1209件中 61 - 70件表示
  • 気象レーダー

    気象レーダーから見た台風台風

    障害物があるとその影となる部分の観測がしづらいため、高い山の山頂などに設置されることが多い。1999年まで富士山頂で稼動していた富士山レーダーは最大で800km先まで観測が可能で、台風の観測などに大きな役割を果たした。気象レーダー フレッシュアイペディアより)

  • パパイア

    パパイアから見た台風台風

    パパイアは多年生であり、背が高くなり、しかも次第に茎が太くなるので、樹木と見ることができるが、茎は非常に柔らかく、台風などで容易に倒れる。また幹部は木質化しておらず、倒れたものが枯れると、すぐに腐って軟化するため、木ではなく草として捉えられる場合もある。従って、ごく一部の解説書などでは、「草本類」と記載されている場合がある。パパイア フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛県

    愛媛県から見た台風台風

    宇和海側は、黒潮の影響を受けて、総じて温暖ながら、台風の関係もあり、降水量は多い。愛媛県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た台風台風

    2005年(平成17年)から2007年(平成19年)各年の6月に梅雨前線の影響で大雨と雷が沖縄本島を襲い、各地で冠水、土砂崩れ、崖崩れ等が相次いだ。平年値では年間を通じて降水量が多いが、梅雨と台風による降雨が多いこと、年による変動が大きいこと、大きな河川がなくすぐに海に流出してしまうことなどから、気候・地形的に水不足に陥りやすい。また、1946年に約51万人だった人口が、本土復帰の1972年(昭和47年)に約96万人と増加し、需給関係から1990年代前半までしばしば水不足による断水が行われた。特に1981-1982年の渇水では日本最長の326日間にわたって給水制限が実施された。そのため、屋根の上などに給水タンクを設置している家が多い。しかし、沖縄本島北部から南部への導水が進み、また1997年(平成9年)に気候に左右されず安定して水の供給が可能な海水淡水化施設が北谷町に完成し、2005年(平成17年)に県人口が約136万人と増加したものの、断水に見舞われることは減った。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ深夜便

    ラジオ深夜便から見た台風台風

    これは地震・台風・豪雨などの天災が発生した場合の災害対策基本法や、テロなどの大規模な有事が発生した場合の諸法律の義務を履行するための処置。(NHK総合テレビジョンも同様である)ラジオ深夜便 フレッシュアイペディアより)

  • 気象通報

    気象通報から見た台風台風

    台風や日本近海に接近したハリケーンのほか、低気圧、高気圧、前線の位置及び海上警報に準ずる風速、濃霧が発生している海域の状況、日本付近を通る等圧線の位置を数本報告。台風が日本に接近または上陸している場合は、定時の発表時刻の1時間後の台風情報も放送する。気象通報 フレッシュアイペディアより)

  • 関東大震災

    関東大震災から見た台風台風

    地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、136件の火災が発生した。大学や研究所で、化学薬品棚の倒壊による発火も見られた。しかし工藤美代子は「火元には、空き家や小学校、女学校、越中島の糧秣廠(兵員用の食料(糧)及び軍馬用のまぐさ(秣)を保管する倉庫で、火薬類は保管していない)等、発火原因が不明な所があり、2日の午後に新しい火災が発生する等不審な点も多い」と主張する。加えて能登半島付近に位置していた台風により、関東地方全域で風が吹いていたことが当時の天気図で確認できる。火災は地震発生時の強風に煽られ、「陸軍本所被服廠跡地惨事」で知られる火災旋風を引き起こしながら広まり、鎮火したのは2日後の9月3日10時頃とされている。関東大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 志楽川

    志楽川から見た台風台風

    下流の河口付近は、ゼロメートル地帯なっており、近年でこそ堤防の嵩上げなどで、宅地浸水することは少なくなったが、それでも台風などの大雨時には、河川に注ぐ側溝などから水が溢れ出ることがしばしばある。志楽川 フレッシュアイペディアより)

  • オオキンカメムシ

    オオキンカメムシから見た台風台風

    本種は本州中部以南では通年見られ、これ以南が分布域と考えられる。ところが採集記録には北海道があり、本州北部や中部山岳の高所からも採集記録がある。長谷川(1987)によるとそれらは七月から八月に集中しており、また雌が圧倒的に多い。また彼が解剖した例では、すべて腹には卵が詰まっていた。このようなことから彼は交尾後の雌が活発に移動するものと考えている。これらはいわゆる死滅回遊となることが多いであろう。北海道の例は、台風に乗って移動したことが推定されている。海上で発見された例もあり、かなりの長距離移動をすることが考えられる。オオキンカメムシ フレッシュアイペディアより)

  • 暖湿流

    暖湿流から見た台風台風

    熱帯低気圧が温帯に北上・南下(日本では初夏から晩秋にかけて台風が北上)して来た際に運び込んだり、温帯低気圧の通過時に誘引したり、前線や収束線などに向かって吹き込む海洋性気団からの気流に含まれたりして、やってくることが多い。暖湿流 フレッシュアイペディアより)

1209件中 61 - 70件表示

「台風」のニューストピックワード