491件中 51 - 60件表示
  • 坂東正男

    坂東正男から見た吉永小百合吉永小百合

    昭和27年(1952年)、成瀬巳喜男監督・高峰秀子主演の『稲妻』で、スチルの撮影チームのリーダーに抜擢され、その後、日活に引き抜かれて移籍し、石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』、小林旭主演の「渡り鳥」シリーズ、「あいつ」シリーズなどを担当。その他、宍戸錠主演の『殺しの烙印』(鈴木清順監督)といった話題作や、吉永小百合主演の『青春の風』なども担当し、優秀な撮影チームを率いて活躍した。とくに、小林旭、宍戸錠の作品が多く、中平康、西村昭五郎、鈴木清順監督の作品を多く手がける。また、『キネマ旬報』や『サンデー毎日』などのコンテストの受賞歴も多数に及ぶ。日活の衰退とともに昭和45年(1970年)引退。坂東正男 フレッシュアイペディアより)

  • ハクセツ (1965年生)

    ハクセツ (1965年生)から見た吉永小百合吉永小百合

    その容貌の美しさについては早くから認められており、岡部は「鼻筋が通っていて、大きな瞳が魅力的でした。顔も小ぶりで八頭身スタイル。柄は小さかったが目立つ存在だった」、高橋は「楚々とした雰囲気のある純日本風美人」と評し、具体的には「少女時代の吉永小百合」と喩えている。ただし気性的にはきつい馬であったという。ジョセツは「白い恋人」と呼ばれ、「芦毛の美人姉妹」との評もとった。人間のみならず、JRA顕彰馬となっているスピードシンボリがハクセツに想いを寄せていたというエピソードも伝えられている。ハクセツ (1965年生) フレッシュアイペディアより)

  • 江頭ゆい

    江頭ゆいから見た吉永小百合吉永小百合

    将来の夢は篠原涼子のようなナチュラルな演技ができる女優や吉永小百合のように着物が似合う女優になること。江頭ゆい フレッシュアイペディアより)

  • 癒されBar若本

    癒されBar若本から見た吉永小百合吉永小百合

    若本の渋い言葉からはじまる。吉永小百合ネタが非常に多い。癒されBar若本 フレッシュアイペディアより)

  • 湊かなえ

    湊かなえから見た吉永小百合吉永小百合

    北のカナリアたち(2012年11月3日公開、配給:東映、監督:阪本順治、主演:吉永小百合、原作:二十年後の宿題『往復書簡』所収)湊かなえ フレッシュアイペディアより)

  • SOUL RED 松田優作

    SOUL RED 松田優作から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合 (声のみの出演) …女優SOUL RED 松田優作 フレッシュアイペディアより)

  • 山本正美

    山本正美から見た吉永小百合吉永小百合

    遠縁に吉永小百合がいる(山本正美の妹の夫の母が、吉永の母の従兄弟の妻と姉妹同士)。また、佐良直美も遠縁にあたる(佐良の母方の大伯父である山口彰夫の妻と、吉永の母が姉妹同士)。山本正美 フレッシュアイペディアより)

  • 早川敦子 (英文学者)

    早川敦子 (英文学者)から見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む』集英社新書、2012 早川敦子 (英文学者) フレッシュアイペディアより)

  • 花は花よめ

    花は花よめから見た吉永小百合吉永小百合

    主演の吉永小百合にとって、芸者役も子持ちの役も本作が初めてとなった。本作の主演を務めるに当たり、東京花は花よめ フレッシュアイペディアより)

  • 徳山二郎

    徳山二郎から見た吉永小百合吉永小百合

    1966年1月、野村総合研究所に入社。1967年1月、同ニューヨーク事務所を開設して初代所長となり、その後、常務取締役、専務取締役を経て、1979年12月、取締役副社長に就任する。1980年12月、これからの日本には国際的に活躍できる人材の育成が必要と考え、野村マネジメント・スクールを創設し、専務理事・学長となる。この頃、中曽根総理のブレーンとなり政策提言を行っている。1986年10月、野村證券顧問に就任。なお、1987年には久米宏、吉永小百合らと共に第16回ベストドレッサー賞を受賞している。徳山二郎 フレッシュアイペディアより)

491件中 51 - 60件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード