537件中 11 - 20件表示
  • 田中清司

    田中清司から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1972年には「赤い鳥」のレコーディング (『パーティー』)、「RCサクセション」のレコーディング (アルバム『楽しい夕べに』)、1973年には吉田拓郎のバックバンド(『LIVE'73』)、頭脳警察のレコーディング(『誕生』、『仮面劇のヒーローを告訴しろ』)に参加。 また、「かぐや姫」や「風」の バックも担当する。田中清司 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見た吉田拓郎吉田拓郎

    9月23日 - 吉田拓郎、かぐや姫らによる「吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋 2006」が1975年以来31年ぶりに開催、NHKデジタル衛星ハイビジョンにて生放送された。2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • イメージの詩

    イメージの詩から見た吉田拓郎吉田拓郎

    「イメージの詩」(イメージのうた)は、よしだたくろうのデビューシングル。 1970年6月1日にエレックレコードから発売された。イメージの詩 フレッシュアイペディアより)

  • 魁!!クロマティ高校

    魁!!クロマティ高校から見た吉田拓郎吉田拓郎

    誕生日は1月1日。座右の銘は「人間だもの」。得意科目は美術・現代国語。尊敬する人物は高倉健、鶴田浩二。好きな音楽は吉田拓郎(人間なんて)。嫌いな物は甘い物。『課長バカ一代』に彼の原型となった「ボブ」というロボットが登場、『未来町内会』にも「地球温暖化防止装置」として登場する。魁!!クロマティ高校 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬尾一三

    瀬尾一三から見た吉田拓郎吉田拓郎

    瀬尾 一三(せお いちぞう、1947年9月30日 - )は、兵庫県生まれの音楽プロデューサー、アレンジャー、シンガーソングライター。主に中島みゆき、長渕剛、吉田拓郎、かぐや姫、風、伊勢正三などの作品を多数手がけていることで知られる。特に1990年代は、中島みゆき、長渕剛の両名のプロデュースに力を注いでおり、現在でも中島のプロデューサーを務めている。瀬尾一三 フレッシュアイペディアより)

  • 編曲家

    編曲家から見た吉田拓郎吉田拓郎

    石川鷹彦(いしかわ・たかひこ)〔アリス・長渕剛・さだまさし、吉田拓郎編曲家 フレッシュアイペディアより)

  • フォークソング

    フォークソングから見た吉田拓郎吉田拓郎

    また2000年代にはゆず、19などがブレイクしたことによってロックとフォークの融合体という意味で「ネオ・フォーク」なる呼称も使われていたが、最近では使用されなくなってきている。ただ、これらネオ・フォークはメッセージ性が薄いとして、吉田拓郎のような旧来のフォークファンにはあまり好かれていない。特に音楽界屈指のフォークマニアとして知られるTHE ALFEEの坂崎幸之助は「ネオ・フォークは、やはり違う。まだまだ60?70年代のフォークの足元にも及ばない」と言った趣旨のことを自身ので語っている。フォークソング フレッシュアイペディアより)

  • ムッシュかまやつ

    かまやつひろしから見た吉田拓郎吉田拓郎

    1970年2月25日に初の本格的なソロ・アルバム「ムッシュー/かまやつひろしの世界」を発売する。このアルバムは、当時世界的にも珍しかった「一人多重録音」という画期的な方法で制作された。また、音楽的にも様々なジャンルを融合した実験的な作品であった。その反面、1970年4月に発売されたソロシングル「どうにかなるさ」は、カントリーシンガーとしてのルーツに回帰する意向も反映され、その後にフォーク歌手として吉田拓郎作の「シンシア」、「我が良き友よ」などを歌う素地が出来上がってくる。かまやつひろし フレッシュアイペディアより)

  • あこがれ共同隊

    あこがれ共同隊から見た吉田拓郎吉田拓郎

    主題歌を歌った山田パンダも、原宿のジャズ喫茶のマスター役でレギュラー出演。南こうせつ、伊勢正三、イルカ、りりィ、吉田拓郎、かまやつひろし(第2回)等、当時の人気フォークソング・アーティストも多数ゲスト出演した。あこがれ共同隊 フレッシュアイペディアより)

  • かぐや姫 (フォークグループ)

    かぐや姫 (フォークグループ)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1972年4月20日 - アルバム『はじめまして』発売。吉田拓郎らの協力を得て制作され、5万枚を売り上げる。かぐや姫 (フォークグループ) フレッシュアイペディアより)

537件中 11 - 20件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード