1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • 東寺

    東寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。昭和9年(1934年)に国の史跡に指定、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。東寺 フレッシュアイペディアより)

  • 仁和寺

    仁和寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    仁和寺(にんなじ)は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は宇多天皇。「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている。仁和寺 フレッシュアイペディアより)

  • 第41回世界遺産委員会

    第41回世界遺産委員会から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    古都京都の文化財で(実際には古都奈良の文化財においても)発生している寺社連続油被害事件をヴァンダリズムであるとして批判し、監視体制強化を求めた。第41回世界遺産委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の世界遺産

    日本の世界遺産から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    また既存登録地の京都では、かねてから古都京都の文化財の拡張登録が取り沙汰されている。日本の世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 清水寺

    清水寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地として有名であり、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。清水寺 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市

    京都市から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    1994年(平成6年)-「古都京都の文化財」がユネスコの世界遺産に登録される。京都市 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂御祖神社

    賀茂御祖神社から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。賀茂御祖神社 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂別雷神社

    賀茂別雷神社から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。賀茂別雷神社 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    しかし、古墳時代からは稲作の発達と共に人口が増加し、日本文化の中心として活発な文化活動が行われ始め、現在も数多くの伝統芸能や文化財が継承されている。そのため、国宝・重要文化財の約6割、人間国宝の約3割、日本の世界文化遺産の12件中5件(法隆寺地域の仏教建造物・姫路城・古都京都の文化財・古都奈良の文化財・紀伊山地の霊場と参詣道)が国土面積7%の近畿地方に集中している。ことに京都や奈良は古都として名高く、国内外から多くの観光客を集める。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 醍醐寺

    醍醐寺から見た古都京都の文化財古都京都の文化財

    醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある仏教寺院、真言宗醍醐派総本山で、山号を醍醐山(深雪山とも)と称する。本尊は薬師如来、開基(創立者)は理源大師聖宝である。古都京都の文化財として世界遺産に登録されている。京都市街の南東に広がる醍醐山と笠取山に200万坪以上の広大な境内を持つ。豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られている。醍醐寺 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示