63件中 31 - 40件表示
  • 吉田えり

    吉田えりから見た横浜市立北山田小学校

    神奈川県川崎市生まれ。2つ上の兄の影響で横浜市立北山田小学校2年から野球を始め、横浜市立中川西中学校では軟式野球部で一塁手のレギュラーだった。3年時に部活を引退した後すぐに硬式野球を始め、父親の勧めで投手に転向した。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た関西独立リーグ

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来、そして日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た独立リーグ

    1月下旬から3月上旬までアメリカ・アリゾナ州で実施される「アリゾナウィンターリーグ」に参加。独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズの目に留まり、同球団から正式にオファーを受け、一時帰国後に合意。5月7日に再渡米してチコ・アウトローズの入団会見を行い、翌8日からのキャンプに参加。5月29日の対ティフアナ・シマロンズ(メキシコ)戦にて先発し、公式戦初出場を果たした。3回を投げて5安打4失点であったが、打撃成績では初回第1打席満塁のチャンスで145 km/hの速球をライト前に打ち返し、初出場・初打席で初安打と初打点を記録した。この試合で使用したユニフォームとバットはニューヨーク州クーパーズタウンのアメリカ野球殿堂博物館に展示された。また所属するチコ・アウトローズの好意で、インターネットテレビJustin.tvで公式戦動画が配信された。この効果もあるが、小柄な身体で戦う姿に『ニューヨーク・タイムズ』紙もスポーツ面のトップに写真付きで吉田の記事を掲載するなど注目を集めた。一方でこの年の公式戦記録は先発で8試合登板、25回2/3を投げて0勝4敗、防御率は12.27と目立った活躍を見せることができず、特に被安打数の34を越える36四死球を与えるなど制球が安定しなかった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たニューヨーク・タイムズ

    1月下旬から3月上旬までアメリカ・アリゾナ州で実施される「アリゾナウィンターリーグ」に参加。独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズの目に留まり、同球団から正式にオファーを受け、一時帰国後に合意。5月7日に再渡米してチコ・アウトローズの入団会見を行い、翌8日からのキャンプに参加。5月29日の対ティフアナ・シマロンズ(メキシコ)戦にて先発し、公式戦初出場を果たした。3回を投げて5安打4失点であったが、打撃成績では初回第1打席満塁のチャンスで145 km/hの速球をライト前に打ち返し、初出場・初打席で初安打と初打点を記録した。この試合で使用したユニフォームとバットはニューヨーク州クーパーズタウンのアメリカ野球殿堂博物館に展示された。また所属するチコ・アウトローズの好意で、インターネットテレビJustin.tvで公式戦動画が配信された。この効果もあるが、小柄な身体で戦う姿に『ニューヨーク・タイムズ』紙もスポーツ面のトップに写真付きで吉田の記事を掲載するなど注目を集めた。一方でこの年の公式戦記録は先発で8試合登板、25回2/3を投げて0勝4敗、防御率は12.27と目立った活躍を見せることができず、特に被安打数の34を越える36四死球を与えるなど制球が安定しなかった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た投手

    吉田 えり(よしだ えり、1992年1月17日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手(投手)。愛称は「ナックル姫」。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見た神戸9クルーズ

    2008年11月の関西独立リーグの合同トライアウトに合格し、同リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから7巡目で指名を受けた。12月2日に正式契約し、背番号は17となった。日本プロ野球リーグ所属の女子選手としては日本女子野球連盟(1950年 - 1951年)以来、そして日本で初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」となった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たチコ・アウトローズ

    1月下旬から3月上旬までアメリカ・アリゾナ州で実施される「アリゾナウィンターリーグ」に参加。独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズの目に留まり、同球団から正式にオファーを受け、一時帰国後に合意。5月7日に再渡米してチコ・アウトローズの入団会見を行い、翌8日からのキャンプに参加。5月29日の対ティフアナ・シマロンズ(メキシコ)戦にて先発し、公式戦初出場を果たした。3回を投げて5安打4失点であったが、打撃成績では初回第1打席満塁のチャンスで145 km/hの速球をライト前に打ち返し、初出場・初打席で初安打と初打点を記録した。この試合で使用したユニフォームとバットはニューヨーク州クーパーズタウンのアメリカ野球殿堂博物館に展示された。また所属するチコ・アウトローズの好意で、インターネットテレビJustin.tvで公式戦動画が配信された。この効果もあるが、小柄な身体で戦う姿に『ニューヨーク・タイムズ』紙もスポーツ面のトップに写真付きで吉田の記事を掲載するなど注目を集めた。一方でこの年の公式戦記録は先発で8試合登板、25回2/3を投げて0勝4敗、防御率は12.27と目立った活躍を見せることができず、特に被安打数の34を越える36四死球を与えるなど制球が安定しなかった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たリリーフ

    3月27日に関西独立リーグ開幕戦の対大阪ゴールドビリケーンズ戦(京セラドーム大阪)で、9回裏から2番手としてリリーフとして初登板する。同年は先発1試合を含む11試合に登板、11回2/3を投げて0勝2敗、防御率4.63。10月に神戸9クルーズを退団し、「アメリカの球団からオファーがあった場合はそちらを優先する」という条件で12月にジャパン・フューチャーベースボールリーグの三重スリーアローズと入団合意。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たゴールデンベースボールリーグ

    1月下旬から3月上旬までアメリカ・アリゾナ州で実施される「アリゾナウィンターリーグ」に参加。独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズの目に留まり、同球団から正式にオファーを受け、一時帰国後に合意。5月7日に再渡米してチコ・アウトローズの入団会見を行い、翌8日からのキャンプに参加。5月29日の対ティフアナ・シマロンズ(メキシコ)戦にて先発し、公式戦初出場を果たした。3回を投げて5安打4失点であったが、打撃成績では初回第1打席満塁のチャンスで145 km/hの速球をライト前に打ち返し、初出場・初打席で初安打と初打点を記録した。この試合で使用したユニフォームとバットはニューヨーク州クーパーズタウンのアメリカ野球殿堂博物館に展示された。また所属するチコ・アウトローズの好意で、インターネットテレビJustin.tvで公式戦動画が配信された。この効果もあるが、小柄な身体で戦う姿に『ニューヨーク・タイムズ』紙もスポーツ面のトップに写真付きで吉田の記事を掲載するなど注目を集めた。一方でこの年の公式戦記録は先発で8試合登板、25回2/3を投げて0勝4敗、防御率は12.27と目立った活躍を見せることができず、特に被安打数の34を越える36四死球を与えるなど制球が安定しなかった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 吉田えり

    吉田えりから見たクーパーズタウン

    1月下旬から3月上旬までアメリカ・アリゾナ州で実施される「アリゾナウィンターリーグ」に参加。独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグのチコ・アウトローズの目に留まり、同球団から正式にオファーを受け、一時帰国後に合意。5月7日に再渡米してチコ・アウトローズの入団会見を行い、翌8日からのキャンプに参加。5月29日の対ティフアナ・シマロンズ(メキシコ)戦にて先発し、公式戦初出場を果たした。3回を投げて5安打4失点であったが、打撃成績では初回第1打席満塁のチャンスで145 km/hの速球をライト前に打ち返し、初出場・初打席で初安打と初打点を記録した。この試合で使用したユニフォームとバットはニューヨーク州クーパーズタウンのアメリカ野球殿堂博物館に展示された。また所属するチコ・アウトローズの好意で、インターネットテレビJustin.tvで公式戦動画が配信された。この効果もあるが、小柄な身体で戦う姿に『ニューヨーク・タイムズ』紙もスポーツ面のトップに写真付きで吉田の記事を掲載するなど注目を集めた。一方でこの年の公式戦記録は先発で8試合登板、25回2/3を投げて0勝4敗、防御率は12.27と目立った活躍を見せることができず、特に被安打数の34を越える36四死球を与えるなど制球が安定しなかった。吉田えり フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「吉田えり」のニューストピックワード