1209件中 81 - 90件表示
  • 野分 (源氏物語)

    野分 (源氏物語)から見た台風台風

    8月のある日、激しい野分(台風)が都を吹き荒れた。六条院の庭の草花も倒れ、そこへ訪れた夕霧は混乱の中で偶然紫の上の姿を垣間見、その美貌に衝撃を受ける。その後祖母大宮の元へ見舞いに参上してからも、爛漫の桜のような紫の上の艶姿は夕霧の脳裏に焼きついて消えなかった。野分 (源氏物語) フレッシュアイペディアより)

  • 父島気象観測所

    父島気象観測所から見た台風台風

    父島気象観測所は、父島で気象観測を行うための施設であり、天気予報を行い、注意報・警報を発令する権限を持つ、気象予報官は派遣されていない(一方、小笠原諸島と同様の孤島である大東諸島は、西太平洋における台風観測や、日本の台風予報にとって重要な拠点であるため、南大東島に気象台が置かれ、独自に注意報・警報を発令している)。小笠原諸島に関する注意報・警報は、東京都の気象予報を管轄する、気象庁本庁が発令している。父島気象観測所 フレッシュアイペディアより)

  • アニラオ

    アニラオから見た台風台風

    砂浜は少なく、岩と石の海岸が多く、水中も砂地よりは岩とサンゴの構成となっているので、海水浴客よりは、スキューバダイビングを目的とした客で賑わう。7月から10月は雨期および台風のシーズンで、半島の西側は波が立つことがあるが、雨期の終わりから翌年の雨期までは、内海らしい、べた凪の状態が続く。アニラオ フレッシュアイペディアより)

  • 長良橋陸閘

    長良橋陸閘から見た台風台風

    長良橋陸閘(ながらばしりっこう)とは、岐阜県岐阜市の長良橋右岸の長良陸閘と左岸の大宮陸閘からなる陸閘。1959年(昭和34年)の伊勢湾台風と翌年8月の台風11号・12号による洪水時に、この箇所から溢れだした水が岐阜市内に溢流、氾濫したため、その対策として現在の陸閘が設置された。商用電源・発電機により操作を行う大規模な物で、この他にも付近には大小約100箇所の陸閘が存在する(うち国土交通省直轄は33箇所)。長良橋陸閘 フレッシュアイペディアより)

  • 足尾台風

    足尾台風から見た台風台風

    足尾台風(あしおたいふう)は、1902年(明治35年)9月28日に千葉県から新潟県、北海道北部を通過し、主に関東地方から東北地方南部にかけて被害をもたらした台風である。足尾台風 フレッシュアイペディアより)

  • 田ノ浦海岸 (大分県)

    田ノ浦海岸 (大分県)から見た台風台風

    1990年度(平成2年度)から大分県によって、海岸の侵食防止、及び、台風や季節風による高潮災害の予防のために海岸環境整備事業が開始された。また、1993年度(平成5年度)からは国土交通省により渋滞解消のために国道10号(別大国道)の6車線への拡幅と交差点改良等の国道改良事業が、1999年度(平成11年度)からは大分市により公園整備事業がそれぞれ開始され、これら3事業を合わせた田ノ浦地区合併事業として海岸の整備が一体的に進められた。田ノ浦海岸 (大分県) フレッシュアイペディアより)

  • 雑木

    雑木から見た台風台風

    一方で、近年は雑木の多くが落葉樹であることから落ち葉が腐葉土となることでの植生全体への貢献や、実がイノシシやクマなどの動物や鳥類の食料になっているといったことから、生態系を維持していく上で不可欠であることが次第に知られるようになった。獣類による農作物の被害も雑木林の減少と人工林の増加が一因である。針葉樹とは大きく異なる保水性による防災効果も大きく、台風の被害は人工林に多く、雑木林では被害が少ない。また、近年では針葉樹の価格の下落から放置される人工林が増え、上記のような利点から里山再生などの機運から人工林を伐採し雑木が植えられることも多くなった。雑木 フレッシュアイペディアより)

  • SPECTRUM

    SPECTRUMから見た台風台風

    台風のSEをバックに気象情報のアナウンスが挿入され、それが終わると同時に曲がスタート。そのまま全10曲が絶え間なく次々と登場し、一気呵成に聞かせる構成になっている。SPECTRUM フレッシュアイペディアより)

  • スーパー伊勢湾台風

    スーパー伊勢湾台風から見た台風台風

    スーパー伊勢湾台風(-いせわんたいふう)とは、伊勢湾台風よりも強大であった室戸台風クラスの台風が伊勢湾に接近、上陸した場合の被害を想定するための架空の台風である。スーパー伊勢湾台風 フレッシュアイペディアより)

  • 宮良川土地改良事業

    宮良川土地改良事業から見た台風台風

    石垣島は年間降水量が少なくないものの、その大半は梅雨や台風の大雨によるものであり、しばしば干魃が発生し農業生産が不安定となっていた。このような状況に鑑み、石垣島で最大の河川である宮良川の水を利用した灌漑が構想され、1970年に当時の琉球政府八重山支庁と農林局八重山農林土木事務所宮城常嘉技師が「石垣市宮良川流域土地改良計画概要書」をまとめている。宮良川土地改良事業 フレッシュアイペディアより)

1209件中 81 - 90件表示

「台風」のニューストピックワード