619件中 91 - 100件表示
  • 台湾

    台湾から見たカニ

    Realtek(リアルテック)コンピューター用半導体メーカー。カニのマークでお馴染み。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たブランド

    しかし2000年代に入ると、製造業で中華人民共和国への投資による空洞化の進行が目立ち、2001年のITバブル崩壊の影響を受け、2002年には中華民国の台湾移転後初のマイナス成長を記録した。台湾の電子工業はOEM、ODMなど先進国企業からの委託生産に特化し、独自のブランドを持たなかった。そのため、先進国市場での知名度が低く、知名度の高い大企業も存在しない。中華民国政府は、自国企業による中華人民共和国への投資を未だ完全には開放していない。また、中華人民共和国市場での利益の自国回帰も呼び掛けているが、目立った効果は見られない。一方、陳水扁政権は新十大建設を打ち出し、新たなインフラの整備と次世代産業の育成を掲げた。政府はライフサイエンスも重要視しているが、ライフサイエンスがITほどの経済規模を見込めるのかどうか、疑う声も強い。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た中秋節

    漢民族の間では、各出自の共通概念として家族が社会組織の重要な社会単位となっており、祖先崇拝などの伝統家庭行事が現在でも重要な役割を担っている。また二十四節気を基とした旧正月や、清明節(ただし客家人の一部などは祝わない)、中秋節などの季節行事も毎年盛大に行なわれている。この他にも出身地ごとの伝統文化が存在しており、例を挙げれば福建系の伝統文化としては布袋劇(人形劇)や歌仔戯(台湾オペラ、コアヒ)などがある。また、外省系移民が台湾に与えた文化としては、中華民国政府のイデオロギー的影響や中国各地の料理などが挙げられる。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た中小企業

    1980年代、電子工業の発展は民間中小企業にも波及し、パソコンのマザーボードのシェアでは世界一になった。中華民国はアジアNICsの一員に選ばれ、NIEsにも引き続き含まれた。さらに、外貨準備高世界上位に入るなど、経済発展は目覚しかった。さらに1990年代はIT景気に乗り、1997年-1998年のアジア経済危機も乗り越えた。そのため、中小企業が多い点が日本と似ていることや、政府主導の産業政策や財閥主体の韓国との違いなどが強調されたのである。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た浙江省

    中華民国の政府が実効支配している全地域を指しており、具体的には台湾本島、付属島嶼、澎湖諸島に中国大陸沿岸の馬祖列島、烏坵島と金門島、および南シナ海の東沙諸島と南沙諸島の一部(太平島、中洲島)を加えた範囲から構成されている。憲法上の公式な名称は「中華民国自由地区」。法令・公文書等では他に台湾地区、台澎金馬とも表記される。この範囲は、国民政府が1955年に浙江省・大陳列島の領有権を喪失したことで確定した。なお、福建省に属する島々を台湾省の台湾、澎湖と区別して金馬地区(きんまちく、金門島と馬祖列島の頭文字に由来)と呼称することもある。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たクルーズ船

    2017年の台湾寄港クルーズ船旅客数は114万人で、過去最高を更新した。台湾のクルーズ船市場規模は2016年に続きアジアの国・地域別で2位となった。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た半導体

    蒋経国の代になり、十大建設をはじめとする本格的な各種インフラ整備が始まり、また、ベトナム戦争の際、アメリカは戦略物資を台湾から調達し、そのため台湾経済は飛躍的に発展し(台湾の奇跡)、この頃より主な輸出先は日本からアメリカにシフトしていった。また、中華民国政府は軽工業から重工業への転換を図り、積極的な産業政策を打ち出した。しかし、中国鋼鉄や台湾造船、台湾石油などの国営企業を主体としての重化学工業化であり、必ずしも強い国際競争力を伴ったわけではない。しかし、在米華僑(台湾系アメリカ人、中国系アメリカ人)の技術者の協力により行った半導体産業の育成は成功を収め、後の台湾積体電路製造(TSMC・台積電)や聯華電子 (UMC) を生み出す。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た石垣島

    日本からは沖縄・那覇新港から、宮古島、石垣島を経由し、基隆、高雄へ向かう航路が有村産業により運航されていたが、会社破産により運休(実質廃止)となっている。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た宮古島

    日本からは沖縄・那覇新港から、宮古島、石垣島を経由し、基隆、高雄へ向かう航路が有村産業により運航されていたが、会社破産により運休(実質廃止)となっている。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たフォーブス (雑誌)

    世界有数の経済誌フォーブスが発表した2018年版「ビジネスに最適な国」ランキングで、台湾は世界16位となりました。台湾 フレッシュアイペディアより)

619件中 91 - 100件表示

「台湾」のニューストピックワード