296件中 61 - 70件表示
  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た母べえ

    第2回HIHOはくさい映画賞(『映画秘宝』主催)生涯功労賞、受賞(『母べえ』『まぼろしの邪馬台国』等長年の功績により)吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見たNHK紅白歌合戦

    実現には至らなかったものの、1960年末期から幾度も『NHK紅白歌合戦』の紅組司会の候補に挙がった。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た広島市

    2002年(平成14年) - 平和記念資料館(広島市)に導入された音声ガイドのナレーションをボランティアで担当。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た埼玉西武ライオンズ

    西武ライオンズと早稲田大学ラグビー部のファンとして有名である。前者については、元々読売ジャイアンツ(特に長嶋茂雄)のファンだったのが、江川事件をきっかけに、また西武グループ元オーナーの堤義明にスキーを教わったのをきっかけとして転向したものだった。また、西武ではかつて清原和博でもあった。後者については、試合観戦に通うだけでなく、毎年の夏の合宿に牛一頭分の牛肉の差し入れをしている。これは「吉永牛」として部員の間で呼ばれている。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た日活

    1960年(昭和35年) - 渋谷区立代々木中学校卒業、東京都立駒場高等学校全日制普通科入学。同時に日活撮影所に入社。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見たスキー

    西武ライオンズと早稲田大学ラグビー部のファンとして有名である。前者については、元々読売ジャイアンツ(特に長嶋茂雄)のファンだったのが、江川事件をきっかけに、また西武グループ元オーナーの堤義明にスキーを教わったのをきっかけとして転向したものだった。また、西武ではかつて清原和博でもあった。後者については、試合観戦に通うだけでなく、毎年の夏の合宿に牛一頭分の牛肉の差し入れをしている。これは「吉永牛」として部員の間で呼ばれている。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見たトヨタ・クラウン

    トヨタ自動車 『トヨタ・クラウン』(1973年 - 1983年)吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た渥美清

    『男はつらいよ』シリーズでは二度歌子役で出演しており、平成に入り三回目の再登場もあったがスケジュールが合わず「それに、同じ役を何度もやると、私自身がマンネリになるんじゃないかと」も理由にあり、渥美清が1996年に死去しシリーズ終了後に「もう一度、出演するべきでした。最後ということが分かっていたらどんな形でも出たかった。後悔しています」と語っている。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た松原智恵子

    「日活の看板女優」として、浜田光夫と1960年代の日本映画界に一大旋風を巻き起こし、従来の男性アクション映画路線がマンネリ化していた当時の日活にとって、吉永・浜田コンビの純愛&青春映画路線は、新たな日活映画ファンの獲得と支持を集めた。特に『キューポラのある街』、ベストセラーを映画化した『愛と死をみつめて』などは世間から熱い注目を集めた。ブロマイドがあまりの売れ行きに店頭から姿を消すなど、爆発的に売り上げを伸ばした。1964年(昭和39年)、1968年(昭和43年)、1969年(昭和44年)と、年間売上実績で女性部門1位に光輝いた。また、松原智恵子と和泉雅子と合わせて「日活三人娘」とも呼ばれた。吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

  • 吉永小百合

    吉永小百合から見た後藤久美子

    1988年、後藤久美子と吉田栄作でリメイクされる吉永小百合 フレッシュアイペディアより)

296件中 61 - 70件表示

「吉永小百合」のニューストピックワード