519件中 21 - 30件表示
  • ゲアハルト・シュレーダー

    ゲアハルト・シュレーダーから見た司法試験司法試験

    1958年、の義務教育を終える。その後、レムゴーの町の金物商で小売商人資格の取れる見習修業を受けると、1961年からゲッティンゲンで建設労働者および商店従業員として働いた。戦死者の一人息子として兵役義務から免除される。シュレーダーは、1962年から1964年にかけて、ジーゲンの夜間学校でを取得し、1964年から1966年にビーレフェルトで大学入学資格(アビトゥーア)を取得した後、1966年にゲッティンゲン大学に入学する。法学を専攻した。大学生だった1968年、最初の結婚をする(しかし数年で離婚)。1971年、第一次司法試験に合格し大学を卒業。司法修習生となる。1972年に二度目の結婚をするが、再び数年で離婚する。1976年、国家司法試験に合格し弁護士免許を取得。弁護士としては、ドイツ赤軍テロリストの弁護を担当したこともある。ゲアハルト・シュレーダー フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見た司法試験司法試験

    双恵学園、開成高等学校を経て東京大学に入学した。国家公務員試験上級職甲種(法律職)試験と司法試験に合格し、1966年に東京大学法学部を卒業した。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 朴元淳

    朴元淳から見た司法試験司法試験

    1956年3月26日に慶尚南道昌寧郡で二男五女の次男として生まれた。京畿高等学校に入学して、1974年に卒業した。1975年にソウル大学校社会系に入学したが、入学して数ヶ月後に朴正煕政権に反対する学生運動と関連して緊急措置違反で拘束され、大学を除籍された。その後、檀国大学校史学科に再入学して卒業した。1980年、第22回司法試験に合格。司法修習の同期には、のちに第19代大統領となった文在寅がいる。1982年に検事となり、大邱地方検察庁に配属されるが6ヶ月で辞職し、翌年弁護士となる。朴元淳 フレッシュアイペディアより)

  • 税理士

    税理士から見た司法試験司法試験

    税理士になるためには、制度上複数の方法がある。税理士試験のみによる資格取得は時間がかかるため、大学院修了による一部科目免除を用いるルートなどが行われている。その他のルートとしては、弁護士となるための司法試験に合格すること、或いは公認会計士となるための公認会計士試験に合格すること等が挙げられる。なぜなら弁護士と公認会計士は税理士法上当然に税理士になれるからである。そして、1年間あたりの合格者の人数は、税理士試験よりも司法試験や公認会計士試験のほうが合格者の数が多い。税理士 フレッシュアイペディアより)

  • 盧武鉉

    盧武鉉から見た司法試験司法試験

    アメリカ統治時代の1946年9月1日に慶尚南道金海郡(現:金海市)進永邑(チニョンウプ)烽下(ポンハ)村(マウル)の貧しい農家である父・盧判石(ノ・パンソック)、母・李順礼(イ・スンレ)の三男二女の末っ子に生まれる。母親は身ごもっている最中に胎夢を見たという。6歳ですでに千字文を諳んじた神童であった。テチャン小学校の学籍簿には『小農で生活は下流』と記されたが、小学校では生徒会長を務め、中学校では成績トップを争うほどだったが、貧困により1年の休学を余儀なくされている。苦しい家計を思い、一度は高校進学を諦めるが、兄の強い説得と助力で名門のに進学して警備員のバイトをして日銭を稼いだ。当時商業学校からの花形コースであった銀行マンを志し、農協の就職試験を受けるも叶わず、卒業後に「三海工業」という小さな魚網会社に就職するが、その待遇に失望して一カ月半で退職。司法試験への挑戦を決意する。盧武鉉は自著に貧しさ故に高卒で社会に出たこと、就職に失敗して独学で弁護士の道を志すようになったことは、盧武鉉の政治家人生における一種の稀少価値となったと記している。当時、高卒では司法試験を受ける資格が与えられなかったが、故郷に帰って村外れのぼろ家に手を加えて「磨玉堂」と名づけて勉強の場とし、日雇い労働をしながら1966年11月に資格試験(司法及び行政要員予備試験)に、1971年に三級公務員の一次試験に合格。兵役をはさんで勉強を続け、1975年に29歳で第17回司法試験に合格した後、盧に他の道が開けた。盧武鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 司法修習

    司法修習から見た司法試験司法試験

    司法修習(しほうしゅうしゅう)は、日本の司法試験合格後に法曹資格を得るために必要な裁判所法に定められた「司法修習生の修習」の通称である。司法修習を行っている者を司法修習生という。司法修習 フレッシュアイペディアより)

  • 明治大学

    明治大学から見た司法試験司法試験

    教授陣は明治大学の人物一覧を参照。法律学に特化した専門の図書館・ローライブラリー、模擬法廷等を完備する。「明治大学法曹会」の協力による「法務研究所」が開設されており、法科大学院修了生の司法試験合格を支援する。2011年司法試験合格者数は90名、合格率は23.5%だったが、2016年合格者数は36名、合格率は12.12%まで低下した。「教育効果が十分でない」として2017年度の補助金が基礎額を含めてゼロと評価された。累積合格率も低迷と判定され、2016年度の定員充足率も半分以下にとどまっている。明治大学 フレッシュアイペディアより)

  • 医師国家試験

    医師国家試験から見た司法試験司法試験

    医学部入試の競争率が高い一方で、医師国家試験の合格率は殆どの大学医学部で90パーセント前後と、司法試験など他の国家資格のそれよりも高くなっている。これは医師国家試験は「医学の正規の課程を修めて卒業すること」が受験の前提条件とされているためである。つまり、医学部入試に合格した後、最終学年(第6学年)にまで進級し、さらに卒業試験に合格して医学部を卒業するまでの一連の課程が必須となっており、結果的に医師国家試験にほぼ合格できる知識を備えていると見なされた者だけが受験できる。そのため、必ずしも試験自体が容易であるということにはならない。医師国家試験 フレッシュアイペディアより)

  • 福本修也

    福本修也から見た司法試験司法試験

    広島県生まれ。1988年3月、東京大学法学部卒業、同年10月司法試験合格。1991年、司法修習修了(43期)。同年4月、東京地検検事。1996年6月、アメリカのノートルダム大学ロースクール留学(刑事法、独禁法、連邦所得税法などを履修したとされる)。1997年6月、法務省民事局第4課(現商事課)局付検事。同局参事官室局付検事(成年後見制度立法担当)を経て、1999年7月、法務省刑事局刑事課局付検事(子会社の計算による利益供与罪創設の商法改正及びカード偽造対策の刑法改正の立法担当)。福本修也 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚勝

    飯塚勝から見た司法試験司法試験

    1966年青山学院大学法学部卒業、同年司法試験合格。1969年に裁判官に任官し、1985年に退官(主に民事事件担当)。退官後、弁護士登録。2004年青山学院大学法務研究科教授に就任。飯塚勝 フレッシュアイペディアより)

519件中 21 - 30件表示

「司法試験」のニューストピックワード