1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示
  • 古賀一成

    古賀一成から見た東京都第18区

    2005年の第44回衆議院議員総選挙では、東京18区から国替えしてきた、古賀の東大時代の同級生である元労働大臣の鳩山邦夫に敗れ、比例復活により6選。なお、福岡6区には鳩山の母方の祖父の出身地が含まれる。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た建設省

    1971年、東大卒業後の4月に建設省(現国土交通省)に入省した。本省での勤務や外務省、静岡県警察本部、福岡県への出向を経験する。1988年、建設省を退官。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た政務次官

    1993年の第40回衆議院議員総選挙で再選した後、自民党を離党。しかし、加藤六月も結党に加わった新生党には参加せず、無所属のまま細川内閣で経済企画政務次官に就任する(無所属議員の政務次官就任は史上初)。続く羽田内閣でも再任され、PL法の成立に携わった。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た旭日重光章

    2017年秋の叙勲で旭日重光章を受章。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た総務大臣

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では民主党は圧勝したものの、古賀は福岡6区で、総務大臣を辞任したばかりの鳩山邦夫に再び敗れ、比例復活により辛勝した。なお前回の総選挙に比べ票差は縮めたものの、鳩山も得票数を数千票上乗せしている。同年11月、民主党福岡県連代表に就任。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た政眞会

    1990年、第39回衆議院議員総選挙で前年に死去した元国土庁長官・山崎平八郎の後継者として旧福岡3区から自由民主党公認で初出馬し、初当選した。当時、旧福岡3区からは同じ古賀姓の議員が他に2人(古賀正浩、古賀誠)出ており、それも自民党候補として議席を争う構図であったため、「三古賀」の戦いと呼ばれたが、三人とも選出された。当選後は安倍派に所属し、三六戦争後は加藤六月が率いる政眞会に属する。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た新生党

    1993年の第40回衆議院議員総選挙で再選した後、自民党を離党。しかし、加藤六月も結党に加わった新生党には参加せず、無所属のまま細川内閣で経済企画政務次官に就任する(無所属議員の政務次官就任は史上初)。続く羽田内閣でも再任され、PL法の成立に携わった。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た東京大学大学院法学政治学研究科・法学部

    福岡県柳川市生まれ。福岡学芸大学久留米附属中学校、福岡県立明善高等学校、東京大学法学部卒業。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀一成

    古賀一成から見た福岡県

    福岡県柳川市生まれ。福岡学芸大学久留米附属中学校、福岡県立明善高等学校、東京大学法学部卒業。古賀一成 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
79件中 71 - 79件表示