103件中 31 - 40件表示
  • 司法記者

    司法記者から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    織田俊哉(特捜部検事) - 吉岡秀隆司法記者 フレッシュアイペディアより)

  • 八月の狂詩曲

    八月の狂詩曲から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    縦男(良江の息子):吉岡秀隆八月の狂詩曲 フレッシュアイペディアより)

  • サンドラッグ

    サンドラッグから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡秀隆 「誰かの陽だまりになろう。」篇(2007年6月 - 2008年5月)サンドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 博士の愛した数式

    博士の愛した数式から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    先生(19年後のルート) - 吉岡秀隆博士の愛した数式 フレッシュアイペディアより)

  • モルツ

    モルツから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    翌年アサヒビールが「スーパードライ」を投入し大ヒット。サントリーも追随し「サントリードライ」を発売する一方で、「モルツ」は山本浩二や古今亭志ん朝、藤竜也、五木ひろし、郷ひろみらをCMに起用し「私はドライではありません」というコピーで、当時から品質の良さを訴求していた。のちに1992年から1994年まで、当時電通のプランナーだった佐藤雅彦を中心に企画され、萩原健一、和久井映見の2人を起用した「うまいんだな、これがっ。」のキャッチフレーズを擁したCMが放映されると、真心ブラザーズ(当時はTHE真心ブラザーズ)による耳に残るCM曲「モルツのテーマ」も手伝って、次第に売り上げを伸ばしてゆく。この曲は1992年から1994年までのCM(和久井・萩原出演)で使用されていたが、2007年のリニューアルから「モルツのテーマ」の新バージョンのCM(吉岡秀隆、松下奈緒、次長課長他出演)で13年振りに復活、SPARKS GO GOがテーマを担当した。モルツ フレッシュアイペディアより)

  • 山口さんちのツトム君

    山口さんちのツトム君から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡ひでたか(吉岡秀隆)(LP『ユミちゃんの引越し・山口さんちのツトム君 みなみらんぼうのこどものうた』収録。ビクターの童謡集にしばしば収録される音源)山口さんちのツトム君 フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

    男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    諏訪満男:吉岡秀隆(成人)、中村はやと(少年時代)男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・カクテルバー

    ザ・カクテルバーから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    サントリーでも1996年に吉岡秀隆がCM出演し、250ml缶で販売されてヒットした「とっておき果実のお酒」(こちらも最盛期は20数種の製品が存在したが、最終的には発売当初の北海道産の夕張メロン酒、山梨産の巨峰酒、福島産の白桃酒の3種類に戻った後2008年ごろに販売を終了した)や同じく1996年に発売された「果実酒房」や「ビアカクテル」、「ワインカクテル」などを市場へ投入しており、商品の低価格化が進展するまでは割と高いシェアを有していた。ザ・カクテルバー フレッシュアイペディアより)

  • 朗読屋

    朗読屋から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    『朗読屋』(ろうどくや)は、山口発地域ドラマとしてNHK BSプレミアムにて2017年1月18日の22:00 - 22:59に放送された日本のテレビドラマ。荻上直子作。山口出身の詩人・中原中也の詩を中心に、詩の朗読に山口の美しい風景を絡めてファンタジックで心温まる物語として描く。主演は吉岡秀隆朗読屋 フレッシュアイペディアより)

  • 虹をつかむ男

    虹をつかむ男から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    本作の主演は『寅次郎花へんろ』に出演予定だった西田敏行、ヒロイン役も同作でマドンナを演じる予定だった田中裕子である。さくら役だった倍賞千恵子、ひろし役だった前田吟、満男役だった吉岡秀隆の3人に至っては本作でも親子役であり、おいちゃん(3代目)役だった下條正巳、おばちゃん役だった三崎千恵子、源公役だった佐藤蛾次郎なども登場しており、寅さんファミリーの総出演と呼ばれることも多い。他にも『男はつらいよ』シリーズの準レギュラーや出演経験のある俳優が多く出演している他、劇中で『男はつらいよ』の映像が流用されている。タコ社長役だった太宰久雄やポンシュウ役だった関敬六も出演予定だったが、ともに病気療養中であったため出演を断念している。虹をつかむ男 フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「吉岡秀隆」のニューストピックワード