前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    ドラマ「北の国から'87」でれいちゃんと雨宿りをし、ズボンを脱ごうとした時に話しかけられ、焦りを3文字(=「あ、はい」の一言)で表現する吉岡秀隆博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 木曜劇場

    木曜劇場から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    2000年代以降は特に吉岡秀隆が主演、柴咲コウや時任三郎が共演した『Dr.コトー診療所』(2006年に続編が放送)、唐沢寿明・江口洋介主演でリメイクした『白い巨塔』を筆頭に、シリーズ化した『医龍-Team Medical Dragon-』、続編が制作された『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、俳優・緒形拳の遺作となった『風のガーデン』などの医療ドラマが多く放送され、いずれもヒットしている。しかし、ここ数年で2桁台での視聴率は2014年放送のディア・シスターを最後に1桁台と低迷状態が続いている。2017年10月クール終了までの時点で、2016年7月クール作品『営業部長 吉良奈津子』第1話で10.2%を記録したのを最後に、10%以上を一度も記録していない。さらに2017年7月クールの『セシルのもくろみ』第5話において、3.8%と史上初の3%台を記録した。さらに第6話で3.7%を記録し、これが本枠での2017年7月クール終了時点でのワースト記録である。木曜劇場 フレッシュアイペディアより)

  • Dr.コトー診療所 (テレビドラマ)

    Dr.コトー診療所 (テレビドラマ)から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    『Dr.コトー診療所』(ドクターコトーしんりょうじょ)は、フジテレビ系列で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は吉岡秀隆。山田貴敏による同名の漫画を原作とする。Dr.コトー診療所 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 猫弁

    猫弁から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    上記2作品とも主演は吉岡秀隆。脚本は原作者・大山淳子自身が務めた。猫弁 フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    第42作以降の4作品は、寅次郎の相手となる通常のマドンナに加え、さくらの息子満男(吉岡秀隆)が思いを寄せる泉(後藤久美子)がマドンナとして登場するようになり、寅次郎が満男のコーチ役にまわる場面が多くなり、満男が事実上の主役になっている。渥美が病気になり快活な演技ができなくなったため、満男を主役にしたサブストーリーを作成、満男の恋の相手が必要になったため、当初は予定されていなかった泉が登場することとなる。山田監督の話によれば実現しなかった第49作で二人の結婚を描く予定だった。男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 岡山市

    岡山市から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    ALWAYS 三丁目の夕日(2005年(平成17年)、監督:山崎貴、主演吉岡秀隆) ‐ 西大寺の門前町・五福通り商店街周辺がロケ地岡山市 フレッシュアイペディアより)

  • ALWAYS 三丁目の夕日

    ALWAYS 三丁目の夕日から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    『ALWAYS 三丁目の夕日』(オールウェイズ さんちょうめのゆうひ)は、西岸良平の漫画『三丁目の夕日』を原作とした2005年の日本映画である。主演は吉岡秀隆。11月5日公開。配給は東宝。製作は日本テレビ・読売新聞・小学館・電通など(製作委員会方式)。ALWAYS 三丁目の夕日 フレッシュアイペディアより)

  • 朔立木

    朔立木から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    死亡推定時刻(2006年9月9日、フジテレビ系、主演:吉岡秀隆朔立木 フレッシュアイペディアより)

  • 最後の赤紙配達人〜悲劇の召集令状64年目の真実〜

    最後の赤紙配達人〜悲劇の召集令状64年目の真実〜から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    2008年3月10日『3月10日東京大空襲 語られなかった33枚の真実』から始まった「シリーズ激動の昭和」の第三弾である。実在する人物、戦場への召集令状の配達人、西邑仁平氏を吉岡秀隆が演じた。この作品は同年、ギャラクシー賞で選奨、日本民間放送連盟賞優秀賞に選ばれた。視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べで11.1%を記録。最後の赤紙配達人〜悲劇の召集令状64年目の真実〜 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田玉恵

    沢田玉恵から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    宮本輝原作の映画『螢川』で女優としても高い評価を得て(公開は引退後になる)、『北の国から'87 初恋』に吉岡秀隆の相手役として出演する事も決定していたが、わずか半年で引退する(『北の国から』の代役は横山めぐみ)。引退の理由は、家族が芸能界入りに強く反対していたためだと言われている。堀越へ1年間通った後、地元の高校へ再入学する。再入学以後は、騒がれるのを防ぐため「真田珠代」という通名を使っていた。堀越の同級生で、仲の良かった西村知美とは引退後も連絡を取り合っており、現在も親交があるという。沢田玉恵 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「吉岡秀隆」のニューストピックワード