109件中 21 - 30件表示
  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見たスタジオジブリ

    体の線が細く、繊細な演技が持ち味。若いころは、思い悩むごく普通の、等身大の青年役を演じた。人前で喋るのは苦手であるとして、TVのバラエティ番組やトーク番組にはめったに出演しないが、たまに出演するラジオ番組では、黒澤明監督との思い出話からバイクでの失敗談、スタジオジブリアニメが好きでロケ先にまでDVDを持って行った話まで、比較的プライベートな話題も語っている。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た勝野洋勝野 洋

    「いい町を感じた」篇 田中好子、勝野洋、河本準一、松下奈緒、井上聡と共演(2007年4月6日 - )吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た井川比佐志井川 比佐志

    「日本のどこかで 故郷の島」篇 中越典子、井川比佐志と共演 (2012年7月 - )吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見たビクターエンタテインメント

    5歳で劇団若草に所属し間もなくテレビ時代劇『大江戸捜査網』でデビュー。当時、吉岡 ひでたかの芸名で、子供向けの歌をいくつか吹き込んでいる。1976年に『山口さんちのツトム君』人気を受けて制作されたアルバム(パパ役が田中星児、ママ役が小鳩くるみで、ツトム君役が吉岡秀隆)の中で彼も『山口さんちのツトム君』を歌っている(この曲はビクターエンタテインメントから発売される童謡集にときどき収録される)。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見たTBSテレビ

    愛の償い(1976年、TBS吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た野村芳太郎

    1977年、野村芳太郎監督の『八つ墓村』で萩原健一演じる主人公・寺田辰弥の少年時代役を演じ、映画初出演。その後『遙かなる山の呼び声』の武志役オーディションで山田洋次監督に見出され、『男はつらいよ』シリーズ第27作『浪花の恋の寅次郎』から最終作と特別篇まで寅次郎の甥・満男役でレギュラー出演し、渥美清が病気になり派手な演技が出来なくなってからは登場シーンも増え、事実上の主役を演じた。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た吉備真備

    大仏開眼(2010年、NHK) - 主演 吉備真備 役吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た杉田成道

    『ラストソング』撮影の際、監督の杉田成道から、「ギターを練習しろ」と言われ練習していると、今度は「だったら曲を作れ」と言われ戸惑いながらも作った曲が、他の候補曲を退け主題歌、劇中歌として使われた。杉田は、「吉岡の歌がせつなくて心に響くいい歌なのを知っていたので、彼に作詞・作曲もしてもらいました」と語っている(「キネマ旬報」2005年 11月下旬号より)。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た田中星児

    5歳で劇団若草に所属し間もなくテレビ時代劇『大江戸捜査網』でデビュー。当時、吉岡 ひでたかの芸名で、子供向けの歌をいくつか吹き込んでいる。1976年に『山口さんちのツトム君』人気を受けて制作されたアルバム(パパ役が田中星児、ママ役が小鳩くるみで、ツトム君役が吉岡秀隆)の中で彼も『山口さんちのツトム君』を歌っている(この曲はビクターエンタテインメントから発売される童謡集にときどき収録される)。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡秀隆

    吉岡秀隆から見た鷲津名都江

    5歳で劇団若草に所属し間もなくテレビ時代劇『大江戸捜査網』でデビュー。当時、吉岡 ひでたかの芸名で、子供向けの歌をいくつか吹き込んでいる。1976年に『山口さんちのツトム君』人気を受けて制作されたアルバム(パパ役が田中星児、ママ役が小鳩くるみで、ツトム君役が吉岡秀隆)の中で彼も『山口さんちのツトム君』を歌っている(この曲はビクターエンタテインメントから発売される童謡集にときどき収録される)。吉岡秀隆 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「吉岡秀隆」のニューストピックワード