆が繰上当選)。古賀の補選出馬は、比例復活で当選した衆議院議員が辞職し、補欠選挙に立候補した初めての例である(後に民主党の木下厚、自民党の町村信孝らも同様に一旦議員辞職した上で補選に出馬した)。しかし、補選では自民党の荒巻隆三に敗れ、落選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、初めて福岡6区で当選し、返り咲きを果たした。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た清和政策研究会

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧福岡県第3区から自由民主党公認で初出馬し、初当選を果たした。当時、旧福岡3区からは同じ古賀姓の議員が他に2人(古賀正浩、古賀誠)出ており、それも自民党候補として議席を争う構図であったため、「三古賀」の戦いと呼ばれたが、三人とも選出された。当選後は安倍派に所属し、三六戦争後は加藤六月が率いる政眞会に属する。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た小選挙区比例代表並立制

    1993年の第40回衆議院議員総選挙で再選を果たした後、自民党を離党。しかし、加藤六月も結党に加わった新生党には参加せず、無所属のまま細川内閣で経済企画政務次官に就任する(無所属議員の政務次官就任は史上初)。続く羽田内閣でも再任され、PL法の成立に携わった。1994年に新生党に入党し、同年末の新進党の結党にも参加する。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では、古賀正浩、古賀一成のいずれもが新進党に所属していたため選挙区の住み分けが行われ、古賀正浩が福岡6区、古賀一成が比例九州ブロック単独で出馬し、共に当選した。1997年末の新進党解党後は国民の声に所属し、民政党を経て民主党に合流。2000年の第42回衆議院議員総選挙では民主党公認で福岡6区から出馬するも、自民党に復党していた古賀正浩に敗れ、比例復活により4選。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た東京都第18区

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、東京都第18区から国替えしてきた、古賀の東大時代の同級生である鳩山邦夫元労働大臣に敗れ、比例復活により6選。なお、福岡6区には鳩山の母方の祖父の出身地が含まれる。2008年、民主党両院議員総会長に就任した。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た建設省

    福岡県柳川市生まれ。福岡学芸大学久留米附属中学校、福岡県立明善高等学校、東京大学法学部卒業。1971年、東大卒業後の4月に建設省(現国土交通省)に入省した。本省での勤務や外務省、静岡県警察本部、福岡県への出向を経験する。1988年、建設省を退官。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た政務次官

    1993年の第40回衆議院議員総選挙で再選を果たした後、自民党を離党。しかし、加藤六月も結党に加わった新生党には参加せず、無所属のまま細川内閣で経済企画政務次官に就任する(無所属議員の政務次官就任は史上初)。続く羽田内閣でも再任され、PL法の成立に携わった。1994年に新生党に入党し、同年末の新進党の結党にも参加する。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では、古賀正浩、古賀一成のいずれもが新進党に所属していたため選挙区の住み分けが行われ、古賀正浩が福岡6区、古賀一成が比例九州ブロック単独で出馬し、共に当選した。1997年末の新進党解党後は国民の声に所属し、民政党を経て民主党に合流。2000年の第42回衆議院議員総選挙では民主党公認で福岡6区から出馬するも、自民党に復党していた古賀正浩に敗れ、比例復活により4選。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た総務大臣

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では民主党は圧勝したものの、古賀は福岡6区で、総務大臣を辞任したばかりの鳩山邦夫に再び敗れ、比例復活により辛勝した。なお前回の総選挙に比べ票差は縮めたものの、鳩山も得票数を数千票上乗せしている。同年11月、民主党福岡県総支部連合会代表に就任。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た政眞会

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に旧福岡県第3区から自由民主党公認で初出馬し、初当選を果たした。当時、旧福岡3区からは同じ古賀姓の議員が他に2人(古賀正浩、古賀誠)出ており、それも自民党候補として議席を争う構図であったため、「三古賀」の戦いと呼ばれたが、三人とも選出された。当選後は安倍派に所属し、三六戦争後は加藤六月が率いる政眞会に属する。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た新生党

    1993年の第40回衆議院議員総選挙で再選を果たした後、自民党を離党。しかし、加藤六月も結党に加わった新生党には参加せず、無所属のまま細川内閣で経済企画政務次官に就任する(無所属議員の政務次官就任は史上初)。続く羽田内閣でも再任され、PL法の成立に携わった。1994年に新生党に入党し、同年末の新進党の結党にも参加する。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では、古賀正浩、古賀一成のいずれもが新進党に所属していたため選挙区の住み分けが行われ、古賀正浩が福岡6区、古賀一成が比例九州ブロック単独で出馬し、共に当選した。1997年末の新進党解党後は国民の声に所属し、民政党を経て民主党に合流。2000年の第42回衆議院議員総選挙では民主党公認で福岡6区から出馬するも、自民党に復党していた古賀正浩に敗れ、比例復活により4選。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た東日本大震災復興特別委員会

    2011年8月、民主党代表選挙において中央選挙管理委員長を務める。2011年9月、衆議院東日本大震災復興特別委員長に就任。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示