160件中 51 - 60件表示
  • 台風

    台風から見たバス (交通機関)

    また鉄道・バス・自動車道路(高速道路・国道など)も一定の風速または雨量をオーバーすると運休や通行止め、あるいは速度徐行がなされる場合もある。近年鉄道においては影響が予想される場合はあらかじめ長距離列車の運休や間引き運転・全列車の各駅停車運転などが行われ、事前事後のダイヤの混乱防止と輸送手段の確保の両立を図るケースが多い。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た沖縄県

    日本では、古くは野の草を吹いて分けるところから、野分(のわき、のわけ)といい、11世紀初頭の『枕草子』『源氏物語』などにもその表現を見ることが出来る。沖縄のウチナーグチでは「カジフチ(風吹き)」または「テーフー(台風)」と称する。フィリピンでは「バギョ (bagyo) 」と呼ばれる。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たカツオノカンムリ

    また、台風が太平洋上の生物を日本沿岸に吹き寄せる例もある。台風通過後に砂浜にそれらが打ち上げられる場合があり、カツオノエボシやカツオノカンムリなどのクラゲ類、アサガオガイやルリガイ、あるいはササノツユやマルカメガイなどの翼足類などが見られることがあり、貝類採集家などがこれをねらう。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たカリブ海

    大西洋北部などの他海域においては、顕著な影響を与えたものの国際名については、名前リストから削除されて、次回以降から別の国際名が使用される「引退」という慣例がある。例えば、2004年にカリブ海の国々やアメリカ合衆国に顕著な影響を与えたハリケーンIvanは、この年で「引退」し、次回の2010年にはIgorという国際名が使用されることが決まっている。この慣例の目的は、将来、顕著な影響を与えたものと同じ国際名が使用されないことを保証することにより、異なる年の同じ複数の国際名の中からどの年のものか特定しにくくなるという曖昧性を減らすことにある(例えば、大西洋北部において、Arleneという国際名は過去に9回も使用されている。しかし、これらの中に特に顕著な影響を与えたものがないため、現在のところは「引退」扱いとなっていない)。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た本州

    日本の気象庁の定義によれば、台風の上陸とは、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸に達することをいう。したがって、台風の中心が上記4島以外の島の海岸に至っても上陸とは言わないため、沖縄県に台風が上陸することはない。台風の中心が、小さい島や半島を横切って、短時間で再び海上に出ることは、台風の通過と呼ばれる。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た平成24年台風第4号

    前線の発達 - 台風の接近により時期によっては秋雨前線や梅雨前線を刺激して大雨をもたらし、これによる被害が発生することも多い(このことを、NHKなどでは「台風+前線=大雨」という式を用いて表すことが多い)(例:平成24年台風第4号)。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た枕崎台風

    枕崎台風 (昭和20年台風第16号)台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たオスマン帝国

    1890年9月16日の台風:オスマン帝国の軍艦エルトゥールル号が、和歌山県大島村沖で遭難(エルトゥールル号遭難事件)。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見たチョウ

    また、台風に乗って移動する動物もある。定着している分布域ではないところに見つかるチョウを迷蝶というが、日本では熱帯域の種が本土で見つかる例があり、往々にして台風の後である。たとえばメスアカムラサキやカバマダラなどが、このようにして出現し、冬までに世代を重ねる例が知られる。それらは冬を越せない死滅回遊の例でもある。ウスバキトンボなどもこの例である。同様に、沖縄以南で繁殖し、本州付近ではまれにしか観察されない野鳥が迷鳥として台風の後に観察されることがある。台風 フレッシュアイペディアより)

  • 台風

    台風から見た宮古島台風

    宮古島台風 (昭和34年台風第14号・Sarah)台風 フレッシュアイペディアより)

160件中 51 - 60件表示

「台風」のニューストピックワード