356件中 51 - 60件表示
  • 叶修二

    叶修二から見た吉永小百合吉永小百合

    ポリドールからデビューし、「素敵なやつ」などのヒット曲を出す。1969年にレコード会社各社による競作で「世界の国からこんにちは」が発売された際は、ポリドールを代表して吹き込んだ。その際、他のレコード会社で吹き込んだ歌手は、テイチクが三波春夫、東芝が坂本九、ビクターが吉永小百合、日本コロムビアが弘田三枝子、日本クラウンが西郷輝彦、キングレコードがボニー・ジャックス、ミノルフォンが山本リンダであったが、結果として三波春夫盤の独り勝ちとなった。叶修二 フレッシュアイペディアより)

  • 半藤一利

    半藤一利から見た吉永小百合吉永小百合

    (井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子) 『憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言』(岩波書店[岩波ブックレット],2005年)、ISBN 4000093576半藤一利 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマモトキョージ

    ヤマモトキョージから見た吉永小百合吉永小百合

    シャープ『 アクオス 』/( 出演:吉永小百合ヤマモトキョージ フレッシュアイペディアより)

  • マイクロエース

    マイクロエースから見た吉永小百合吉永小百合

    有井製作所(アリイ)時代は世間の流行に合わせてキットを開発する傾向が強く、駄菓子屋的感覚で製品の質よりもタイムリーさを狙った物が多かった。1980年代のガンプラブーム時には、セル画やオリジナルストーリーブック(ミニサイズの漫画)が付属した『ザ★アニメージ』シリーズ、1984年頃にCMなどで話題になったエリマキトカゲやラッコといった動物、1990年の湾岸戦争直後のパトリオット・スカッドミサイルのシリーズなどをリリースしていた。1987年にフジTVのバラエティ番組『笑っていいとも』や『オレたちひょうきん族』の番組中で流行った吉永小百合の歌・『奈良の春日野』を元にした「鹿のフン」(尻からプラスチック玉のフンを出すマンガチックな鹿の模型) などは、アリイが流行に敏感でフットワークの軽いメーカーであったことを示す典型的な製品である。マイクロエース フレッシュアイペディアより)

  • 山本登喜子

    山本登喜子から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合- テレビドラマ「海は甦える」(1977年、TBS)山本登喜子 フレッシュアイペディアより)

  • 吉江善太

    吉江善太から見た吉永小百合吉永小百合

    カゴメ 「体内環境正常化」「ラブレ」(吉永小百合吉江善太 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉文夫

    小泉文夫から見た吉永小百合吉永小百合

    1975年に東京芸術大学教授に就任。一層の活躍が期待されていたが、多忙により癌の発見治療が遅れ、1983年8月20日、肝不全のため56歳の若さで没した。美智子皇太子妃(当時)や吉永小百合はじめ多くの著名人にもファンがおり、その早い死を惜しんだ。小泉文夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の映画

    2000年の映画から見た吉永小百合吉永小百合

    最優秀主演女優賞 - 吉永小百合(『長崎ぶらぶら節』)2000年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 嫁ぐ日まで

    嫁ぐ日までから見た吉永小百合吉永小百合

    作詞:佐伯孝夫/作曲:吉田正/歌:吉永小百合嫁ぐ日まで フレッシュアイペディアより)

  • 第25回日本アカデミー賞

    第25回日本アカデミー賞から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合(千年の恋 ひかる源氏物語)第25回日本アカデミー賞 フレッシュアイペディアより)

356件中 51 - 60件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード