519件中 11 - 20件表示
  • 予備校

    予備校から見た司法試験司法試験

    その他、特定の会社・職種の採用試験(公務員試験、客室乗務員、パイロット、アナウンサー、司法試験、気象予報士、医師国家試験、薬剤師国家試験など)に対応した予備校も存在している。予備校 フレッシュアイペディアより)

  • 津野修

    津野修から見た司法試験司法試験

    1938年10月に生まれ、高等学校を卒業するまで愛媛県で過ごした。京都大学に進学し、法学部で主として私法を学んだ。なお、在学中に国家公務員採用上級試験と司法試験の双方に合格している。1962年3月、京都大学を卒業した。同年4月、大蔵省に入省した。津野修 フレッシュアイペディアより)

  • 木内道祥

    木内道祥から見た司法試験司法試験

    徳島県徳島市出身。神戸市の進学校を卒業後、東京大学へ進学。学生運動への参加経験がある。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。司法修習修了後、「組織に属するのではなく、独立して仕事ができる」という理由から弁護士になった。木内道祥 フレッシュアイペディアより)

  • 法曹

    法曹から見た司法試験司法試験

    もともとは「下級の監獄官吏」の意味で、それが転じて「法を司る官僚」という意味になり、裁判官と検察官を指す言葉として用いられた。明治初期は、弁護士は代言人と呼ばれ、裁判官・検察官とは別に代言人試験があったが、後に高等文官試験を経て、戦後裁判官・検察官・弁護士の統一的な司法試験制度を採用するようになったことから、弁護士を含め法曹三者というようになった。法曹 フレッシュアイペディアより)

  • 横粂勝仁

    横粂勝仁から見た司法試験司法試験

    愛知県豊田市出身。父・勝次(2010年に急逝)はトラック運転手。東京大学法学部に入学し、奨学金とアルバイトで学費を賄い、2005年に卒業、司法試験に合格した。横粂勝仁 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山和也

    丸山和也から見た司法試験司法試験

    1969年に早稲田大学法学部を卒業。国家公務員上級甲種試験に合格し、法務省職員となる。1970年に司法試験に合格。1976年4月にはワシントン大学ロースクールに入学。卒業後、ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。1980年に日本に帰国。丸山和也 フレッシュアイペディアより)

  • ビギナー (テレビドラマ)

    ビギナー (テレビドラマ)から見た司法試験司法試験

    ドラマ様式としては平凡な元OL、元不良、リストラされかけた元管理職など、年齢も境遇も異なる8人の男女が、司法試験(旧司法試験)合格後の司法修習で葛藤・奮起する姿を、コミカルにあるいはシリアスに描いた「青春群像劇」である。特定の人物の恋愛やサクセスストーリーだけではない描き方が、他の月9ドラマと異なる趣をみせている。ビギナー (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • おかしな刑事

    おかしな刑事から見た司法試験司法試験

    司法試験に一発で合格するなど才色兼備に見えるが、料理と片付けができない。特別な事情を抱えた事件の指揮を執ることが多いが、取り調べ中に被疑者を殴って謹慎させられたこともある(第2作)。おかしな刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 正義は勝つ

    正義は勝つから見た司法試験司法試験

    幼くして母を亡くし、父子家庭に育つ。子供の頃から父・謙次郎の弁護士事務所に出入りしていた。淳平が高校生になって間もなく謙次郎がある案件に際し、依頼人の不正を知って苦悩した際にはその背中を後押しして告発に踏み切らせた。だが、その結果、謙次郎は横領罪で逆に告発されて有罪判決を受け、弁護士資格を剥奪された後、自殺。父の事務所に出入りしていた大内が育て親となり進学し、司法試験に合格した。正義は勝つ フレッシュアイペディアより)

  • 文在寅

    文在寅から見た司法試験司法試験

    1978年の除隊後、父が心臓発作で59歳(数え年)で急死、突然この世を去った父に息子が出世する姿を見せてあげられなかったという悔恨の念から司法試験の準備をすることを決意。全羅南道海南郡の大屯寺で司法試験の勉強に集中。1980年に慶煕大学校を卒業した後、合格率2.9%と言われた第22回司法試験に合格。全斗煥率いる軍部が民主化運動を弾圧した光州事件に伴う非常戒厳の全国拡大措置による予備検束で逮捕され、司法試験合格通知書は拘置所で受け取った。司法修習の同期には、2011年10月からソウル市長を務めている朴元淳がいる。司法修習中の1981年に金正淑と結婚(1982年に長男、1983年に長女が誕生)。文本人が語ったところによると、プロポーズは金からで、文が友達と一緒にいたところに金が来て、突然「在寅、あなたは私と結婚するの?しないの? 早く答えて!」と言われ、びっくりして「わかった」と答えたという。1982年に司法修習を次席で修了したが、デモと運動家としての経歴のため、志望していた裁判官になれず、弁護士になった。「法律家は庶民を助けるべきだ」との考えからなど大手の法律事務所からのオファーを断り、釜山で活動していた弁護士・盧武鉉の法律事務所に入所し、「弁護士盧武鉉・文在寅合同法律事務所」を開設。盧武鉉らと共に釜林事件の弁護を担当する。その後、釜山地方弁護士会人権委員長や釜山YMCA(キリスト教青年会)理事など要職を務める傍ら、時の全斗煥政権に反対する民主化運動に取り組んだ。文在寅 フレッシュアイペディアより)

519件中 11 - 20件表示

「司法試験」のニューストピックワード