11570件中 31 - 40件表示
  • 飛輪海

    飛輪海から見た台湾台湾

    飛輪海(:フェイルンハイ)は、台湾の2人組男性ポップ・アイドルグループ。台湾制作会社Comic Productions International(可米製作)と華研国際音楽に所属。 日本の所属レコード会社はポニーキャニオン。 香港の所属レコード会社はWOW Music。代表曲は「我有我的Young」、「出神入化」、「寂寞暴走」、「太熱」など多数。飛輪海 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮戦争

    朝鮮戦争から見た台湾台湾

    同じ頃、地続きの中国大陸ではソ連の支援を受けていた毛沢東主席率いる中国共産党が国共内戦に勝利し、1949年10月1日に中華人民共和国が建国された。一方、アメリカからの支援が途絶え敗北した中国国民党の蒋介石総統率いる中華民国は台湾に脱出した(台湾国民政府)。親中派のフランクリン・D・ルーズヴェルト大統領率いるアメリカは、蒋介石率いる国民党政府を第二次大戦中に熱心に支援していたが、1945年にルーズヴェルトが死去するとともに大統領になったハリー・S・トルーマンは米国が仲介した双十協定やジョージ・マーシャルによる共産党との調停を国民党は破ったと看做して支援を打ち切り、1950年1月5日には中国人民解放軍が国民党を追撃しても台湾に介入しないとする声明まで発表して台湾に逃げた国民党を見放した。政府内の中国共産党共感者(チャイナ・ハンズ)やスパイの影響も受けていた。朝鮮戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 日清戦争

    日清戦争から見た台湾台湾

    日清戦争(にっしんせんそう)は、1894年(明治27年)7月25日(光緒20年6月)から1895年(明治28年)3月(光緒21年2月)にかけて行われた主に朝鮮半島(李氏朝鮮)をめぐる日本と大清国の戦争である。前者がイギリス帝国に接近し、治外法権を撤廃させる実質的な外交材料となった。日清講和条約を結ばせた日本は戦勝国であったが、多くの兵を病死させている。また、利率の高い国内軍事公債も戦後に借り替えた。条約により台湾を譲り受けた日本は、台湾総督府や台湾製糖を設置し、民間からは大日本製糖などの製糖会社が台湾に進出した。また日清汽船(大阪商船)などの水運会社が上海に進出した。日清戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見た台湾台湾

    1945年に第二次世界大戦が終結した後、中国国民党と中国共産党は再び国共内戦を再開した。ダグラス・マッカーサーは蒋介石に日本軍が撤収した台湾を接収するよう指示し、台湾に軍政が敷かれた。トルーマン政権のアジア政策も対中政策を最も重要視し、パトリック・ハーレー大使が仲介した双十協定など国共内戦の調停を成立させることによって中国の「大国化」を達成しようとした。1946年にジョージ・マーシャルは国民党と共産党に休戦を打診するが蒋介石はこれを破棄、中国の工業および農業改革の復興を援助する計画も内戦により破綻した。国民党は着々と台湾へ移動した。なお、この中国国民党の台湾移動に際し、1947年2月28日に中華民国は二・二八事件を引き起こしている。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年

    2016年から見た台湾台湾

    イギリスのテリーザ・メイ首相、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領や台湾の民主進歩党の蔡英文大統領など、女性を含めた新リーダーの当選が各国で見られた。一方で大韓民国・朴槿恵韓国大統領弾劾訴追の問題、アメリカ合衆国・ヒラリー・クリントンによる機密情報のメール問題、ブラジル・ジルマ・ルセフ元大統領の弾劾に伴う罷免など、女性首脳による不正も相次いだ。また内部文書であるパナマ文書、バハマ文書の公開により、タックス・ヘイヴンを通じて多国籍の政財界における複数の人物が不透明な金融取引を行っていたことが判明した。2016年 フレッシュアイペディアより)

  • 中国国民党

    中国国民党から見た台湾台湾

    ポツダム宣言(第二次世界大戦終結)に基づいて1945年10月25日に中華民国が台湾を編入し、中国共産党との内戦を開いた中台両地域統治時代を経て、1949年10月1日に内戦で敗れた中華民国政府が台北に事実上遷都した1949年12月7日以後は、台湾を地盤とした政党として存続し、台湾への土着化(台湾化・本土化)を経て今日に至っている。中国国民党 フレッシュアイペディアより)

  • 中国語

    中国語から見た台湾台湾

    中華人民共和国(中国)や中華民国(台湾)では、主に中文(ちゅうぶん)と呼ぶ。多民族・多言語国家である「中国の言語」という点で、少数民族の言語も「中国語」といえなくもないことから、「漢族の言語」という意味で、この言語を(漢語)と呼ぶことがあり、学術的な用語としてもよく使われる。他に現地で華語、中國話などとも言う呼び方もあり、日本では昭和前半ごろまで主に支那語と呼ばれた。中国語 フレッシュアイペディアより)

  • オオクワガタ属

    オオクワガタ属から見た台湾台湾

    台湾に生息する。内歯は大型個体ほど やや前方に位置する。前胸背の切れ込みがあるものと、ないものが存在する。オオクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 平成20年台風第13号

    平成20年台風第13号から見た台湾台湾

    平成20年台風第13号(へいせい20ねんたいふうだい13ごう、アジア名:シンラコウ〔Sinlaku、命名国:ミクロネシア、意味:伝説上の神〕)は、2008年9月に発生し、台湾に上陸後日本に接近した台風である。非常に強い勢力にまで発達し、その上先島諸島近海では動きが遅くなり(ほとんど停滞との解析されたこともあった)、与那国島などの先島諸島を長時間にわたって暴風域に巻き込んだ。その後台湾に上陸、いったん勢力は衰えたものの東シナ海の海水温が高かったことなどもあり再発達、 9月18日?20日にかけて日本の南海上を通過していった。このとき、中心の気圧は985?990hPaであったものの、中心付近の気圧傾度が大きく、最大風速は30m/sに達しており暴風域を伴っていた。平成20年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

  • 平成8年台風第9号

    平成8年台風第9号から見た台湾台湾

    平成8年台風第9号(へいせい8ねんたいふうだい9ごう、国際名:ハーブ〔Herb〕、フィリピン名:Huaning)は、1996年(平成8年)7月から8月にかけて、超大型で非常に強い勢力を維持したまま先島諸島に接近し、その後台湾と中国に大きな被害を出した台風である。この台風は、7月の台風の中で最も強風域が大きい(強風域半径1000km)。また陸上(気象官署)において7月史上第1位となる中心気圧927.1hPaを記録した(本土において7月史上第1位となる中心気圧(945hPa)を記録した台風は、平成19年台風第4号である)。平成8年台風第9号 フレッシュアイペディアより)

11570件中 31 - 40件表示

「台湾」のニューストピックワード