前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た古賀正紘古賀正紘

    石崎体制2年目。リカルジーニョ、ディエゴが退団した一方、GK水谷雄一、MFアルセウ、マルシオ・アラウージョ、FW阿部吉朗、DF古賀正紘などが加入。J1復帰1年目の目標を「勝ち点45を取る」と設定した。また、3月末に運営会社の社長が小野寺重之から河西晋二郎に交代した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 古賀誠史

    古賀誠史から見た古賀正紘古賀正紘

    古賀 誠史(こが せいじ、1979年8月7日 - )は、福岡県大川市出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。サッカー選手の古賀正紘は実兄。古賀誠史 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部次郎

    矢部次郎から見た古賀正紘古賀正紘

    グランパスに入ると、当初は練習についていくのが精一杯で、レギュラー陣とのレベルの違いを痛感させられた。一方、中谷や古賀正紘ら同期入団の5名とは苦楽を分かち合い、後々まで親交が続いている。1年目の1997年はサテライトの試合に出場するだけでJリーグの試合には出られず、練習後に1人で自主練習を繰り返していた。一方、1軍の練習には呼ばれるなど監督のカルロス・ケイロスから一定の評価は受けていた。しかし同年末に監督が田中孝司に代わると1軍と2軍の線引がより明確になり、2、3年目も1軍での出場はなかった。1998年頃には大熊清の斡旋で東京ガスの練習への参加を希望したが、チーム事情により許可されなかった。矢部次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林祐三

    小林祐三から見た古賀正紘古賀正紘

    2007年、は新加入の古賀正紘と共にDFラインを形成、J1最少失点を争うほどの強固なDFとなる。年代別代表では控えや怪我人に替わって急きょ招集される事が多かった。小林祐三 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山一成

    岡山一成から見た古賀正紘古賀正紘

    しかし同学年のDF古賀正紘の加入などがあって出場機会に恵まれず、同年8月、監督の勧めにより、ベガルタ仙台へ期限付き移籍。当時チーム状況があまり良くなかった仙台だが、岡山の加入会見での「この時期に苦しむのは当たり前」「秋にお祝いするために今苦しい思いをしましょ」というコメントで初日からサポーターの心を掴む。岡山投入直後にはチーム状況が良化。白星を量産するまでにいたるようになった。岡山一成 フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼実

    菅沼実から見た古賀正紘古賀正紘

    2010年は出場機会を減らしていたところ、7月に中盤の選手の競争活性化などを目論むジュビロ磐田のオファーを受けてレンタル移籍。途中出場が主ではあったがこの年のナビスコカップ優勝に貢献するなど活躍し、同年12月29日に古賀正紘と共に完全移籍した。菅沼実 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤大輔

    須藤大輔から見た古賀正紘古賀正紘

    桐光学園高校では中村俊輔の1年先輩にあたる。高校1年次で桐光学園高校初となる全国高等学校サッカー選手権大会(第72回大会)出場に導き、3回戦で奥大介が中心の神戸弘陵高校にPK戦の末敗れる。翌年のインターハイでは桐光学園初のベスト16。2年生の中村俊輔が頭角を現し始めた高校3年次の高校サッカー選手権(第74回大会)では、予選で負った怪我が完治せず途中交代。1回戦でその年のベスト4となる3年山下芳輝、小島宏美、2年古賀正紘、1年本山雅志を擁した東福岡高校に後半ロスタイムのPKを許し1-2で敗退。須藤大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパスエイト

    名古屋グランパスエイトから見た古賀正紘古賀正紘

    ケイロス体制2年目。伊藤卓、古賀正紘、滝澤邦彦、中谷勇介、バウド、リカルジーニョを獲得。石川研、谷口圭、中西哲生、森山泰行、オリビエ、デュリックス、トーマスが退団。名古屋グランパスエイト フレッシュアイペディアより)

  • 石崎信弘

    石崎信弘から見た古賀正紘古賀正紘

    2007年は引き続き柏の監督を務め、李忠成や菅沼実など若い選手を起用した。フランサや移籍してきた古賀正紘や太田圭輔の活躍もあり、シーズン前半戦は優勝争いを演じ、年間8位の成績でシーズンを終えた。石崎信弘 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た古賀正紘古賀正紘

    菅沼実と古賀正紘を柏から期限付き移籍で獲得。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示