356件中 61 - 70件表示
  • 中村哲 (医師)

    中村哲 (医師)から見た吉永小百合吉永小百合

    (共著者) 井筒和幸・井上ひさし・香山リカ・姜尚中・木村裕一・黒柳徹子・猿谷要・品川正治・辛酸なめ子・田島征三・半藤一利・ピーコ・松本侑子・美輪明宏・渡辺えり子・森永卓郎・吉永小百合中村哲 (医師) フレッシュアイペディアより)

  • 二十歳の原点ノート

    二十歳の原点ノートから見た吉永小百合吉永小百合

    11月3日、「吉永小百合を思い出してしまう」という理由で、日記帳の名前を「ジュディ」に変更。自分の性格や家族構成、オナニーをすることを告白。以後、「心の友」として語りかけるように日記を書くが、この習慣は自然に消滅する。二十歳の原点ノート フレッシュアイペディアより)

  • 風の中を行く

    風の中を行くから見た吉永小百合吉永小百合

    白川渥の小説『ここは静かなり』が原作。本作の主演を務めた吉永小百合が設立した『吉永事務所』の初製作作品である。風の中を行く フレッシュアイペディアより)

  • VIEW Suicaカード

    VIEW Suicaカードから見た吉永小百合吉永小百合

    JR東日本(本社)営業部などが運営主体である「大人の休日倶楽部」の会員証機能を兼ねたカードを2004年(平成16年)から発行しており、吉永小百合が広告キャラクターを務めている。VIEW Suicaカード フレッシュアイペディアより)

  • 歌謡大全集 (フジテレビ)

    歌謡大全集 (フジテレビ)から見た吉永小百合吉永小百合

    吉田正(フランク永井、橋幸夫、鶴田浩二、吉永小百合ほか)歌謡大全集 (フジテレビ) フレッシュアイペディアより)

  • テレビナイトショー

    テレビナイトショーから見た吉永小百合吉永小百合

    月曜日の内容については、この番組の前の時間帯(22時台)で生放送の歌謡番組『夜のヒットスタジオ』が放送されていた関係(ちなみに『ヒットスタジオ』のスタッフと『ナイトショー』のスタッフは同一であった)で、そのまま引き続き『ヒットスタジオ』の司会である前田武彦と芳村真理のコンビが『ナイトショー』月曜日の司会も担当。内容も『ヒットスタジオ』本放送でのゲスト歌手がそのまま居残って出演し、さしずめヒットスタジオ「延長戦」といった色彩の強い内容となっていた(ちなみに第1回(1969年3月31日放送)のゲストの一人として吉永小百合が登場しているが、これもこの日の『ヒットスタジオ』に吉永が出演(この日が吉永のヒットスタジオ初出演の回でもあった)していたことから、そのまま居残りの形でこの番組にも顔を出したことによるものである)。テレビナイトショー フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の映画

    1988年の映画から見た吉永小百合吉永小百合

    最優秀主演女優賞 - 吉永小百合(『つる?鶴?』、『華の乱』)1988年の映画 フレッシュアイペディアより)

  • 第6回日本レコード大賞

    第6回日本レコード大賞から見た吉永小百合吉永小百合

    第6回の大賞は、和田弘とマヒナスターズの「ウナ・セラ・ディ東京」と接戦となったが、青山和子の「愛と死をみつめて」に決定した。青山和子は初の受賞。18歳での受賞で、10代は第4回の橋幸夫(19歳)/吉永小百合(17歳)以来2年ぶり。第6回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 外科室

    外科室から見た吉永小百合吉永小百合

    貴船伯爵夫人:吉永小百合外科室 フレッシュアイペディアより)

  • YOU (テレビ番組)

    YOU (テレビ番組)から見た吉永小百合吉永小百合

    様々な著名人が人生の分岐点となった場所を女性司会者と一緒に訪ねるコーナー。1983年9月24日放送分では、吉永小百合が17歳のときに主演した映画『キューポラのある街』のロケ地の埼玉県川口市にある荒川土手を訪ねて思い出を語った。滅多に見られない貴重なインタビューで、後にNHKアーカイブスで放送されるほどリクエストが大きかった。YOU (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

356件中 61 - 70件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード

  • 日本教職員組合

  • スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE 〜さよなら絶望学園〜 2017

  • 進んでも地獄、戻っても地獄