491件中 61 - 70件表示
  • 若い人 (1977年の映画)

    若い人 (1977年の映画)から見た吉永小百合吉永小百合

    桜田淳子の映画(単独)主演第三回作品。ロケ地には原宿、赤坂東急ホテル、渋谷山手教会、活水女子短期大学(長崎)、めがね橋(長崎)などが使用された。1962年版(日活)で江波恵子役を演じた吉永小百合が特別出演している。ロケ先には1952年度版(東宝)の監督を務めた市川崑が訪れており、それがきっかけとなって1979年の『病院坂の首縊りの家』(東宝)への桜田の出演に繋がったと言われている。若い人 (1977年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 海は甦える

    海は甦えるから見た吉永小百合吉永小百合

    山本トキ:吉永小百合(少女時代:大平佳奈子)海は甦える フレッシュアイペディアより)

  • 学園ソング

    学園ソングから見た吉永小百合吉永小百合

    『美しい十代』をうたった三田明、『女学生』の安達明、『いつでも夢を』の橋幸夫と吉永小百合、『青春の城下町』の梶光夫,『草原の丘』の本間千代子、『下町の太陽』の倍賞千恵子、『愛と死をみつめて』の青山和子などがいる。学園ソング フレッシュアイペディアより)

  • 品川正治

    品川正治から見た吉永小百合吉永小百合

    『憲法を変えて戦争に行こう―という世の中にしないための18人の発言』(井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・黒柳徹子・猿谷要・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり共著、岩波書店:岩波ブックレット、2005年、ISBN 4000093576)品川正治 フレッシュアイペディアより)

  • トニーズ

    トニーズから見た吉永小百合吉永小百合

    一時、田村正和や竹脇無我等も参加した。後に三上真一郎を抜いた4名はトニーズと改名、1966年ビクターレコードより、吉永小百合とトニーズとして「勇気あるもの」をリリース、ミリオンセラーとなる。トニーズ フレッシュアイペディアより)

  • さゆり

    さゆりから見た吉永小百合吉永小百合

    さゆりは、日本の人名の一つ。元はユリの花の雅称で、そこから女性の名前ともなった。漢字では「小百合」「早百合」などと表記する。「さゆり」の名がつく代表的な人物に女優の吉永小百合がおり、彼女の熱心なファンは総じて「サユリスト」と呼ばれている。さゆり フレッシュアイペディアより)

  • 木村裕一

    木村裕一から見た吉永小百合吉永小百合

     井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・中村哲・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・森永卓郎・吉永小百合・渡辺えり子との共著木村裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 布瀬川集

    布瀬川集から見た吉永小百合吉永小百合

    広報担当役員として吉永小百合をイメージキャラクターに起用、東京ディズニーランドオフィシャルスポンサーに参加するなど、住宅業界NO1へ押し上げようと積極戦略をとった。布瀬川集 フレッシュアイペディアより)

  • 風の中を行く

    風の中を行くから見た吉永小百合吉永小百合

    白川渥の小説『ここは静かなり』が原作。本作の主演を務めた吉永小百合が設立した『吉永事務所』の初製作作品である。風の中を行く フレッシュアイペディアより)

  • NHKハートプロジェクト

    NHKハートプロジェクトから見た吉永小百合吉永小百合

    この「ハートプロジェクト」の根幹となる事業は、1995年の放送70周年記念事業の一環として1994年からスタートしたイベント「NHKハート展」である。障害者が日々の生活で思っていることを「詩」に託し表現してもらい、それを各界の著名人がハートをモチーフにしたイラストにして描いてもらうというもので、毎年全国各地、そして世界各国でも展示会が行われてきた。2007年には、吉永小百合、所ジョージ、“ムツゴロウ”こと畑正憲、アキバ系アイドル“ショコタン”こと中川翔子などの著名人が協力した。「詩」を読んだ後に絵を見るとなんともいえない感動がある。NHKハートプロジェクト フレッシュアイペディアより)

491件中 61 - 70件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード