619件中 51 - 60件表示
  • 台湾

    台湾から見た世界経済フォーラム

    台湾は世界経済において重要な地位を占めている。世界の情報通信技術(ICT)産業ではトップの役割を果たすと同時に、コンシューマー向け商品の主要なサプライヤーでもある。世界貿易機関(WTO)によると2016年、台湾は世界第18位の輸出国で、モノの輸入においても世界第18位となった。科学技術での専門性を磨くための長年の官民による取り組みを経て、台湾のサイエンスパークはいまや、ICTやバイオテクノロジー、精密機械、ナノテクノロジーなどの分野での飛躍を追求する企業クラスタの本拠地となっている。世界経済フォーラムの「世界競争力ランキング2016?2017」では、調査対象の138カ国・地域のうち、台湾は「総合的なランキング」で14位、「技術的即応性」で30位、「イノベーション」で11位と格付けされた。また、国際経営開発研究所(IMD)がまとめた「2016世界競争力年鑑」では、61の先進経済体の中で、技術インフラで12位、科学インフラで10位と評価された。また、2017年度からは、IT分野に焦点を当てた競争力を測る2017年度「世界デジタル競争力ランキング(World Digital Competitiveness Ranking 2017)」も発表した。このランキングでは、政府の業務、ビジネスモデル、社会全体の変革につながるIT政策の指標で評価される。台湾は総合ランキングで世界12位と評価された。米の世界大手のソフトウェアを開発・販売する会社マイクロソフト(Microsoft)は2018年1月10日、人工知能(AI)の研究開発センターを台北市内に設置すると発表した。また、GoogleはHTC(宏達国際電子)のPixel開発チーム買収により、台北をGoogleのアジア太平洋地域のエンジニアリングの最大拠点とするとしている。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た与那国島

    台湾北東部は日本の琉球諸島の西方海上に位置しており、最も近い与那国島との距離は110km以下である。また、台湾地域西端の金馬地区は台湾海峡を隔てて中国と接しており、最南端の岬である鵝鑾鼻(がらんび)は、バシー海峡を隔ててフィリピンと接している。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た国際連合教育科学文化機関

    世界遺産は、1972年のユネスコ (UNESCO) 総会で採択された通称「世界遺産条約」に基づいて、世界遺産リストに登録された普遍的な価値を持つ遺跡のことである。しかし、中華民国は1971年に国際連合における「中国の国家」としての代表権を喪失し、以来ユネスコへの加盟を認められていないことから、中華民国政府の統治下にある台湾地域では世界遺産が一つも登録されていない。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た孫権

    三国時代には、沈瑩著『臨海水土志』と陳寿著『三国志』呉志の孫権伝の部分に記述が見られる。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た鄭成功

    かつては「フォルモサ」 (, 「麗しの島」) として知られた台湾島は、漢民族が同島に移住し始めた17世紀における大航海時代のオランダ及びスペインの植民まで、台湾原住民が主に居住していた。1662年、明寄りの支持者である鄭成功はオランダを追放し、同島初の漢民族の政治的実体である東寧王国を設立した。清は後に同王国を破り、台湾を併合した。1895年に日清戦争の結果下関条約にて台湾が日本に割譲されるまでは、台湾の居住者の大多数は漢民族であるか、漢民族に同化された台湾原住民であった。現在のDNAの調査によれば、8割が南方アジア系である。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た労働者

    行政院主計総処(日本の総務省統計局に相当)が発表した2017年の薪資與生産力統計(日本の厚生労働省所管の毎月勤労統計調査に相当)によると、台湾の常用労働者(一般労働者(フルタイム労働者)及び短時間労働者(パートタイム労働者)を含む。外国人労働者も含む。)の2017年の平均名目賃金(現金給与総額)は月額4万9989ニュー台湾ドルであり、前年に比べて2.46%増加している。これを男女別にみると、男性月額5万4066ニュー台湾ドル、女性月額4万5333ニュー台湾ドルで、前年に比べて、男性は2.35%の増加、女性は2.64%の増加となった。女性の賃金は過去最高となっており、男女間賃金格差(男性=100)は過去最小の83.85となっている。一方、物価変動の影響を除いた実質賃金は月額4万7271ニュー台湾ドルと前年より1.83%増加し、過去最高を更新した。また、台湾人一般労働者(台湾自国民のフルタイム労働者。正社員・正職員以外(非正規)を含む。)の2016年の平均賃金(台湾人フルタイム勤務の月平均賃金)は月額5万1241ニュー台湾ドルであり、前年に比べて0.72%増加している。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見たフィリピン海プレート

    なお、台湾はフィリピン海プレートとユーラシアプレートの交差部に位置するため、日本と同様に地震活動が活発な地域である。また日本と同じ火山帯に属し、温泉も豊富にある。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た陳寿

    三国時代には、沈瑩著『臨海水土志』と陳寿著『三国志』呉志の孫権伝の部分に記述が見られる。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た経済協力開発機構

    PPPベース(購買力平価)で台湾常用労働者の2016年の平均賃金は月額3228.35国際ドルであり、賃金の実質的な豊かさは西ヨーロッパ ・北ヨーロッパ諸国のレベルに達しており、世界上位の水準を誇る(:en:List of European countries by average wage)。経済協力開発機構(OECD)の統計基準によると、2015年の台湾の一般労働者(フルタイム労働者)の平均年収は5万1864ドルで、オーストラリア(5万1986ドル)とほぼ同じレベルであり、経済協力開発機構(OECD)では7位にランクされている。台湾 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾

    台湾から見た外貨準備

    1980年代、電子工業の発展は民間中小企業にも波及し、パソコンのマザーボードのシェアでは世界一になった。中華民国はアジアNICsの一員に選ばれ、NIEsにも引き続き含まれた。さらに、外貨準備高世界上位に入るなど、経済発展は目覚しかった。さらに1990年代はIT景気に乗り、1997年-1998年のアジア経済危機も乗り越えた。そのため、中小企業が多い点が日本と似ていることや、政府主導の産業政策や財閥主体の韓国との違いなどが強調されたのである。台湾 フレッシュアイペディアより)

619件中 51 - 60件表示

「台湾」のニューストピックワード