40件中 11 - 20件表示
  • 衣笠 (京都市)

    衣笠 (京都市)から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    足利義満の別荘を、その死後に寺とした相国寺の山外塔頭寺院。金箔が貼られた舎利殿(金閣)は昭和時代の再建だが、北山文化を伝える代表的な建築である。世界遺産「古都京都の文化財」の構成物件。衣笠 (京都市) フレッシュアイペディアより)

  • 12月15日

    12月15日から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    1994年 - 清水寺・平等院などの「古都京都の文化財」が世界遺産に登録される。12月15日 フレッシュアイペディアより)

  • 12月17日

    12月17日から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    1994年 - ナスカの地上絵、古都京都の文化財が世界遺産に登録される。12月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 西芳寺

    西芳寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    西芳寺(さいほうじ)は、京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院。天龍寺の境外塔頭である。一般には苔寺(こけでら)の通称で知られる。山号を洪隠山と称する。本尊は阿弥陀如来、開山は行基と伝え、中興開山は夢窓疎石である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。西芳寺 フレッシュアイペディアより)

  • 高山寺

    高山寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    高山寺(こうざんじ、こうさんじ)は、京都市右京区梅ヶ畑栂尾町(とがのおちょう)にある寺院。栂尾は京都市街北西の山中に位置する。高山寺は山号を栂尾山と称し、宗派は真言宗系の単立である。創建は奈良時代と伝えるが、実質的な開基(創立者)は、鎌倉時代の明恵である。もともとここにあった神護寺の子院が荒廃した跡に神護寺の文覚の弟子であった明恵が入り寺としたものである。「鳥獣人物戯画」をはじめ、絵画、典籍、文書など、多くの文化財を伝える寺院として知られる。境内が国の史跡に指定されており、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。高山寺 フレッシュアイペディアより)

  • 宇治上神社

    宇治上神社から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の構成資産の1つとして登録されている。宇治上神社 フレッシュアイペディアより)

  • 地主神社

    地主神社から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    現在の社殿は、徳川家光が寛永10年(1633年)に造営したものである。本殿、拝殿、総門は国の重要文化財に指定されており、平成6年(1994年)には、歴史的経緯から清水寺の一部という形で世界遺産「古都京都の文化財」に登録された。地主神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    境内は国の史跡に指定され、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 龍安寺

    龍安寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。妙心寺との関係が深く、山内塔頭と同様の扱いを受けている。山号は大雲山と号し、石庭で知られる。本尊は釈迦如来、開基(創建者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。龍安寺 フレッシュアイペディアより)

  • 平安京

    平安京から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    世界遺産に「古都京都の文化財」として登録(1994年(平成6年))平安京 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「古都京都の文化財」のニューストピックワード