296件中 101 - 110件表示
  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た三波春夫

    三波春夫の曲と思われがちの『世界の国からこんにちは』のレコードを、日本万国博覧会当時に出している(全部で7種類の歌い手による競作であった)。同博覧会開催の数年前に、この歌が初めてマスコミに発表された時も三波春夫ではなく吉永がその場で歌っている。また、松下電器産業が博覧会を記念して制作したタイムカプセルには、吉永が歌い上げたレコードが納められた。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た奥山融

    1962年(昭和37年) - 高校在学中、『キューポラのある街』(浦山桐郎監督)にヒロイン役で出演、ブルーリボン賞主演女優賞を受賞(17歳での受賞は2012年時点で史上最年少記録)。ビクターから『寒い朝』でレコードデビューし20万枚のヒット。橋幸夫とのデュエットで30万枚の大ヒットとなった『いつでも夢を』で「第4回日本レコード大賞」受賞。この頃から日活の清純派女優として浜田光夫とコンビを組む。同年3月31日からイタリアのミラノで開かれた「ミラノ国際見本市」の中で、4月15日から4月19日まで開催された『ミラノ日本映画見本市』のため、4月10日、清水雅(東宝社長)を団長として、川喜多長政、奥山融、そして、他の映画会社各社代表女優の佐久間良子(東映)、星由里子(東宝)らと共に日活代表女優としてイタリアへ出発。岸惠子が日本からではなく現地参加でミラノで合流している。吉永は星と共に同国のヴェネツィアも訪れている。4月25日、帰国。当時はまだ海外渡航自由化の前で、貴重なイタリア訪問となった。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た皆川和子

    12?13歳の頃、個人的にボイストレーニングのためにひばり児童合唱団に通っていたことがあり(団員ではなかったが、個人レッスンを受けていた)、その後ひばり児童合唱団の創設者である皆川和子からの紹介で松竹からの映画デビューが実現した。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た飯島正

    父の吉永芳之(鹿児島県出身)は、東大法学部卒業、九州耐火煉瓦、外務省嘱託を経て、出版社「シネ・ロマンス社」を経営。飯島正、双葉十三郎らと映画ファン雑誌「シネ・ロマンス」を刊行するも、事業に失敗している。母の和枝は大阪に生まれ、宍粟郡(現・兵庫県宍粟市山崎町)で小学生の頃まで育ち、「潮音」に所属する歌人であった。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た三木のり平

    15歳時、映画撮影の際に三木のり平とキスをした。これが自身のファーストキスとなったと1999年4月13日放送の『スタジオパークからこんにちは』にて発言している。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た卑弥呼

    まぼろしの邪馬台国(2008年、東映) - 主演・宮崎和子・卑弥呼 役(二役)吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見たアイスキュロス

    早稲田大学第二文学部での卒業論文のテーマは「アイスキュロスの『縛られたプロメテウス』におけるアテネ(アテナイ)の民主制について」であった。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た徹子の部屋

    徹子の部屋 (2015年12月11日など、テレビ朝日) - 何度か出演経験がある。高倉健とともに出演したこともある。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見たモントリオール世界映画祭

    2014年(平成26年) - 自身初のプロデュース作品『ふしぎな岬の物語』がモントリオール世界映画祭で審査員特別大賞を受賞。同作で第38回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た演劇

    岩下志麻とともに舞台劇に出ない女優として知られる。岩下は「20代の頃、『オセロ』に出演したが、舞台の面白さを自分の中で実感できず、舞台は一回だけ」と話している。対して、吉永は未経験である。2001年に東宝が『長崎ぶらぶら節』を帝国劇場で上演したが、この際も松岡功東宝会長(当時)が、岡田茂東映会長(当時)に「吉永さんを口説いてもらえんかい」と頼んだが「彼女は駄目だよ」と断わられたという。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

296件中 101 - 110件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード