8534件中 41 - 50件表示
  • スナヅル

    スナヅルから見た台湾台湾

    日本では小笠原諸島、九州南部、南西諸島(屋久島?尖閣諸島)に、日本国外では台湾、中国南部、南アメリカ、中央アメリカ、ハワイ、フロリダに分布する。主に日当りのよい海岸の砂浜に生育する。寄主は多く、日本では主にグンバイヒルガオやハマゴウ等の海浜植物に寄生する。スナヅル フレッシュアイペディアより)

  • ヒメシロモンドクガ

    ヒメシロモンドクガから見た台湾台湾

    ヒメシロモンドクガ(学名:Orgyia thyellina)はチョウ目ドクガ科に属するガの一種。北海道、本州、四国、九州と、シベリア、朝鮮半島、台湾に生息する。ヒメシロモンドクガ フレッシュアイペディアより)

  • 呉賛誠

    呉賛誠から見た台湾台湾

    安徽省廬江県城関鎮出身。1849年に抜貢となり、1851年から広東省で知県を歴任した。その間、太平天国との戦いでしばしば功績をあげ、恵潮嘉道に昇進した。その後、天津機器局担当・天津道となり、さらに順天府尹に補せられた。1876年に福建船政大臣となり、1878年に福建船政大臣に光禄寺卿・福建巡撫代理を兼ね、台湾の防衛も担当することになった。彼は自ら台湾に赴いて、開墾事業・道路建設・生活改善などを行い、台湾原住民の反乱を鎮圧した。しかし過労のため中風で倒れて辞職した。1880年には天津水師学堂の督弁となった。呉賛誠 フレッシュアイペディアより)

  • 楊遇春

    楊遇春から見た台湾台湾

    四川省崇慶出身。武挙人出身で福康安に抜擢された。甘粛省の回民の反乱、台湾の林爽文の乱、ネパールとの戦いに参加して、守備に昇進した。楊遇春 フレッシュアイペディアより)

  • 八通関古道

    八通関古道から見た台湾台湾

    八通関古道(パットンカンこどう)は、清朝統治時代の台湾に建設された台湾本島を東西に横断する三本の道路のうちの一つであり、唯一現存する道路である。西は林圮埔(現在の南投県竹山鎮)から東は璞石閣(現在の花蓮県玉里鎮)まで全長152km。中華民国内政部から、国家一級古蹟に指定されている。八通関というのはツオウ族の言語で玉山である。八通関古道 フレッシュアイペディアより)

  • 蔡焜燦

    蔡焜燦から見た台湾台湾

    1927年(昭和2年)、日本統治時代の台湾中部、台中州大甲郡清水街に生まれる。蔡焜燦 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た台湾台湾

    12月3日 - 台湾・台中のインターコンチネンタル球場で行われていた第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピックアジア予選が終了。1位は日本(3戦全勝・10?0、4?3、10?2)で3年連続16回目の優勝を果たし、北京オリンピック出場が決定(出場国は中国(開催国)、アメリカ・キューバ(アメリカ大陸)、オランダ(ヨーロッパ)に次ぎ5か国目)。2位の韓国と3位の台湾は2008年3月に行われる世界最終予選で五輪出場を狙う。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た台湾台湾

    日中関係史(にっちゅうかんけいし)においては、日本と中国大陸にあった歴代の王朝と現在、中国大陸に存在する「中華人民共和国」との関係(People's Republic of China?Japan relations)の歴史を解説する。なお、本項では、台湾にある現在の中華民国との関係についても言及するものとする。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾の歴史

    台湾の歴史から見た台湾台湾

    台湾の歴史(たいわんのれきし)では、台湾地域の歴史区分と主要な歴史的内容の概略を述べる。詳細については各時代ごとの項目を参照のこと。なお、台湾地域の地域範囲については台湾の地域範囲を参照のこと。台湾の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • OPEN小將

    OPEN小將から見た台湾台湾

    OPEN小將(、OPEN-chan、OPENちゃん)は、セブンイレブンが台湾や中国大陸の上海で使っているマスコットキャラクターである。OPEN小將 フレッシュアイペディアより)

8534件中 41 - 50件表示

「台湾」のニューストピックワード