93件中 21 - 30件表示
  • Mr. BATER

    Mr. BATERから見た叶姉妹叶姉妹

    又、やりとりの最中、違うものを持ってこられノリツッコミをしたあと、Mr. BATERによって、店長役である今田のプライベート(?)を、あることないこと暴露されるのが定番となっている。(但し、初期の頃は時事・芸能関係のネタを言っていた。例:「そりゃ、ジャン=クロード・ヴァン・ダムもガムのCM降ろされるわ!」「そりゃ、カリフォルニア米もパサつくわ!」等)松本の作り話でとても不名誉なことを言われた今田が、収録後即座に、半笑いを浮かべながらもキレ気味で松本に「アホか!!言うてええことと悪いことがあるんじゃー!」と怒鳴った回もあった。それに対し、松本は「そんなん変えたったらええねん!」スタッフ「事実無根じゃ・・・」松本「事実なんかクソ喰らえじゃ!」と吐き捨てて、今田の怒りを笑いに変えた。笑いに変えるためには手段を選ばない当時の松本の芸風がここからうかがえる(ちなみに、この時の模様は『ダウンタウンのごっつええ感じ コント傑作集HISTORY9』に収録されているものであり、本放送ではカットされていた)。また、2001年の復活スペシャルでは松本が「叶姉妹の妹に電話番号聞いてる場合ちゃうで」と言った後、今田が「逆や!逆!」と小声で反論したこともあった。Mr. BATER フレッシュアイペディアより)

  • Mr. BATER

    Mr. BATERから見た叶美香叶姉妹

    又、やりとりの最中、違うものを持ってこられノリツッコミをしたあと、Mr. BATERによって、店長役である今田のプライベート(?)を、あることないこと暴露されるのが定番となっている。(但し、初期の頃は時事・芸能関係のネタを言っていた。例:「そりゃ、ジャン=クロード・ヴァン・ダムもガムのCM降ろされるわ!」「そりゃ、カリフォルニア米もパサつくわ!」等)松本の作り話でとても不名誉なことを言われた今田が、収録後即座に、半笑いを浮かべながらもキレ気味で松本に「アホか!!言うてええことと悪いことがあるんじゃー!」と怒鳴った回もあった。それに対し、松本は「そんなん変えたったらええねん!」スタッフ「事実無根じゃ・・・」松本「事実なんかクソ喰らえじゃ!」と吐き捨てて、今田の怒りを笑いに変えた。笑いに変えるためには手段を選ばない当時の松本の芸風がここからうかがえる(ちなみに、この時の模様は『ダウンタウンのごっつええ感じ コント傑作集HISTORY9』に収録されているものであり、本放送ではカットされていた)。また、2001年の復活スペシャルでは松本が「叶姉妹のに電話番号聞いてる場合ちゃうで」と言った後、今田が「逆や!逆!」と小声で反論したこともあった。Mr. BATER フレッシュアイペディアより)

  • 週刊トラトラタイガース

    週刊トラトラタイガースから見た叶姉妹叶姉妹

    叶美香(高校時代、本名の玉井美香名義で出演)週刊トラトラタイガース フレッシュアイペディアより)

  • IL VENTO E LE ROSE イルベントエレローゼ 愛するということ

    IL VENTO E LE ROSE イルベントエレローゼ 愛するということから見た叶恭子叶姉妹

    『IL VENTO E LE ROSE イルベントエレローゼ 愛するということ』( 英:The Awakening of Love )は、2009年5月に公開された日本・イタリア合作映画。原作は叶恭子のエッセイ『トリオリズム』。叶恭子初主演映画。IL VENTO E LE ROSE イルベントエレローゼ 愛するということ フレッシュアイペディアより)

  • 東京天使

    東京天使から見た叶姉妹叶姉妹

    叶姉妹のゴージャスドール('02年4月)東京天使 フレッシュアイペディアより)

  • 熱帯夜アカデミー

    熱帯夜アカデミーから見た玉乃ひかり叶姉妹

    玉乃ひかり (「Body Sonic」後期)熱帯夜アカデミー フレッシュアイペディアより)

  • 岡田 美里

    岡田美里から見た叶姉妹叶姉妹

    2005年(平成17年)6月27日に関西テレビで放映された「快傑えみちゃんねる」に出演した際「夫が女性から『ちょっと遊びません』と誘われた」「興信所を使ったのか」などと発言。イニシャルと共に「あの大物姉妹」のナレーションが流れたため、人物が特定される。この当該タレントが「発言は真実ではない」とし、名誉毀損と計約1100万円の損害賠償を求めて東京地方裁判所に訴訟。2006年(平成18年)7月28日、東京地裁は「社会的評価に影響を与えた」と認定、岡田に計約66万円の支払いを命じる判決を下した。岡田美里 フレッシュアイペディアより)

  • まちだあきこ

    まちだあきこから見た叶姉妹叶姉妹

    その後、ものまねネタも行っていた。主なレパートリーには、西田ひかる、中山美穂、叶姉妹、YOU、さゆり(かつみ?さゆり)、中村玉緒、工藤静香、磯野貴理、スザンヌ、仲間由紀恵、はいだしょうこなど。また、中山美穂や工藤静香などの曲に合わせてめくりをしながら、その紙に書いてある内容の振り付けをするという芸や、めくりをしながら替え歌を歌うネタ、KARAのメンバー・ギュリの物真似をしながら、めくりで「K-POPのこりゃイカン!」シリーズのネタを披露するもの、などがあった。なお、本人は「KARAヲタ」を自称、これをブログのタイトルなどにも使っている。まちだあきこ フレッシュアイペディアより)

  • 寝取られ

    寝取られから見た叶恭子叶姉妹

    叶恭子:『3P トリオリズム』という著書があり、二人の男とのセックス、嫉妬がもたらす興奮などが女性視点から描かれている。「すべては愛の行為」という自作自演の映像作品でもジェラシーをコンセプトに白人男性二人とのラブシーンを演じて見せた。寝取られ フレッシュアイペディアより)

  • 平塚競輪場

    平塚競輪場から見た叶姉妹叶姉妹

    一競輪場でありながらタレントのイメージキャラクター起用にも積極的で、過去に杉山清貴(競輪場のテーマ曲制作)や小池栄子(後に競輪全体のキャラクターに昇格)が務めており、カンニング(起用時にはコンビで務めていた)竹山隆範も「応援団長」として務めたことにより「カンニング竹山杯」という竹山の名を冠したFIIナイター競走も開催された。また髭男爵と岡田茜もイメージキャラクターを務めており、直近では西城秀樹も務めていた。なお最初に導入されたチャリロトについてもイメージキャラクターとして叶姉妹を起用している。平塚競輪場 フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「叶姉妹」のニューストピックワード