65件中 41 - 50件表示
  • 古閑美保

    古閑美保から見た痙攣

    幼い頃、2度ほど生死の境をさまよった経験がある。1度目は古閑がまだ母親の胎内にいた頃、切迫流産の状態に陥り古閑の心音も途切れてしまう。医師から「お子さんは諦めて下さい」と告げられたが、母が強い意志であらゆる治療に耐えたことにより、古閑は無事この世に生を受けることができた。2度目は、全国的に風疹が流行していた小学2年生の頃、古閑も風疹と風疹ウイルスが脳に入ることによる脳膜炎に罹ってしまう。古閑の父によれば、入院先の集中治療室で痙攣を起こし暴れたり、死相が出るほどの重症で、医師からは「覚悟しておいて下さい」「もし助かっても、脳に障害が起きる可能性がある」と宣告されたというが、幸いにも完治し後遺症も残らなかった。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た全国高等学校ゴルフ選手権大会

    熊本市立二岡中学校在学時にジャパンカップ、世界ジュニアゴルフ選手権、日本ジュニアゴルフ選手権競技で優勝するなどの成績を修める。東海大学付属第二高等学校時代に現日本女子プロゴルフ協会会長の樋口久子に師事、全国高等学校ゴルフ選手権大会連覇などの成績を修める。2001年1月より元・日本女子プロゴルフ協会会長の清元登子に師事し、同年9月にプロテスト一発合格(73期生)。翌月10月に行われた日本女子オープンゴルフ選手権競技で国内プロ初出場を果たす。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見たはとこ

    少年野球でエースと4番を任されていた熊本市立託麻東小学校5年時、熊本市水前寺野球場で行われた市の大会の決勝戦にて、当時熊本市立託麻原小学校6年生だった馬原孝浩(現・福岡ソフトバンクホークス)からセンターオーバーの本塁打を打ったことがある(試合は5-6で敗れた)。古閑はその後当時のことを憶えておらず、馬原がラジオ番組で語っていた内容を親戚から聞き、思い出したという。プロ野球読売ジャイアンツに所属する藤村大介(熊本工高)と親戚(再従弟)の関係で、なおかつ卒業した小学校と中学校が同じである。その縁からかジャイアンツ主催の公式戦の始球式に登板したこともあるが、古閑本人はアンチ巨人を公言している。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見たごるふなでしこ

    ごるふなでしこ(2012年4月7日 - 、テレビ東京)古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見たアミノサプリ

    アミノサプリ コガミホ運動中・残業中編(キリンビバレッジ)古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見たLPGAツアーチャンピオンシップ

    2007年11月25日、リコー杯女子ゴルフ最終日において、5バーディー・ノーボギーの67、通算13アンダーの275を記録し、初日から最終日スタートまで首位を保っていた不動裕理を逆転し、公式戦初優勝を果たした。2007年の賞金ランキングは4位、賞金総額は約9429万円。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た標語

    愛車はメルセデス・ベンツSL65AMG Black Series、3代目ランドローバー・レンジローバーヴォーグ。座右の銘は 「笑顔」「忍耐」。先端恐怖症であり、虫が苦手でもある。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た始球式

    少年野球でエースと4番を任されていた熊本市立託麻東小学校5年時、熊本市水前寺野球場で行われた市の大会の決勝戦にて、当時熊本市立託麻原小学校6年生だった馬原孝浩(現・福岡ソフトバンクホークス)からセンターオーバーの本塁打を打ったことがある(試合は5-6で敗れた)。古閑はその後当時のことを憶えておらず、馬原がラジオ番組で語っていた内容を親戚から聞き、思い出したという。プロ野球読売ジャイアンツに所属する藤村大介(熊本工高)と親戚(再従弟)の関係で、なおかつ卒業した小学校と中学校が同じである。その縁からかジャイアンツ主催の公式戦の始球式に登板したこともあるが、古閑本人はアンチ巨人を公言している。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た先端恐怖症

    愛車はメルセデス・ベンツSL65AMG Black Series、3代目ランドローバー・レンジローバーヴォーグ。座右の銘は 「笑顔」「忍耐」。先端恐怖症であり、虫が苦手でもある。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

  • 古閑美保

    古閑美保から見た後遺症

    幼い頃、2度ほど生死の境をさまよった経験がある。1度目は古閑がまだ母親の胎内にいた頃、切迫流産の状態に陥り古閑の心音も途切れてしまう。医師から「お子さんは諦めて下さい」と告げられたが、母が強い意志であらゆる治療に耐えたことにより、古閑は無事この世に生を受けることができた。2度目は、全国的に風疹が流行していた小学2年生の頃、古閑も風疹と風疹ウイルスが脳に入ることによる脳膜炎に罹ってしまう。古閑の父によれば、入院先の集中治療室で痙攣を起こし暴れたり、死相が出るほどの重症で、医師からは「覚悟しておいて下さい」「もし助かっても、脳に障害が起きる可能性がある」と宣告されたというが、幸いにも完治し後遺症も残らなかった。古閑美保 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「古閑美保」のニューストピックワード