85件中 11 - 20件表示
  • 第29回日本アカデミー賞

    第29回日本アカデミー賞から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡秀隆(ALWAYS 三丁目の夕日)第29回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 上山雅輔

    上山雅輔から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    劇団若草からは、石橋蓮司,吉岡秀隆,桃井かおり,飯塚雅弓など数多くの俳優、女優、声優を輩出している。上山雅輔 フレッシュアイペディアより)

  • ガスマスクガール

    ガスマスクガールから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    モノマネが上手い。とんねるずのみなさんのおかげでしたの名物コーナーである「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」において「ALWAYS 三丁目の夕日」の吉岡秀隆のモノマネを披露し、絶賛された。ガスマスクガール フレッシュアイペディアより)

  • 中村はやと

    中村はやとから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    児童劇団出身の子役だったわけではなく、本来の満男役の赤ん坊がよくぐずり、撮影が度々中断するために、たまたま撮影所の近所の電気屋の子弟であった彼が臨時に代役にされ、そのまま続編でもこの役を演じ続けた。しかし中学進学ということで降板し、満男役は吉岡秀隆に交代した。中村はやと フレッシュアイペディアより)

  • 魔術はささやく

    魔術はささやくから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    山口智子、吉岡秀隆、浅野ゆう子(特別出演) 他魔術はささやく フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の映画

    1970年の映画から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    8月12日 - 吉岡秀隆、日本の俳優1970年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 浅倉卓弥

    浅倉卓弥から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    四日間の奇蹟(2005年6月4日公開、配給:東映、監督:佐々部清、主演:吉岡秀隆浅倉卓弥 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・カクテルバー

    ザ・カクテルバーから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    このザ・カクテルバーの成功で、その後市場には後発商品が相次ぐことになる。まずニッカウヰスキーからはザ・カクテルバーよりもさらに本格志向の「ニッカ ザ・カクテル200」が発売されるが、取り扱い店が酒店や一部量販店のみにしか広げられず、すぐに製造中止になった。また協和発酵からは1997年に「カクテルパートナー」が発売され、こちらは後発商品ながら好売り上げを記録し、その後も様々な種類が送り出されている。のちに協和発酵の酒類事業撤退により、2002年からアサヒビールに移管し、引き続き缶入りカクテル飲料として高い知名度を築いている。サントリーでも1996年に吉岡秀隆がCM出演し、250ml缶で販売されてヒットした「とっておき果実のお酒」(こちらも最盛期は20数種の製品が存在したが、現在は発売当初の北海道産の夕張メロン酒、山梨産の巨砲酒、福島産の白桃酒の3種類に戻っている)や同じく1996年に発売された「果実酒房」や「ビアカクテル」、「ワインカクテル」などを市場へ投入しており、低価格化商品が進展するまでは割と高いシェアを有していた。ザ・カクテルバー フレッシュアイペディアより)

  • 能登中島駅

    能登中島駅から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    2011年に放送されたサントリーBOSSコーヒーのコマーシャル「駅員篇」(出演:トミー・リー・ジョーンズ、吉岡秀隆、佐藤江梨子、ヒロシ、池脇千鶴)の舞台となった。能登中島駅 フレッシュアイペディアより)

  • ホームカミング KAI BOOTLEG SERIES Vol.1

    ホームカミング KAI BOOTLEG SERIES Vol.1から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡秀隆に提供した楽曲のセルフカバー。1994年発表のアルバム『太陽は死んじゃいない』収録曲のリメイク。東日本大震災の被災者支援のために配信されたバージョンとは異なる。(2011年録音)ホームカミング KAI BOOTLEG SERIES Vol.1 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「吉岡秀隆」のニューストピックワード