491件中 11 - 20件表示
  • 霧の子午線

    霧の子午線から見た吉永小百合吉永小百合

    岩下志麻と吉永小百合の2大女優が初共演ということもあり、話題を呼んだ作品でもある。配給収入は3.5億円。霧の子午線 フレッシュアイペディアより)

  • 泥だらけの純情

    泥だらけの純情から見た吉永小百合吉永小百合

    『泥だらけの純情』(どろだらけのじゅんじょう)は、藤原審爾の1962年に発表された短篇小説。1963年に吉永小百合と浜田光夫主演、1977年に山口百恵と三浦友和主演で映画化され、1991年にテレビドラマ化されている。泥だらけの純情 フレッシュアイペディアより)

  • 青春の海

    青春の海から見た吉永小百合吉永小百合

    石坂洋次郎の短篇小説「ザルと空気銃」の映画化。吉永小百合が中学教師に扮する。共演の渡哲也扮するチンピラとの恋模様も描かれる。伊豆の下田にてロケ。劇中登場する電車は伊豆急行。デビュー間もない、水谷豊が生徒役で出演。オープニングタイトルにもクレジットされている。青春の海 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本清平和賞

    谷本清平和賞から見た吉永小百合吉永小百合

    これまでに、俳優の吉永小百合や『はだしのゲン』の作者の中沢啓治などが受賞している。谷本清平和賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第26回NHK紅白歌合戦

    第26回NHK紅白歌合戦から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合(翌年の大河ドラマ『風と雲と虹と』出演)、栗原小巻、ペギー葉山(『歌はともだち』司会者)、和田アキ子、都はるみ、梓みちよ、ちあきなおみ、水前寺清子、由紀さおりらが挙がっていたという。第26回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 潮騒 (小説)

    潮騒 (小説)から見た吉永小百合吉永小百合

    2006年(平成18年)に神島は、愛を誓いプロポーズをするのに相応しい観光スポットとして、「恋人の聖地」の30か所の1つに選ばれ、神島灯台そばの広場に記念プレートが設置されている。また、「監的哨跡」は耐震補強を施され、文学碑や公園も整備され、2013年(平成25年)6月2日に完成記念式典が行われた。それを記念し、映画で初江を演じた吉永小百合が神島を訪れ、49年ぶりに漁民たちと対面することとなった。なお、撮影当時20歳だった組合長の息子・寺田信吉は、新治役の浜田光夫の代わりに時化の海へ飛び込むシーンにスタントマンとして出演していた。潮騒 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 長崎ぶらぶら節

    長崎ぶらぶら節から見た吉永小百合吉永小百合

    深町幸男監督、吉永小百合主演で、東映の配給により2000年9月15日に公開された。長崎ぶらぶら節 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の国からこんにちは

    世界の国からこんにちはから見た吉永小百合吉永小百合

    「世界の国からこんにちは」は、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)のテーマソングである。作詞:島田陽子、作曲:中村八大。1967年、三波春夫、坂本九、吉永小百合など複数の歌手による競作で各社からレコードが発売され、総売り上げは300万枚を超えた。世界の国からこんにちは フレッシュアイペディアより)

  • 小木津駅

    小木津駅から見た吉永小百合吉永小百合

    上り:いつでも夢を(吉永小百合・橋幸夫 ほか)小木津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木一郎

    荒木一郎から見た吉永小百合吉永小百合

    ひとりの時も(デュエット:吉永小百合)(1967年、『協奏曲』主題歌)荒木一郎 フレッシュアイペディアより)

491件中 11 - 20件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード