前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示
  • 台風

    台風から見た伊勢湾台風

    特に災害の大きかったものについては上陸地点などの名前を付けて呼ぶこともある(伊勢湾台風など)。戦後、気象庁によって命名された台風は以下の8つである。「気象庁が命名した自然現象の一覧」も参照。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た梅雨

    前線の発達 - 台風の接近により時期によっては秋雨前線や梅雨前線を刺激して大雨をもたらし、これによる被害が発生することも多い(このことを、NHKなどでは「台風+前線=大雨」という式を用いて表すことが多い)(例:平成24年台風第4号)。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た熱帯低気圧

    台風(たいふう、颱風、typhoon、taifū)は、北西太平洋や南シナ海(赤道以北、東経180度以西100度以東)に存在する熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が約17 m/s(34ノット、風力8)以上のものを指す。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た高潮

    台風が上陸、あるいは接近すると、暴風(強風)、高潮、高波による看板や標識、樹木などの倒壊や、落雷、建物の損壊(屋根が飛んだりするなど)のほか、大雨による洪水、浸水や道路、橋などの流出、土砂崩れ、地すべりなどの被害が発生する。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

    シーボルト台風:1828年9月(文政11年8月)西日本。九州西岸を北上したと考えられる。9月17日(旧暦8月9日)、ドイツ人シーボルトが出島で952hPaの気圧を観測した記録が残っており、後に気象学者の根本順吉が「シーボルト台風」と命名した。気象学者の高橋浩一郎の推定によれば、九州来襲時の中心気圧は900hPa、最大風速50m/s、総雨量300mmで、過去300年間に日本を襲った台風の中で最強のものとされる。また、小西達男の推定によれば中心気圧は935hPa、最大風速は55m/s程度とされる。有明海で高潮が発生し、佐賀藩だけで死者が約1万人に達する被害が出た。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た根本順吉

    シーボルト台風:1828年9月(文政11年8月)西日本。九州西岸を北上したと考えられる。9月17日(旧暦8月9日)、ドイツ人シーボルトが出島で952hPaの気圧を観測した記録が残っており、後に気象学者の根本順吉が「シーボルト台風」と命名した。気象学者の高橋浩一郎の推定によれば、九州来襲時の中心気圧は900hPa、最大風速50m/s、総雨量300mmで、過去300年間に日本を襲った台風の中で最強のものとされる。また、小西達男の推定によれば中心気圧は935hPa、最大風速は55m/s程度とされる。有明海で高潮が発生し、佐賀藩だけで死者が約1万人に達する被害が出た。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た四国

    日本の気象庁の定義によれば、台風の上陸とは、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸に達することをいう。したがって、台風の中心が上記4島以外の島の海岸に至っても上陸とは言わないため、沖縄県に台風が上陸することはない。台風の中心が、小さい島や半島を横切って、短時間で再び海上に出ることは、台風の通過と呼ばれる。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たハリケーン

    同様の気象現象は世界各地にあり、それぞれの地方により呼び名が違う。国際分類では、大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部では、ハリケーン(Hurricane)と呼び、インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部では、サイクロン(Cyclone)と呼ぶ。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たサイクロン

    同様の気象現象は世界各地にあり、それぞれの地方により呼び名が違う。国際分類では、大西洋北部・太平洋北東部・太平洋北中部では、ハリケーン(Hurricane)と呼び、インド洋北部・インド洋南部・太平洋南部では、サイクロン(Cyclone)と呼ぶ。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た藤原の効果

    2個の台風が1,000km以内にある場合、互いに干渉し合って複雑な経路をたどることがある。これを提唱者の名前をとって藤原の効果と呼ぶ。台風 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示

「台風」のニューストピックワード