356件中 91 - 100件表示
  • 太陽銀行

    太陽銀行から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合 - 日本相互銀行時代から太陽銀行に至るまでイメージキャラクターを務めていた。太陽銀行 フレッシュアイペディアより)

  • クーデンホーフ光子

    クーデンホーフ光子から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合 - 1973年にNHK特集「ドキュメンタリードラマ 国境のない伝記」、1987年に「ミツコ 二つの世紀末」で、案内役兼光子を演じた、担当ディレクターは吉田直哉、音楽は冨田勲。クーデンホーフ光子 フレッシュアイペディアより)

  • 赤木圭一郎

    赤木圭一郎から見た吉永小百合吉永小百合

    同じ日活の後輩女優で共演の経験もある吉永小百合(赤木からは「ラビットちゃん」という愛称で呼ばれていた)は、赤木を「憧れの先輩だった」と語り、自身の著書や写真集、日活時代の思い出を語るインタビューなどで赤木とのエピソードや写真を挙げている。赤木圭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • NHKハートプロジェクト

    NHKハートプロジェクトから見た吉永小百合吉永小百合

    この「ハートプロジェクト」の根幹となる事業は、1995年の放送70周年記念事業の一貫として1994年からスタートしたイベント「NHKハート展」である。障害者が日々の生活で思っていることを「詩」に託し表現してもらい、それを各界の著名人がハートをモチーフにしたイラストにして描いてもらうというもので、毎年全国各地、そして世界各国でも展示会が行われてきた。2007年には、吉永小百合、所ジョージ、“ムツゴロウ”こと畑正憲、アキバ系アイドル“ショコタン”こと中川翔子などの著名人が協力した。「詩」を読んだ後に絵を見るとなんともいえない感動がある。NHKハートプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • P.A.

    P.A.から見た吉永小百合吉永小百合

    日本を代表する大女優。モデルは吉永小百合P.A. フレッシュアイペディアより)

  • 冨永理生子

    冨永理生子から見た吉永小百合吉永小百合

    プロデュースした全ての作品、中でも『北京原人』(1997年)、『デビルマン』(2004年)の2作に対する評価が極めて低く、どちらも東京スポーツ映画大賞の特別作品賞を受賞しているにもかかわらず、2度目の受賞の際には、「名誉のV2でございまーす」と、全く意に介さず、取り上げられた事を感謝するコメントをしている。『デビルマン』は最低映画を決定する「文春きいちご賞」(週刊文春主催、アメリカの「ゴールデンラズベリー賞」に範を取り設立された映画賞)の2004年度でも1位を獲得しており、続いてプロデュースした『北の零年』(2004年)、『バルトの楽園』(2006年)、『TANNKA』(2006年)、『まぼろしの邪馬台国』(2008年)と、いずれも作品としての評価は低く、「日本映画界最低のプロデューサー」とよばれている。東映では、単館系の作品とともに、2001年の『千年の恋 ひかる源氏物語』以降、吉永小百合の東映出演作に関わっている。冨永理生子 フレッシュアイペディアより)

  • 上野修 (ラジオプロデューサー)

    上野修 (ラジオプロデューサー)から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合のすてきなあなた(1970年)上野修 (ラジオプロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • おんなの劇場

    おんなの劇場から見た吉永小百合吉永小百合

    春の雪 (1970年2月27日 - 4月3日、原作:三島由紀夫、出演:吉永小百合他)おんなの劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ 柴又慕情

    男はつらいよ 柴又慕情から見た吉永小百合吉永小百合

    『男はつらいよ 柴又慕情』(おとこはつらいよ しばまたぼじょう)は、1972年8月5日に公開された日本映画。マドンナ役に吉永小百合をむかえた男はつらいよシリーズ第9作目。同時上映は『祭りだお化けだ!全員集合!!』。男はつらいよ 柴又慕情 フレッシュアイペディアより)

  • さゆり

    さゆりから見た吉永小百合吉永小百合

    さゆりは、日本の人名の一つ。元はユリの花の雅称で、そこから女性の名前ともなった。漢字では「小百合」「早百合」などと表記する。「さゆり」の名がつく代表的な人物に女優の吉永小百合がおり、彼女の熱心なファンは総じて「サユリスト」と呼ばれている。さゆり フレッシュアイペディアより)

356件中 91 - 100件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード