619件中 21 - 30件表示
  • 台湾

    台湾から見た総務省

    行政院主計総処(日本の総務省統計局に相当)が発表した2017年の薪資與生産力統計(日本の厚生労働省所管の毎月勤労統計調査に相当)によると、台湾の常用労働者(一般労働者(フルタイム労働者)及び短時間労働者(パートタイム労働者)を含む。外国人労働者も含む。)の2017年の平均名目賃金(現金給与総額)は月額4万9989ニュー台湾ドルであり、前年に比べて2.46%増加している。これを男女別にみると、男性月額5万4066ニュー台湾ドル、女性月額4万5333ニュー台湾ドルで、前年に比べて、男性は2.35%の増加、女性は2.64%の増加となった。女性の賃金は過去最高となっており、男女間賃金格差(男性=100)は過去最小の83.85となっている。一方、物価変動の影響を除いた実質賃金は月額4万7271ニュー台湾ドルと前年より1.83%増加し、過去最高を更新した。また、台湾人一般労働者(台湾自国民のフルタイム労働者。正社員・正職員以外(非正規)を含む。)の2016年の平均賃金(台湾人フルタイム勤務の月平均賃金)は月額5万1241ニュー台湾ドルであり、前年に比べて0.72%増加している。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た広東省

    『漢書地理志』の中に「会稽海外有東鯷人、分為二十余国、以歳時来献見……」との記載があり、一部の学者は''とは台湾を指す名称であると主張している。しかし漢代の中心地は中原と呼ばれる、長安および洛陽を中心とする地域であり、福建省や広東省の沿岸地帯(河洛)に至ることは非常に稀であった。ゆえにその東岸にある島嶼を正確に記録したとは考えにくく、東鯷とは海上の島嶼群を漠然と示した名称であると考えられ、台湾の呼称と即断することは困難である。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た九州

    台湾は、台湾本土とその周辺諸島(澎湖諸島・蘭嶼など)、および金馬地区と東沙諸島・南沙諸島から構成されており、面積はと日本の九州と同程度(日本の約10分の1)の大きさである。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た温泉

    なお、台湾はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの交差部に位置するため、日本と同様に地震活動が活発な地域である。また日本と同じ火山帯に属し、温泉も豊富にある。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た安藤利吉

    File:Ando Rikichi surrender.jpg|台北公会堂にて最後の台湾総督である安藤利吉 (左) から降伏文書を受理する陳儀 (右)台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た2009年

    平均降雨量は年間およそ2,515mmであり、雨期に多く、また降雨量は季節、位置、標高によって大きく異なっている。台湾は台風の襲来が多く、毎年平均3 - 4個の台風に襲われている。台風で給水の大きな部分を賄っているが、同時に損壊、洪水、土砂流などの災害も発生している。1996年の台風9号や2009年の台風8号などは、豪雨をもたらした。また、台風以外にも、夏季には台湾語「サイパッホー (sāi-bak-hō)」と呼ばれる猛烈な夕立が多い。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たUMC

    蒋経国の代になり、十大建設をはじめとする本格的な各種インフラ整備が始まり、また、ベトナム戦争の際、アメリカは戦略物資を台湾から調達し、そのため台湾経済は飛躍的に発展し(台湾の奇跡)、この頃より主な輸出先は日本からアメリカにシフトしていった。また、中華民国政府は軽工業から重工業への転換を図り、積極的な産業政策を打ち出した。しかし、中国鋼鉄や台湾造船、台湾石油などの国営企業を主体としての重化学工業化であり、必ずしも強い国際競争力を伴ったわけではない。しかし、在米華僑(台湾系アメリカ人、中国系アメリカ人)の技術者の協力により行った半導体産業の育成は成功を収め、後の台湾積体電路製造(TSMC・台積電)や聯華電子 (UMC) を生み出す。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たマンダリン航空

    台湾の航空会社としては、日本では成田空港や中部国際空港、福岡空港などに乗り入れているチャイナエアライン(中華航空)が有名であるが、最近では成田空港や関西国際空港、仙台空港などに乗り入れているエバー航空(長栄航空)も日本に浸透してきている。これらの航空会社以外にも、立栄航空やマンダリン航空(華信航空)などがある。なお、立栄航空はエバー航空(長栄航空)の子会社、マンダリン航空はチャイナエアライン(中華航空)の子会社である。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たジャイアント・マニュファクチャリング

    1980年代後半は、台湾の現在の自転車工業への転換点でもある。1986年のプラザ合意前までは日本が自転車の生産において大きなシェアを占めていたが、プラザ合意後は日本の自転車産業・特に完成車の輸出は大幅に減少して、台湾が自転車輸出大国に成長した。現在では世界最大の自転車メーカーとなったジャイアント・マニュファクチャリング等の現在の台湾自転車業界の主要企業は1970年代後半から欧米メーカーのOEM・ODMを引き受け、現在に繋がる設計・生産の基礎を築いた。この頃からOEM・ODMの受注だけでなく、台湾の自転車企業は自社ブランドの販売にも乗り出した。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た豊島与志雄

    豊島与志雄 『台湾の姿態』未来社 1967年(昭和42年)11月10日台湾 フレッシュアイペディアより)

619件中 21 - 30件表示

「台湾」のニューストピックワード