前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
356件中 1 - 10件表示
  • 母べえ

    母べえから見た吉永小百合吉永小百合

    元々は、1984年の読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞に「父へのレクイエム」という題名で応募され、優秀賞を受賞。山路ふみ子功労賞もあわせて受賞した。2007年12月、翌年の映画公開を前に、中央公論新社から『母べえ』として、単行本として刊行された。父・野上滋は、戦前から新島繁のペンネームで活躍したドイツ文学者、芸術研究者で、作品とは異なり、戦後も存命して、神戸大学教授などを歴任した。単行本収録時に吉永小百合と山田洋次のエッセイが添えられた。母べえ フレッシュアイペディアより)

  • 中平康

    中平康から見た吉永小百合吉永小百合

    この時期に日活のスター・システムが確立されたのに伴い、プログラムピクチャーを量産。スター中心の映画製作であっても、あくまでも「まず映画ありき」の姿勢で臨み、吉永小百合は後に「一番恐い監督でした」と語るなど、その演出姿勢は変わらず厳しいものであったとされる。中平康 フレッシュアイペディアより)

  • デュエット

    デュエットから見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合&和田弘とマヒナスターズ「寒い朝」デュエット フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯孝夫

    佐伯孝夫から見た吉永小百合吉永小百合

    寒い朝(作曲:吉田正、歌:吉永小百合、和田弘とマヒナスターズ、1962年5月)佐伯孝夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第4回日本レコード大賞

    第4回日本レコード大賞から見た吉永小百合吉永小百合

    第4回の大賞は、橋幸夫/吉永小百合の「いつでも夢を」に決定した。橋幸夫/吉永小百合それぞれ初の受賞。第4回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木一郎

    荒木一郎から見た吉永小百合吉永小百合

    ひとりの時も(デュエット:吉永小百合)(1967年、『協奏曲』主題歌)荒木一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

    男はつらいよ 寅次郎恋やつれから見た吉永小百合吉永小百合

    『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』(おとこはつらいよ とらじろうこいやつれ)は、1974年8月3日に公開された日本映画。マドンナ役に再び吉永小百合をむかえた男はつらいよシリーズ第13作目。同時上映は『超能力だよ全員集合!!』。男はつらいよ 寅次郎恋やつれ フレッシュアイペディアより)

  • 霧の子午線

    霧の子午線から見た吉永小百合吉永小百合

    岩下志麻と吉永小百合の2大女優が初共演ということもあり、話題を呼んだ作品でもある。霧の子午線 フレッシュアイペディアより)

  • 完全走破!日本縦断2002キロ高速道路の旅

    完全走破!日本縦断2002キロ高速道路の旅から見た吉永小百合吉永小百合

    いつでも夢を(橋幸夫・吉永小百合):村田JCT - 宮城県・福島県県界付近完全走破!日本縦断2002キロ高速道路の旅 フレッシュアイペディアより)

  • 暗い血の旋舞

    暗い血の旋舞から見た吉永小百合吉永小百合

    本作単行本の発売と並行する形で、NHK特集(20:00-20:45)『ミツコ 二つの世紀末』が、1987年5月4日から6月1日まで、5回にわたり放映された。吉永小百合が案内人を務め、光子の四男・カルルや、光子の三男・ゲオルフの孫にあたるソフィアなどに取材している。なお、光子に関するドキュメンタリー番組は、これ以前にもNHK特集『国境のない伝記―クーデンホーフ家の人びと』(1973年)があるほか、映像を追加した本番組の再放送版が、2002年4月29日から5月1日まで、3回にわたり放映されている。暗い血の旋舞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
356件中 1 - 10件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード