前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • 関西独立リーグ

    関西独立リーグから見た吉田えり吉田 えり

    2008年11月に紀州レンジャーズも含めた形でトライアウトを行い、その結果を基に11月16日にドラフト会議で各球団が希望選手を指名した。女性も受験可能で、神戸9クルーズが当時川崎北高2年の吉田えりを指名した。関西独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 神戸9クルーズ

    神戸9クルーズから見た吉田えり吉田 えり

    初年度は、男性と共にプレーする日本初の女性プロ野球選手となった吉田えりが所属していた。吉田は全国的なマスコミからも注目を集め、前期シーズンを中心に吉田がブルペン入りをすると予告された試合の多くで入場者が1000人を越えた。この結果、初年度の入場者数はリーグでトップ(1試合平均798人)であった。神戸9クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫ブルーサンダーズ

    兵庫ブルーサンダーズから見た吉田えり吉田 えり

    2月7日、春季キャンプをキッピースタジアムで開始する。3月4日、同球場で履正社医療スポーツ専門学校を相手にチーム結成後初の対外試合を行い9-1で勝利した。4月11日から5月までの間、米独立リーグ挑戦中で元神戸9クルーズ選手の吉田えりを練習生として受け入れた。4月12日に関西独立リーグ参入後初の公式戦、スプリングカップ・ソウルヘチ戦(キッピースタジアム)を戦い、翌日に行われた2戦目の神戸サンズ戦(紀三井寺)で初勝利をあげた。兵庫ブルーサンダーズ フレッシュアイペディアより)

  • ナックル姫

    ナックル姫から見た吉田えり吉田 えり

    ナックル姫 フレッシュアイペディアより)

  • 剛球少女

    剛球少女から見た吉田えり吉田 えり

    実業之日本社発行の『週刊漫画サンデー』に2002年1月8日・15日合併号から2003年10月7日号まで連載された。全88話。単行本は2002年から2004年にかけて全8巻が刊行された。ナックルボールを決め球とし男子選手と共にプレーする女子選手という点で本作主人公と共通点を持つ吉田えり投手が注目を浴びた2009年、コンビニコミック版全4巻が刊行された。なお、単行本の表紙などにおいて「剛球少女」のタイトルの横にやや小さい字体で「甲子園に賭けた夢」との表記があるため、本作が「剛球少女 甲子園に賭けた夢」と紹介される場合があるが、単行本奥付の書名や実業之日本社サイトのコミックス詳細ページの記載は単に「剛球少女」となっているため、本項では「剛球少女」を本作のタイトルとして扱う。剛球少女 フレッシュアイペディアより)

  • チコ・アウトローズ

    チコ・アウトローズから見た吉田えり吉田 えり

    2010年4月、日本人女子プロ野球選手の吉田えりが入団し話題となった。チコ・アウトローズ フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立川崎北高等学校

    神奈川県立川崎北高等学校から見た吉田えり吉田 えり

    吉田えり(女子野球選手)神奈川県立川崎北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 増田里絵

    増田里絵から見た吉田えり吉田 えり

    小さい頃から野球が好きで、阪神タイガース鳥谷敬内野手に憧れ地元で草野球を始める。硬式野球への憧れから野球経験3ヶ月で女子プロ野球のトライアウトを受験するも不合格。それでも諦めきれず、関西独立リーグに加盟していた明石レッドソルジャーズの試合を見に行った際に、選手の家族らを通して北川公一監督に硬式野球への思いを伝え、練習生としてチームに入団することが許された。当時勤めていた会社を辞め、23歳にして本格的に野球を始めた。2010年9月12日、支配下登録され、吉田えりに続く2人目の男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手となった。増田里絵 フレッシュアイペディアより)

  • 日本女子野球連盟

    日本女子野球連盟から見た吉田えり吉田 えり

    2008年11月、2009年に発足する関西独立リーグに参加する神戸9クルーズがリーグのドラフト会議で16歳の吉田えり投手を指名。12月に正式に入団が発表され、男子選手とプレーする日本で最初の女子プロ野球選手になった。日本女子野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパン・フューチャーベースボールリーグ

    ジャパン・フューチャーベースボールリーグから見た吉田えり吉田 えり

    11月14日、第1回トライアウト開催。リーグは設立当初から吉田えりの獲得を目指すと表明していたが、今回のトライアウトでは吉田えりの兄・吉田勇介が受験し、1次試験を通過している(最終的に2次で不合格)。また、吉田えり本人とは、2009年12月28日に条件付ではあるが、三重への入団に合意している(条件:吉田が2010年1月から米・ウインターリーグに参加する為、米国の球団から契約のオファーがあった場合は、本人の希望を優先。日本で活動する場合はこの合意を優先)。最終的に吉田は米国の独立リーグへの入団が決定したため、三重への入団は実現しなかった。ジャパン・フューチャーベースボールリーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示

「吉田えり」のニューストピックワード