1209件中 71 - 80件表示
  • キャンセル

    キャンセルから見た台風台風

    交通機関では地震や台風などの自然災害による運行中止といった交通機関側の事情による運休では、代替が可能である場合には無償で代替交通機関を提供することが多いが、利用者が病気など自身の都合により利用しない場合には交通機関側に支払った運賃・料金の一部を交通機関側が定めた額を徴する場合がある。キャンセル フレッシュアイペディアより)

  • 水ヶ瀞ダム

    水ヶ瀞ダムから見た台風台風

    国道112号・道の駅にしかわから寒河江川を上流に向かって進むと、水ヶ瀞ダムを過ぎて寒河江ダムへと至る。水ヶ瀞ダムから寒河江ダムまでの間には、漁業権を持つ最上第二漁業協同組合によって寒河江川本道寺特別釣り場「本道寺釣り道場」が運営されている。ここでは入漁料と引き替えにヤマメやニジマス、イワナなどを釣ることができる。ただ、6月から11月までの間は、寒河江ダムからのフラッシュ放流が週一回実施される。放流量は小規模ながらも急激に増水するので、サイレンが鳴った時は速やかに退避しなければならない。このほか基本的なことになるが台風や集中豪雨の際は増水しているおそれが大きいので、川には近寄らないことである。水ヶ瀞ダム フレッシュアイペディアより)

  • 陣屋ダム

    陣屋ダムから見た台風台風

    中元寺川は筑豊地域の大河川である遠賀川水系彦山川の左支川である。流路延長24.6kmの中小河川であるが流域の重要な水源であった。だが小河川ゆえに大雨が降ると容易に洪水を惹き起こし、このため古くから梅雨末期や台風時には水害の被害を与えていた。このため既に1907年(明治39年)から中元寺川は河川改修が実施されてはいたものの、炭鉱地帯であったため堤防整備や河道改修は採掘に影響を及ぼす為に自ずと制限を受け、結局部分的な改修にならざるを得なかった。このため北部九州に壊滅的な被害を与えた1953年(昭和28年)6月の昭和28年西日本水害を始め、戦後も水害の被害は収まらなかった。陣屋ダム フレッシュアイペディアより)

  • 殿山ダム

    殿山ダムから見た台風台風

    殿山ダム完成後も、当地は何度か台風による集中豪雨に襲われ、そのうち何度か流域に水害をもたらしている。1958年(昭和33年)8月、台風17号による洪水により死傷者は23名、流失もしくは全・半壊した家屋は合わせて380戸に上った。このとき殿山ダムは洪水吐ゲート全門を開放しており、行き過ぎた放流が水害の原因ではないかと社会問題化した。また、1990年(平成2年)および1997年(平成9年)の水害に対しては、被害に見舞われた流域住民が殿山ダムを管理する関西電力、そして日置川を管理する和歌山県を相手取り、損害賠償をめぐって訴訟を起こす事態になった。裁判では原告側の敗訴という結果となっているが、このように水害の度に殿山ダムの責任を問う声が上がるのは、殿山ダムが日置川水系唯一のダムであるためでもあり、関西電力も殿山ダムの改修や運用の見直しを行っている。殿山ダム フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県道47号倉敷長浜笠岡線

    岡山県道47号倉敷長浜笠岡線から見た台風台風

    路線の一部は、台風などによる高波・高潮の被害を受けやすく、通行止めになることがある。岡山県道47号倉敷長浜笠岡線 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の台風

    2006年の台風から見た台風台風

    2006年に発生した台風(太平洋北西部で発生した熱帯低気圧を含む。)のデータ。2006年の台風 フレッシュアイペディアより)

  • 西海町 (愛媛県)

    西海町 (愛媛県)から見た台風台風

    集落は、台風や季節風除けのため、大半は船越半島(又は西海半島と呼ぶこともある)の北又は東側に位置している。西海町 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • 二百二十日

    二百二十日から見た台風台風

    八朔(旧暦8月1日)・二百十日とともに、天候が悪くなる農家の三大厄日とされてきた。統計的には、台風は二百十日から9月下旬にかけて襲来することが多く、二百十日よりも二百二十日の方を警戒する必要がある。二百二十日 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井川ダム

    藤井川ダムから見た台風台風

    ダムは完成後流域の治水と利水に寄与していた。だが1986年(昭和61年)8月、那珂川水系は観測史上最悪の大洪水が襲った。台風崩れの低気圧は那珂川上流及び茨城県北部に集中豪雨を降らせ、那珂川は1947年のカスリーン台風以来となる大洪水に見舞われた。藤井川流域も上流部での豪雨による洪水と、那珂川の河水が藤井川に逆流することで水戸市飯富町や藤井町の低地を中心に床上浸水や農地への被害が甚大であった。この「昭和61年8月豪雨」を契機にダムの洪水調節機能を増強するため、「藤井川ダム再開発事業」に1991年(平成3年)より着手した。治水ダムの多目的ダム化以来となる二度目の再開発である。藤井川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 瓦葺き

    瓦葺きから見た台風台風

    茅葺屋根などに比べ耐水性・耐火性に優れるため、梅雨があり台風の多い日本では定着しやすかった。古くは、大陸から伝わった陶器製の本瓦(平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で、古代から寺院に使われ、安土桃山時代以降は城、大名屋敷、土蔵に使われた。民家に導入されたのは江戸時代中期以降であるが、江戸時代後期になると倹約令の対象とされた。瓦葺き フレッシュアイペディアより)

1209件中 71 - 80件表示

「台風」のニューストピックワード