356件中 21 - 30件表示
  • 1962年の音楽

    1962年の音楽から見た吉永小百合吉永小百合

    橋幸夫、吉永小百合「いつでも夢を」1962年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 日本万国博覧会

    日本万国博覧会から見た吉永小百合吉永小百合

    1967年発売。三波春夫(テイチク)・坂本九(東芝音楽工業)・吉永小百合(日本ビクター)・山本リンダ(ミノルフォン)・叶修二(日本グラモフォン)・弘田三枝子(日本コロムビア)・西郷輝彦(日本クラウン)・ボニー・ジャックス(キングレコード)の競作で発売され、総売上は300万枚を超えた。日本万国博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • アイドル

    アイドルから見た吉永小百合吉永小百合

    この経過から日本においては、主に外国について使われる言葉であり、人気芸能人は一般的に「スター」、テレビの普及していない時代の日本の芸能界の主力は映画で各映画会社のニューフェース制度もあり人気若手芸能人はほぼ映画俳優であり、一世を風靡した加山雄三・吉永小百合・浜田光夫などは特に「青春スター」と呼ばれていた。(映画の中のみでなら、1938年の松竹映画「愛染かつら」で使用された例がある)。本格的なテレビ時代の到来と日本の映画産業全体の斜陽化や1966年に人気絶頂のビートルズの来日公演が実現し、これをきっかけとしてザ・スパイダース・ザ・タイガース・ザ・テンプターズなどのグループ・サウンズブームが巻き起こって行く過程で、徐々に「青春スター」の呼称は廃れ、アイドルの呼称に取って代わられていった。アイドル フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤利明

    佐藤利明から見た吉永小百合吉永小百合

    石原裕次郎、小林旭、赤木圭一郎、吉永小百合等を始めとする往年の国民的スター俳優の映画DVDや、その楽曲のCDの企画・制作・監修・解説執筆も行なう。映画DVDでは、東宝のハナ肇とクレージーキャッツ出演映画におけるオーディオコメンタリーのスタッフ・キャストへのインタビュー聞き手を単独で担当、あるいは『クレージー映画大全―無責任グラフィティ』(フィルムアート社、1997年刊行)で共著の鈴木啓之、町田心乱らと共に同オーディオコメンタリーを担当した。その他、『ゴジラ』等の東宝特撮映画、市川崑作品等の多くのオーディオコメンタリーで、スタッフ・キャストへのインタビュー聞き手を担当した事でも広く知られている。佐藤利明 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーリボン賞 (映画)

    ブルーリボン賞 (映画)から見た吉永小百合吉永小百合

    主演女優賞 吉永小百合『キューポラのある街』ブルーリボン賞 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 毎日映画コンクール

    毎日映画コンクールから見た吉永小百合吉永小百合

    女優主演賞 吉永小百合『天国の駅』『おはん』毎日映画コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 日活

    日活から見た吉永小百合吉永小百合

    その頃に吉永小百合、浜田光夫、高橋英樹、渡哲也、山本陽子、和泉雅子、松原智恵子、梶芽衣子、藤竜也、杉良太郎といったいわゆる「日活グリーンライン」と呼ばれる新人スター達を生み出し、青春映画路線は後のアイドル映画の礎を築いたが、退潮を食い止めることは出来ず、主要劇場・事業所を次々と売却してしまう。日活 フレッシュアイペディアより)

  • コサキンDEワァオ!

    コサキンDEワァオ!から見た吉永小百合吉永小百合

    コミックソング、あまり聞かれない何だか妙な歌、意味不明な歌、おかしな歌、有名人の意外な歌、ヒット曲であっても聴き方によって珍妙に聞こえる歌などを「コサキンソング」として紹介している。「CD大作戦」では、これら「コサキンソング」が使用されることが多い。2004年にブレイクした松平健の『マツケンサンバII』や1987年にブレイクした吉永小百合の『奈良の春日野』なども、ブレイクする以前から紹介していた。コサキンDEワァオ! フレッシュアイペディアより)

  • 市川崑

    市川崑から見た吉永小百合吉永小百合

    2008年(平成20年)3月30日、お別れの会が成城の東宝撮影所第9ステージで開かれ、映画関係者や俳優ら850人が参列した。石坂浩二、岸惠子、吉永小百合、山田洋次ら18人が発起人となり、石坂・岸が弔辞を読んだ。その他、松岡功、高井英幸、角川春樹、角川歴彦、日枝久、黒鉄ヒロシ、篠田正浩、三谷幸喜、谷川俊太郎、西岡善信、原正人、和田誠、野上照代、浅丘ルリ子、佐久間良子、富司純子、島田陽子、浅野ゆう子、鈴木京香、松嶋菜々子、野田秀樹、岩城滉一、長塚京三、草笛光子、中村メイコ、藤村志保、萬田久子、中井貴惠、風吹ジュン、岸部一徳、うじきつよし、石橋蓮司、横山通乃、三条美紀、佐々木すみ江、岡本信人、渡辺篤史、尾藤イサオ、石倉三郎、清水紘治、辻萬長、三谷昇、大滝秀治、神山繁、加藤武、林隆三、杉葉子、中村敦夫、役所広司、あおい輝彦、中井貴一、豊川悦司、司葉子らが参列した。市川崑 フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆の踊子 (1963年の映画)

    伊豆の踊子 (1963年の映画)から見た吉永小百合吉永小百合

    『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、1963年制作の日本映画。川端康成の同名小説の4度目の映画作品。西河克己監督。吉永小百合、高橋英樹主演。伊豆の踊子 (1963年の映画) フレッシュアイペディアより)

356件中 21 - 30件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード

  • 日本教職員組合

  • スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜 2017

  • 進んでも地獄、戻っても地獄