85件中 21 - 30件表示
  • 第18回日本アカデミー賞

    第18回日本アカデミー賞から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡秀隆(ラストソング)第18回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

  • サンドラッグ

    サンドラッグから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡秀隆 「誰かの陽だまりになろう。」篇(2007年6月 - 2008年5月)サンドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の映画

    2005年の映画から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    最優秀主演男優賞 - 吉岡秀隆(『ALWAYS 三丁目の夕日』)2005年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 虹をつかむ男

    虹をつかむ男から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    本作の主演は『寅次郎花へんろ』に出演予定だった西田敏行、ヒロイン役も同作でマドンナを演じる予定だった田中裕子である。さくら役だった倍賞千恵子、ひろし役だった前田吟、満男役だった吉岡秀隆の3人に至っては本作でも親子役であり、おいちゃん(3代目)役だった下條正巳、おばちゃん役だった三崎千恵子、源公役だった佐藤蛾次郎なども登場しており、寅さんファミリーの総出演と呼ばれることも多い。他にも『男はつらいよ』シリーズの準レギュラーや出演経験のある俳優が多く出演している。タコ社長役だった太宰久雄やポンシュウ役だった関敬六も出演予定だったが、ともに病気療養中であったため出演を断念している。虹をつかむ男 フレッシュアイペディアより)

  • 喪服のランデヴー

    喪服のランデヴーから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    大柴 総太 ‐ 吉岡秀隆喪服のランデヴー フレッシュアイペディアより)

  • 内片輝

    内片輝から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    CO 移植コーディネーターWOWOW/連続ドラマW(出演吉岡秀隆/ユースケ・サンタマリアほか)(監督 2011)内片輝 フレッシュアイペディアより)

  • グッドラック (曲)

    グッドラック (曲)から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    前作同様通常盤と2012年4月末日までの期間限定盤の2タイプで発売予定で、限定盤には『ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ』の劇伴音楽を努める佐藤直紀がアレンジを担当した「グッドラック」のストリングスバージョンがボーナストラックとして収録される他、吉岡秀隆や染谷将太等が出演する約35分のショートムービー『Good Luck』と「グッドラック」のミュージックビデオが収録されたDVDが付属する。また、限定盤と共に通常盤の初回プレス分にのみアリーナツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2012 "GOLD GLIDER TOUR"」の最速先行予約受付の応募券が封入される。グッドラック (曲) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の映画

    2007年の映画から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    最優秀主演男優賞 - 吉岡秀隆(『ALWAYS 続・三丁目の夕日』)2007年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 山口さんちのツトム君

    山口さんちのツトム君から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡ひでたか(吉岡秀隆)(LP『ユミちゃんの引越し・山口さんちのツトム君 みなみらんぼうのこどものうた』収録。ビクターの童謡集にしばしば収録される音源)山口さんちのツトム君 フレッシュアイペディアより)

  • 沢田玉恵

    沢田玉恵から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    宮本輝原作の映画『螢川』で女優としても高い評価を得て(公開は引退後になる)、『北の国から'87 初恋』に吉岡秀隆の相手役として出演する事も決定していたが、わずか半年で引退する(『北の国から』の代役は横山めぐみ)。引退の理由は、家族が芸能界入りに強く反対していたためだと言われている。堀越へ一年間通った後、地元の高校へ再入学する。堀越の同級生で、仲の良かった西村知美とは引退後も連絡を取り合っており、現在も親交があるという。沢田玉恵 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「吉岡秀隆」のニューストピックワード