31件中 21 - 30件表示
  • 西芳寺

    西芳寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    西芳寺(さいほうじ)は、京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院。一般には苔寺(こけでら)の通称で知られる。山号を洪隠山と称する。本尊は阿弥陀如来、開山は行基と伝え、中興開山は夢窓疎石である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。西芳寺 フレッシュアイペディアより)

  • 天龍寺

    天龍寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    天龍寺(てんりゅうじ)は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(すすきのばばちょう)にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山(れいぎざん)。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。足利将軍家と桓武天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山の第一位とされてきた。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。天龍寺 フレッシュアイペディアより)

  • 高山寺

    高山寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    高山寺(こうざんじ、こうさんじ)は、京都市右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)町にある寺院。栂尾は京都市街北西の山中に位置する。高山寺は山号を栂尾山と称し、宗派は真言宗系の単立である。創建は奈良時代と伝えるが、実質的な開基(創立者)は、鎌倉時代の明恵である。「鳥獣人物戯画」をはじめ、絵画、典籍、文書など、多くの文化財を伝える寺院として知られる。境内が国の史跡に指定されており、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。高山寺 フレッシュアイペディアより)

  • 平等院

    平等院から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    平等院(びょうどういん)は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。山号を朝日山と称する。宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊である。また鳳凰堂が十円硬貨の表の絵柄として有名である。平等院 フレッシュアイペディアより)

  • 12月17日

    12月17日から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    1994年 - ナスカの地上絵、古都京都の文化財が世界遺産に登録される。12月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 地主神社

    地主神社から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    現在の社殿は、徳川家光が寛永10年(1633年)に造営したものである。本殿、拝殿、総門は国の重要文化財に指定されており、1994年には、歴史的経緯から清水寺の一部としての登録であるが世界文化遺産「古都京都の文化財」 に登録された。地主神社 フレッシュアイペディアより)

  • 西本願寺

    西本願寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    境内は国の史跡に指定され、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている。西本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市

    京都市から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    1994年(平成6年) - 「古都京都の文化財」がユネスコの世界文化遺産に登録される。京都市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の世界遺産

    日本の世界遺産から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    古都京都の文化財(京都府京都市、宇治市、滋賀県大津市) - (1994年12月登録)日本の世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 宇治上神社

    宇治上神社から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    ユネスコの世界文化遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。宇治上神社 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「古都京都の文化財」のニューストピックワード