103件中 71 - 80件表示
  • 笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル

    笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャルから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    『Dr.コトー診療所2006』 - 泉谷しげる、筧利夫、堺雅人、(※吉岡秀隆、蒼井優、時任三郎、桜井幸子、大森南朋)笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 倍賞 千恵子

    倍賞千恵子から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    映画『男はつらいよ』シリーズでは渥美清演じる主人公車寅次郎の妹:さくら役を演じ、人気を不動のものにした。『男はつらいよ』で共演した吉岡秀隆とは現在でも親交が深く、北海道野付郡別海町の倍賞の別荘に遊びに来た際には、(吉岡に)マッサージを頼むほどの仲である。倍賞千恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のテレビ (日本)

    2006年のテレビ (日本)から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    出演:吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎、大塚寧々、蒼井優、堺雅人他2006年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • キネマの天地

    キネマの天地から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    ゆきの息子・満男:吉岡秀隆キネマの天地 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎豊

    尾崎豊から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    弟分として、俳優の吉岡秀隆がいる。尾崎の影響を受け、曲作りを始めたという。吉岡が出演したフジテレビ系ドラマ『北の国から』では、尾崎の曲をBGMとして使ったこともある。生前、尾崎豊は自作の小説『幻の少年』を映画化することがあれば、吉岡を主人公にしたいと思っていた。尾崎豊 フレッシュアイペディアより)

  • 海賊とよばれた男

    海賊とよばれた男から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    2016年(平成28年)3月10日にキャスト陣の劇中ビジュアルが公開され、公開日が12月10日となることが発表された。7月28日に公式サイトにて特報映像が公開され、9月17日には公式サイトにて予告編映像が公開された。11月14日、東京国際フォーラムにて完成記念イベントと舞台挨拶が行われた。舞台挨拶へは主演の岡田や監督の山崎をはじめ、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、綾瀬はるか、堤真一、國村隼、小林薫がレッドカーペットに登壇した。海賊とよばれた男 フレッシュアイペディアより)

  • ネコニスズ

    ネコニスズから見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    モノマネが特技。とんねるずのみなさんのおかげでしたの名物コーナーである「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」において「ALWAYS 三丁目の夕日」の吉岡秀隆のモノマネを披露し、絶賛された。ネコニスズ フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の映画

    1970年の映画から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    8月12日 - 吉岡秀隆、日本の俳優1970年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 裕木奈江

    裕木奈江から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    1992年放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『北の国から'92巣立ち』では黒板純(吉岡秀隆)の恋人・松田タマコ役を演じて、純の子を妊娠し中絶するという衝撃的な内容で脚光を浴びる。さらに、翌1993年放送の日本テレビ系連続ドラマ『ポケベルが鳴らなくて』では友人の父(緒形拳)と不倫に陥り家庭を壊してしまう役を演じて社会現象を巻き起こし、確かな演技力に定評を得る。一方で、女性から共感を得られない役柄を自然体に演じたことにより、ドラマ制作をめぐるトラブルを契機に演じた裕木自身が「ぶりっ子」「嫌いな女優No.1」などとして女性誌から“女性の敵”であるかのような激しいバッシングを受けこととなる。この騒動のことを、後に「忙しかったので、バッシングを気にしている暇がなかった」「3-4時間ほどしか毎日寝る時間がなく、後から騒動を知ったほどだった」と語っている。裕木奈江 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本電信電話

    東日本電信電話から見た吉岡秀隆吉岡秀隆

    吉岡秀隆 - 本人出演は無く、ナレーション担当東日本電信電話 フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「吉岡秀隆」のニューストピックワード