前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
491件中 1 - 10件表示
  • 映画女優 (1987年の映画)

    映画女優 (1987年の映画)から見た吉永小百合吉永小百合

    絹代をはじめとしたキャストの多くは実名が使われているが(牛原虚彦・梅村蓉子・大日方傳・栗島すみ子・鈴木伝明・林長二郎・坂東好太郎など)、主要キャストは名前の一部を変えて役名としている。また、絹代の代表作である『愛染かつら』『浪花女』が劇中劇として用いられ、上原謙と高田浩吉が本人役として出演、50年以上の時を経て吉永小百合が演じる絹代と共演している。映画女優 (1987年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 中平康

    中平康から見た吉永小百合吉永小百合

    この時期に日活のスター・システムが確立されたのに伴い、プログラムピクチャーを量産。スター中心の映画製作であっても、あくまでも「まず映画ありき」の姿勢で臨み、吉永小百合は後に「一番恐い監督でした」と語るなど、その演出姿勢は変わらず厳しいものであったとされる。中平康 フレッシュアイペディアより)

  • 草加次郎事件

    草加次郎事件から見た吉永小百合吉永小百合

    5月9日 - 7月22日、女優の吉永小百合宅に6通にわたる脅迫状を郵送。草加次郎事件 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正

    吉田正から見た吉永小百合吉永小百合

    勇気あるもの(1966年/吉永小百合&トニーズ)吉田正 フレッシュアイペディアより)

  • 母べえ

    母べえから見た吉永小百合吉永小百合

    元々は、1984年の読売女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞に「父へのレクイエム」という題名で応募され、優秀賞を受賞。山路ふみ子功労賞もあわせて受賞した。2007年12月、翌年の映画公開を前に、中央公論新社から『母べえ』として、単行本として刊行された。父・野上巖は、戦前から新島繁のペンネームで活躍したドイツ文学者、芸術研究者で、作品とは異なり、1940年に転向したため保釈された。戦後は神戸大学教授などを歴任した。単行本収録時に吉永小百合と山田洋次のエッセイが添えられた。母べえ フレッシュアイペディアより)

  • デュエット

    デュエットから見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合&和田弘とマヒナスターズ「寒い朝」デュエット フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆の踊子 (1963年の映画)

    伊豆の踊子 (1963年の映画)から見た吉永小百合吉永小百合

    『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、1963年(昭和38年)制作の日本映画。川端康成の同名小説の4度目の映画作品。西河克己監督。吉永小百合、高橋英樹主演。伊豆の踊子 (1963年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 暗い血の旋舞

    暗い血の旋舞から見た吉永小百合吉永小百合

    本作単行本の発売と並行する形で、NHK特集(20:00-20:45)『ミツコ 二つの世紀末』が、1987年5月4日から6月1日まで、5回にわたり放映された。吉永小百合が案内人を務め、光子の四男・カルルや、光子の三男・ゲオルフの孫にあたるソフィアなどに取材している。なお、光子に関するドキュメンタリー番組は、これ以前にもNHK特集『国境のない伝記―クーデンホーフ家の人びと』(1973年)があるほか、映像を追加した本番組の再放送版が、2002年4月29日から5月1日まで、3回にわたり放映されている。暗い血の旋舞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤利明

    佐藤利明から見た吉永小百合吉永小百合

    石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎、吉永小百合等を始めとする往年の国民的スター俳優の映画DVDや、その楽曲のCDの企画・制作・監修・解説執筆も行なう。映画DVDでは、東宝のハナ肇とクレージーキャッツ出演映画におけるオーディオコメンタリーのスタッフ・キャストへのインタビュー・聞き手を単独で担当。『クレージー映画大全―無責任グラフィティ』(フィルムアート社、1997年刊行)で、共著の鈴木啓之、町田心乱らと共に、同オーディオコメンタリーを担当した。佐藤利明 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯孝夫

    佐伯孝夫から見た吉永小百合吉永小百合

    寒い朝(作曲:吉田正、歌:吉永小百合、和田弘とマヒナスターズ、1962年5月)佐伯孝夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
491件中 1 - 10件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード