491件中 81 - 90件表示
  • 寒い朝

    寒い朝から見た吉永小百合吉永小百合

    「寒い朝」(さむいあさ)は1962年4月20日にビクターレコードから発売された吉永小百合のデビューシングル。和田弘とマヒナスターズと共演した。寒い朝 フレッシュアイペディアより)

  • ヒロシマ 〜あの時、原爆投下は止められた〜

    ヒロシマ 〜あの時、原爆投下は止められた〜から見た吉永小百合吉永小百合

    被爆者手記朗読:吉永小百合ヒロシマ 〜あの時、原爆投下は止められた〜 フレッシュアイペディアより)

  • デュエット12

    デュエット12から見た吉永小百合吉永小百合

    ビクター時代には、吉永小百合、三沢あけみ、金沢明子、山中みゆき、西川峰子らの女性歌手とデュエット曲を発表し、リバスターでは安倍里葎子とのデュエット「今夜は離さない」をヒットさせたが、このアルバムでは新人のテン・リーを相手に、多くのデュエット曲をカバーしている。自身の「いつでも夢を」「今夜は離さない」もカバーしている。デュエット12 フレッシュアイペディアより)

  • 西平風香

    西平風香から見た吉永小百合吉永小百合

    ニッポン大女優伝説2(2011年6月30日、TBS) - 吉永小百合西平風香 フレッシュアイペディアより)

  • 草刈裕之

    草刈裕之から見た吉永小百合吉永小百合

    ラジオ番組の「エンドー・ミュージックショーウィンドー」を担当していた時に吉永小百合がゲストに来た時には大感激し、心底「アナウンサーになって良かった」と思ったという。草刈裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 早船ちよ

    早船ちよから見た吉永小百合吉永小百合

    1934年(昭和9年)に文学者の井野川潔と結婚。浦和市に移り、1941年(昭和16年)、夫とともに文学同人誌「山脈」を創刊、初めての童話集『七ヒキノコガニ』を出版。1959年(昭和34年)より1960年(昭和35年)にかけて『キューポラのある街』を雑誌「母と子」に連載。同作は、1961年(昭和36年)に出版され、翌1962年(昭和37年)には日本児童文学者協会賞を受賞するとともに日活で吉永小百合主演により映画化された。その後も『キューポラのある街』の続篇を書き続ける一方、苦難の中でたくましく生きる女性や公害問題を追求する作品など社会性のある小説を発表した。晩年は、埼玉児童文化の会を中心とした児童文化運動を夫・井野川潔と二人三脚で推進した。2005年(平成17年)に老衰のため、神奈川県湯河原町の病院で死去。享年91。早船ちよ フレッシュアイペディアより)

  • 上杉達也

    上杉達也から見た吉永小百合吉永小百合

    和也の死後、中心的存在を欠いてしまった野球部は崩壊寸前の危機に立たされる。野球部主将の黒木は達也を和也亡き後の野球部のエースにしようと目論む。1度は断ったボクシング部のキャプテンだったが、2度目に有名人のサイン(原作では高橋留美子、アニメでは吉永小百合)で買収されて、野球部へ電撃移籍となる。上杉達也 フレッシュアイペディアより)

  • アマポーラ

    アマポーラから見た吉永小百合吉永小百合

    吉永小百合が出演するJR東日本“大人の休日倶楽部”「座禅篇」他のBGM曲として『Amapola(アマポーラ)』が使用されている。アマポーラ フレッシュアイペディアより)

  • ある日わたしは

    ある日わたしはから見た吉永小百合吉永小百合

    裏番組に日活のエース女優だった吉永小百合が出演する『娘たちはいま』(TBS)が放送されており、担当プロデューサーから 『視聴率で勝ったらハワイに連れて行ってやる』 と言われて張り切ったが、本作の視聴率は平均23%と大ヒット、一方『娘たちはいま』の平均視聴率は11%となって視聴率で勝利し、ハワイ旅行とカラーテレビをプレゼントしてもらったと言う。ある日わたしは フレッシュアイペディアより)

  • つる -鶴-

    つる -鶴-から見た吉永小百合吉永小百合

    日本の民話『鶴の恩返し』の映画化作品。吉永小百合の映画出演100本目の作品でもある。つる -鶴- フレッシュアイペディアより)

491件中 81 - 90件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード