519件中 121 - 130件表示
  • 飯沼春樹

    飯沼春樹から見た司法試験司法試験

    1973年(昭和48年)、東京大学法学部を卒業。同時に第28期司法試験に合格。司法修習の後、1976年(昭和51年)4月に第一東京弁護士会に弁護士登録を行い、弁護士活動を開始。飯沼春樹 フレッシュアイペディアより)

  • ウチはおおきい

    ウチはおおきいから見た司法試験司法試験

    在学中に国家公務員I種や司法試験にも受かるなどしており、それ以外にもジャンルを問わず無数に資格を保有している。ウチはおおきい フレッシュアイペディアより)

  • 芝垣美男

    芝垣美男から見た司法試験司法試験

    1969年北海道大学法学部卒業。在学中に司法試験合格。1974年弁護士登録。芝垣美男法律事務所所長。1984年室蘭落語長屋に参加し、本格的に落語家活動も始める。1994年(平成6年)全日本社会人落語選手権大会で準優勝。2010年現在、北海道素人落語協会会長。芝垣美男 フレッシュアイペディアより)

  • 宍戸常寿

    宍戸常寿から見た司法試験司法試験

    1995年10月 - 司法試験合格宍戸常寿 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木喜久子

    鈴木喜久子から見た司法試験司法試験

    1965年4月、中央大学法学部入学。1969年3月に同学部卒業後、1980年9月に8回目の受験・女性合格者中最高齢の44歳で司法試験に合格し、司法修習(35期)。合格をメディアが取り上げ、同年12月、第31回NHK紅白歌合戦に審査員として出演する。1987年、弁護士事務所開業、1988年4月、第一東京弁護士会登録。鈴木喜久子 フレッシュアイペディアより)

  • 塩谷安男

    塩谷安男から見た司法試験司法試験

    福岡県出身。東京都立日比谷高等学校を卒業後、一橋大学法学部に進学。日比谷高校では同期の内田樹(フランス現代思想研究、神戸女学院大学教授)、橋本昇二(弁護士、元東京高等裁判所判事)らと交流があった。1975年(昭和50年)3月に一橋大学を卒業後、同年10月に司法試験に合格する。1978年(昭和53年)4月には 東京地方検察庁にて検事任官。福岡地方検察庁検事等を経て、1985年法務省法務総合研究所教官。1989年(平成元年)3月に検事退官する。塩谷安男 フレッシュアイペディアより)

  • グスタフ・ハイネマン

    グスタフ・ハイネマンから見た司法試験司法試験

    弁護士を志していたハイネマンは学業に戻り、1919年からミュンスター、マールブルク、ミュンヘン、ゲッティンゲン、ベルリンの各大学で法学を学び、1921年に第一次法曹試験(司法修習試験)に合格し卒業。1921年、マールブルク大学から最初の政治学博士号を授与される。1926年に第二次法曹試験(国家司法試験)に合格。同時にエッセンで弁護士を開業。同年、ヒルダ・オルデマンと結婚。一男三女をもうける。彼女はマールブルク大学でルドルフ・カール・ブルトマンの下でプロテスタント神学を学んでおり、教会で働いていた。彼女らを通じてハイネマンはスイス人神学者カール・バルトと知己になり、全く無宗教だった彼がキリスト教に目覚め、民族主義や反セム主義に対する拒絶の思いを強くしていく。1929年にはミュンスター大学で法学博士号を取得した。同年、法律に関する最初の著書を出版。1929年から1949年までエッセンの製鉄所で弁護士を務める。1933年からはケルン大学で法学を講義した。グスタフ・ハイネマン フレッシュアイペディアより)

  • ローマン・ヘルツォーク

    ローマン・ヘルツォークから見た司法試験司法試験

    バイエルン州ランツフートにプロテスタントの家庭に生まれる。父親は会社員ののちランツフート市公文書館館長になった。母は銀行に勤め、結婚後も仕事を続けた職業婦人。1953年、平均評定1.0(日本でいうオール5)の優秀な成績でアビトゥーアに合格し、ミュンヘン大学に入学して法学を学び、1957年に司法修習、1961年に国家司法試験に合格。1958年に法学博士号を取得。同年結婚し二男をもうける。1964年までミュンヘン大学で助手を務め、その間教授資格を取得。1965年にミュンヘン大学私講師。1965年、ベルリン自由大学で国法学及び政治学の正教授に就任。1967‐1968年に法学部長、1968?1969年に同副学部長。1969年からシュパイアー行政大学院で国法学と政治学の教鞭を執る。1971?1972年、同学長。ドイツ連邦共和国基本法に関する基礎文献である注釈書の共同編者の一人である。法学・政治学に関する著書多数。ローマン・ヘルツォーク フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の塔 (小説)

    太陽の塔 (小説)から見た司法試験司法試験

    「私」の一番の悪友で法学部5回生。司法試験受験生。私にペンペン草も生えないほどの不毛な知識を授ける一方で時に非常に弁が立ち、情報収集能力にも長けている。一度女子高生と付き合ったことがあるが、彼自身の作戦によって破局した。また、私らの妄想を掻き立てる役を進んでかってでている。この彼の能力及び行動によって私をめぐる物語は急転していく。毅然とした女性および病弱に見える女性に目が無く、彼の脳内には「注目に値する女性リスト」なるものがある。「四条河原町ええじゃないか騒動」を提言した男。太陽の塔 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 曲壽郎

    曲壽郎から見た司法試験司法試験

    GHQ歴史課勤務を経て1951年(昭和26年)11月、司法試験に合格曲壽郎 フレッシュアイペディアより)

519件中 121 - 130件表示

「司法試験」のニューストピックワード