414件中 11 - 20件表示
  • LEC東京リーガルマインド大学

    LEC東京リーガルマインド大学から見た司法試験司法試験

    大学の講義と資格予備校の完全分離を文部科学省に勧告される前は司法試験や司法書士などの資格を目指す学生は1年生の初期から講義がつまったスケジュールとなっていたが文部科学省の勧告後は、司法試験や司法書士などの資格を目指す学生の大学の講義と予備校の講義がつまってしまうというデメリットは解消された。また、資格試験に合格した際には合格報奨金制度によって5万?50万円が支給されたり、ディズニーランドのチケットの贈呈などのインセンティブ制度もある。LEC東京リーガルマインド大学 フレッシュアイペディアより)

  • 中央大学

    中央大学から見た司法試験司法試験

    1999年(平成11年)7月のキャンパス購入から法務研究科の設置までの期間は、法職講座市ヶ谷研究室が設置され、司法試験受験者の講座や自習室が置かれていたが、法務研究科の際に駿河台記念館へ移転した。なお法務研究科1期生の修了に合わせて2006年(平成18年)4月から2010年(平成22年)3月まで市ヶ谷駅前に法職講座市ヶ谷別館(千代田区五番町4-7)を設置し、修了から司法試験合格までの学習拠点となる法務研修施設が使用してきたが、市ヶ谷田町キャンパスの開校に伴い移転した。中央大学 フレッシュアイペディアより)

  • 青春の蹉跌

    青春の蹉跌から見た司法試験司法試験

    A大学法学部に通う江藤賢一郎は、学生運動をキッパリと止め、アメリカン・フットボールの選手として活躍する一方、伯父・田中栄介の援助をうけてはいるが、大橋登美子の家庭教師をしながら小遣い銭を作っていた。やがて、賢一郎はフットボール部を退部、司法試験に専念した。登美子が短大に合格、合格祝いにと賢一郎をスキーに誘った。ゲレンデに着いた二人、まるで滑れない賢一郎を背負い滑っていく登美子。その夜、燃え上がるいろりの炎に映えて、不器用で性急な二人の抱擁が続いた。青春の蹉跌 フレッシュアイペディアより)

  • 横粂勝仁

    横粂勝仁から見た司法試験司法試験

    愛知県豊田市出身。父・勝次(2010年に急逝)はトラック運転手。東京大学法学部に入学し、奨学金とアルバイトで学費をまかない、2005年に卒業、司法試験に合格した。横粂勝仁 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮健児

    宇都宮健児から見た司法試験司法試験

    1968年、司法試験合格。1969年、東大を中退して司法修習生となり、1971年、弁護士登録(東京弁護士会)。岡安法律事務所に入所。1979年、佐藤法律事務所に入所。1983年、宇都宮健児法律事務所を開設、後に東京市民法律事務所とする。宇都宮健児 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山 和也

    丸山和也から見た司法試験司法試験

    1969年に早稲田大学法学部を卒業。国家公務員上級甲種試験に合格し、法務省職員となる。1970年に司法試験に合格。1976年4月にはワシントン大学ロースクールに入学。卒業後、ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。1980年に日本に帰国する。丸山和也 フレッシュアイペディアより)

  • 盧武鉉

    盧武鉉から見た司法試験司法試験

    慶尚南道金海郡(現:金海市)進永邑(チニョンウプ)烽下(ポンハ)の貧しい農家に生まれる。母親は身ごもっている最中に胎夢を見たという。6歳ですでに千字文を諳んじた神童であった。小学校では生徒会長を務め、中学校では成績トップを争うほどだったが、貧困により1年の休学を余儀なくされている。苦しい家計を思い、一度は高校進学を諦めるが、兄の強い説得と助力で名門の釜山商高に進学した。当時商業学校からの花形コースであった銀行マンを志し、農協の就職試験を受けるも叶わず、卒業後に「三海工業」という小さな魚網会社に就職するが、その待遇に失望して一カ月半で退職。司法試験への挑戦を決意する。当時、高卒では司法試験を受ける資格が与えられなかったが、村外れのぼろ家に手を加えて「磨玉堂」と名づけて勉強の場とし、日雇い労働をしながら1966年11月に資格試験(司法及び行政要員予備試験)に、1971年に三級公務員の一次試験に合格。兵役をはさんで勉強を続け、1975年司法試験に合格した。司法研修院で研修を終えた後、1977年大田地方法院(裁判所)判事に就任。1978年判事を辞めて弁護士事務所を開業。租税関連の訴訟を専門としていたが、1981年に別の弁護士の代理として釜林事件の弁護を引き受けた事が転機となり、人権派弁護士として活動を始めた。盧武鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 法曹

    法曹から見た司法試験司法試験

    もともとは「下級の監獄官吏」の意味で、それが転じて「法を司る官僚」という意味になり、裁判官と検察官を指す言葉として用いられた。明治初期は、弁護士は代言人と呼ばれ、裁判官・検察官とは別に代言人試験があったが、後に高等文官試験を経て、戦後裁判官・検察官・弁護士の統一的な司法試験制度を採用するようになったことから、弁護士を含め法曹三者というようになった。法曹 フレッシュアイペディアより)

  • ゲアハルト・シュレーダー

    ゲアハルト・シュレーダーから見た司法試験司法試験

    1958年、国民学校 (de) の義務教育を終える。その後、レムゴー (Lemgo) の町の金物商で小売商人資格の取れる見習修業を受けると、1961年からゲッティンゲンで建設労働者および商店従業員として働いた。戦死者の一人息子として兵役義務から免除される。シュレーダーは、1962年から1964年にかけて、ジーゲンの夜間学校で中等教育修了資格 (de) を取得し、1964年から1966年にビーレフェルトで大学入学資格(アビトゥーア)を取得した後、1966年にゲッティンゲン大学に入学する。法学を専攻した。大学生だった1968年、最初の結婚をする(しかし数年で離婚)。1971年、第一次司法試験に合格し大学を卒業。司法修習生となる。1972年に二度目の結婚をするが、再び数年で離婚する。1976年、国家司法試験に合格し弁護士免許を取得。弁護士としては、ドイツ赤軍テロリストの弁護を担当したこともある。ゲアハルト・シュレーダー フレッシュアイペディアより)

  • 岡田克也

    岡田克也から見た司法試験司法試験

    妻の多津子は村上水軍の末裔の家柄で村上誠一郎の妹。父の村上信二郎は53歳の若さで亡くなっていて、村上家の家訓は「国家の大事には親兄弟の屍を乗り越えても戦え」だった。職業は医師である。日本最初の「女医学校」である東京女子医科大学を卒業した神経内科医である。岡田克也は司法試験を目指して東京大学法律相談所と云うサークルに所属していた。日本史の年号暗記が苦手な岡田は法令記憶も苦手で岡田克也は司法試験に敗北した。この東京大学法律相談所サークルにいた村上誠一郎という友人が第37回衆議院議員総選挙と第38回衆議院議員総選挙に出馬した。衆議院議員総選挙の選挙応援の村上候補の支援グループに妹の村上多津子がいた。まだ東京女子医科大学の女学生だったがこのときばかりは真面目な岡田克也の行動は素早かった。多津子の兄が選挙区の愛媛県に縛られている間に恋人同士としてデートを重ねた。岡田克也は村上誠一郎に自分の妹との交際が分かった時は「俺の知らない間に自分の父親が早く亡くなり父親代わりに育てた妹に手を出して」と彼が激怒したと回想している。岡田克也 フレッシュアイペディアより)

414件中 11 - 20件表示

「司法試験」のニューストピックワード