63件中 11 - 20件表示
  • 吉田えり

    吉田えりから見たトレード

    、前年に続きアリゾナ・ウィンターリーグに参加するも結果を残せず、リーグ終了後のドラフトでは指名がかからずに帰国。その後、4月11日より関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズに練習生として参加した後、6・7月にアメリカで行われるサマーリーグに日本人単独チーム「サムライ ALL JAPAN」のメンバーとして挑戦し、6月27日にサマーリーグでの初勝利を挙げた。7月20日、古巣のチコ・アウトローズに復帰したが、その直後の7月28日、チコと同リーグのマウイ・イカイカにトレードされた。8月9日に対エドモントン・キャピタルズ戦にてリーグ初勝利を挙げ、アイラ・ボーダーズに続き米独立リーグの女子選手として2人目の勝利投手となった。しかし、財政難に陥っていたマウイが8月16日にこのシーズンの残り試合を中止したことに伴い、選手も全員自由契約となったため、同24日に日本に帰国した。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た軟式野球

    神奈川県川崎市生まれ。2つ上の兄の影響で横浜市立北山田小学校2年から野球を始め、横浜市立中川西中学校では軟式野球部で一塁手のレギュラーだった。3年時に部活を引退した後すぐに硬式野球を始め、父親の勧めで投手に転向した。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たドラフト会議

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来、そして日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た横浜市

    吉田 えり(よしだ えり、1992年1月17日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手(投手)。愛称は「ナックル姫」。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た日本プロ野球

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来、そして日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た三重スリーアローズ

    3月27日に関西独立リーグ開幕戦の対大阪ゴールドビリケーンズ戦(京セラドーム大阪)で、9回裏から2番手としてリリーフとして初登板する。同年は先発1試合を含む11試合に登板、11回2/3を投げて0勝2敗、防御率4.63。10月に神戸9クルーズを退団し、「アメリカの球団からオファーがあった場合はそちらを優先する」という条件で12月にジャパン・フューチャーベースボールリーグの三重スリーアローズと入団合意。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た富山GRNサンダーバーズ

    より、背番号が21から49へ変更となる。同年6月29日、金沢市民球場で行なわれた対富山GRNサンダーバーズ戦において、延長10回の表に登板し無失点で切り抜け、その裏に石川がサヨナラ勝ちしたため、BCリーグ移籍後初勝利(BCリーグ史上初の女性選手の勝利)を挙げた。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た栃木ゴールデンブレーブス

    2016年10月21日、リーグが実施した新規参入球団(栃木ゴールデンブレーブスと滋賀ユナイテッドベースボールクラブ)に対する分配ドラフトで、栃木から指名を受け、石川が保有権を譲渡した。その後、入団が正式に決定し、2017年シーズンを迎えた。しかし、公式戦登板がないまま、2017年6月9日付で「怪我の治療に専念するため」という理由で、練習生契約に変更された。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た滋賀ユナイテッドベースボールクラブ

    2016年10月21日、リーグが実施した新規参入球団(栃木ゴールデンブレーブスと滋賀ユナイテッドベースボールクラブ)に対する分配ドラフトで、栃木から指名を受け、石川が保有権を譲渡した。その後、入団が正式に決定し、2017年シーズンを迎えた。しかし、公式戦登板がないまま、2017年6月9日付で「怪我の治療に専念するため」という理由で、練習生契約に変更された。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たカーブ (球種)

    2010年まではサイドスローから、最速101km/hのストレートと80km/h台のナックルボールとカーブを投げていた。また、ストレートは意図せずジャイロ回転していることがテレビ番組のスローVTRで明らかになった。遠投70m。50m走は8秒。吉田えり フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「吉田えり」のニューストピックワード