356件中 11 - 20件表示
  • 第56回NHK紅白歌合戦

    第56回NHK紅白歌合戦から見た吉永小百合吉永小百合

    終戦60年を記念し、吉永小百合が山梨県北巨摩郡小淵沢町(現:北杜市)のフィリア美術館から原爆詩を朗読した。その後、さだまさしの「広島の空」、森山良子・直太朗親子の「さとうきび畑」という平和を考える歌が続く演出がとられた。この2曲は、歌詞表示テロップの書体も特に楷書体になった。第56回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 星 由里子

    星由里子から見た吉永小百合吉永小百合

    星 由里子(ほし ゆりこ、1943年12月6日 - )は、日本の女優。東京都千代田区鍛冶町出身。身長164cm。千代田区立今川中学校を経て精華学園女子高等学校卒業(吉永小百合は1年後輩)。所属事務所は東宝芸能。星由里子 フレッシュアイペディアより)

  • 橋 幸夫

    橋幸夫から見た吉永小百合吉永小百合

    1962年、吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」が30万枚以上を売り上げる大ヒットとなり、第4回日本レコード大賞を受賞した。1966年、「霧氷」で再び第8回日本レコード大賞を受賞。人気と実力を兼ね備えた若手ナンバーワン歌手と目され、映画にも多数出演した。橋幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 赤胴鈴之助

    赤胴鈴之助から見た吉永小百合吉永小百合

    1957年にラジオ東京 (現TBSラジオ)でドラマ化され、公募で選ばれた当時小学生の吉永小百合や藤田弓子が出演した。後に参議院議員となる当時15歳の山東昭子も語り手として出演している。回によっては生放送や公開録音もあった。赤胴鈴之助 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原審爾

    藤原審爾から見た吉永小百合吉永小百合

    『太陽は狂ってる』日活、舛田利雄監督、1961年、浜田光夫、川地民夫、吉永小百合藤原審爾 フレッシュアイペディアより)

  • まぼろしの邪馬台国

    まぼろしの邪馬台国から見た吉永小百合吉永小百合

    『まぼろしの邪馬台国』(まぼろしのやまたいこく)は、宮崎康平による日本の書籍。宮崎の半生と邪馬台国が島原にあるという学説とを同時に記した作品であり、小説でもなく評論でもなく分類が難しい作品。2008年(平成20年)秋、吉永小百合主演で映画化された。まぼろしの邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年の音楽

    1963年の音楽から見た吉永小百合吉永小百合

    橋幸夫&吉永小百合「若い東京の屋根の下」1963年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • スター千一夜

    スター千一夜から見た吉永小百合吉永小百合

    最多出演者は歴代司会者にも名を連ねる吉永小百合の90回。以後、王貞治(72回)、坂本九・浅丘ルリ子(ともに58回)と続く。スター千一夜 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間 良子

    佐久間良子から見た吉永小百合吉永小百合

    1962年(昭和37年)、3月31日からイタリアのミラノで開かれた「ミラノ国際見本市」の中で、4月15日から4月19日まで開催された『ミラノ日本映画見本市』のため、4月10日、清水雅(東宝社長)を団長として、川喜多長政、奥山融、そして、映画会社各社代表女優の吉永小百合(日活)、星由里子(東宝)らと共に東映代表女優としてイタリアへ出発。岸惠子が日本からではなく現地参加でミラノで合流している。4月25日、帰国。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なイタリア訪問となった。佐久間良子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中絹代

    田中絹代から見た吉永小百合吉永小百合

    1985年には、又従弟の小林正樹監督により、毎日映画コンクールに「田中絹代賞」が創設され、映画界の発展に貢献した女優に贈られることとなった。第1回受賞者は吉永小百合田中絹代 フレッシュアイペディアより)

356件中 11 - 20件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード