491件中 71 - 80件表示
  • ここは静かなり

    ここは静かなりから見た吉永小百合吉永小百合

    『ここは静かなり』(ここはしずかなり)は、白川渥の小説である。作品は1956年に読売新聞に連載、書籍は大日本雄弁会講談社より刊行、のちに春陽文庫より文庫本が出版された。1956年11月に松竹で映画化、1969年には吉永小百合主演で『風の中を行く』のタイトルでテレビドラマ化された。ここは静かなり フレッシュアイペディアより)

  • わが心のかもめ

    わが心のかもめから見た吉永小百合吉永小百合

    主演は吉永小百合と加藤剛が務めた(両者はミュージカル初経験)。音楽は山本直純が手掛けた。演出は、後に『天と地と』や『大地の子』(脚本)を務める岡崎栄が担当した。わが心のかもめ フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクのイメージキャラクター

    ソフトバンクのイメージキャラクターから見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合(2013年9月3日 -)ソフトバンクのイメージキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • B.B.Joker

    B.B.Jokerから見た吉永小百合吉永小百合

    大介の母親。夫に言われたある一言がきっかけで極度の対人恐怖症に陥る。吉永小百合を尊敬し、加齢を非常に気にしている。8月16日生まれ。B.B.Joker フレッシュアイペディアより)

  • 出目昌伸

    出目昌伸から見た吉永小百合吉永小百合

    東宝退社後の1980年代中盤からは、東映で吉永小百合主演による『天国の駅』『玄海つれづれ節』、織田裕二、仲村トオル、風間トオルら若手スターによる反戦映画『きけ、わだつみの声』、岩下志麻と吉永小百合の2大女優初競演が話題となった『霧の子午線』など、大作映画を次々と手がける。2006年、『バルトの楽園』で10年ぶりにメガホンをとり、健在振りをアピールした。出目昌伸 フレッシュアイペディアより)

  • 橋幸夫・吉永小百合 夢のコンビ

    橋幸夫・吉永小百合 夢のコンビから見た吉永小百合吉永小百合

    1962年9月20日に発売された橋幸夫と吉永小百合のデュエット曲「いつでも夢を」(日本ビクター,VS-807)はその年30万枚以上を売上げる大ヒットとなり、第4回日本レコード大賞を受賞した。(現在までの売り上げ累計は250万枚)橋幸夫・吉永小百合 夢のコンビ フレッシュアイペディアより)

  • 長城コミューン

    長城コミューンから見た吉永小百合吉永小百合

    「グレート(バンブー)ウォール」はシャープのアクオスの広告(吉永小百合出演)に使用された。長城コミューン フレッシュアイペディアより)

  • 思春の泉

    思春の泉から見た吉永小百合吉永小百合

    本作は後にメインタイトルを原作どおりの『草を刈る娘』に変えている。時期と経緯は不明だが、原作2度目の映画化である西河克己監督、吉永小百合主演の日活作品『草を刈る娘』(1961年)の前後にタイトルを変えて再上映されたものと推測される。CS日本映画専門チャンネルで放映された国立近代美術館フィルムセンター所蔵版(2007年7月24日初回放映)では、メインタイトルが『思春の泉』ではなく『草を刈る娘』となっているのが確認できる。ただし、現在においても正式名称は、キネマ旬報その他のデータベースでは『思春の泉』とされることから、本項目もそれに従った。思春の泉 フレッシュアイペディアより)

  • 天国の駅 HEAVEN STATION

    天国の駅 HEAVEN STATIONから見た吉永小百合吉永小百合

    作詞:来生えつこ、作曲:井上陽水、編曲:星勝、唄:吉永小百合天国の駅 HEAVEN STATION フレッシュアイペディアより)

  • 華の乱

    華の乱から見た吉永小百合吉永小百合

    激動の、そして革命期でもある明治、大正。与謝野晶子(吉永小百合)は、愛、芸術、社会運動に命を燃やし、それぞれの目標へ行こうと必死に生き、花のように散っていく文化人たちに出会い、関東大震災の廃墟、そして大正を乗り越え、夫、寛(緒形拳)とともに生きた。華の乱 フレッシュアイペディアより)

491件中 71 - 80件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード