537件中 21 - 30件表示
  • メモリアル (中村雅俊のアルバム)

    メモリアル (中村雅俊のアルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    いつか街で会ったなら(2分53秒) 作詞:喜多條忠/作曲:吉田拓郎/編曲:チト河内メモリアル (中村雅俊のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤ノヴ

    斎藤ノヴから見た吉田拓郎吉田拓郎

    1985年、吉田拓郎"ONE LAST NIGHT IN つま恋"に参加斎藤ノヴ フレッシュアイペディアより)

  • エレックレコード (オリジナル)

    エレックレコード (オリジナル)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    エレックレコード(ELEC RECORDS)は、1969年から1976年にかけて存在したレコード会社。今日のインディーズレーベルの先駆けとされる。1969年に設立され、一時、吉田拓郎、泉谷しげるら人気ミュージシャンのレコードをリリースしたが、1976年6月、倒産。エレックレコード (オリジナル) フレッシュアイペディアより)

  • ラストショウ

    ラストショウから見た吉田拓郎吉田拓郎

    大学時代にブレッド&バターのサポートをつとめ、以後はちみつぱいのメンバーと共に山本コータローと少年探偵団を結成し、本格的な音楽活動を開始。後に吉川忠英&ホームメイドに参加しながら、スタジオ・ミュージシャンとして幾多のセッションを行なう。1974年に泉谷しげるのバックバンド "ザ・ラスト・ショウ" を結成。その後ニュー・ミュージック系アーティストを始め、五輪真弓、吉田拓郎、長渕剛、杉田二郎、大瀧詠一、南こうせつ、高橋幸宏、山本耀司などのレコーディング、ライブに参加する。1998年、最も啓蒙を受けたナッシュビルのプログレッシブ・カントリー・ロック・バンド、ベアフット・ジェリーの再結成コンサートでのリード・ギタリストとして参加。ソロ活動ではDr.K(ドクターK)として9枚のアルバム、またDr.K Projectとして10枚のアルバムをリリースするなど精力的に活動を続けている。サムピックを使用したフィンガー・ピッキングにアメリカン・フィーリングを活かした独自のギター・スタイルを確立した彼のプレイは、カントリー・ミュージック、ルーツ・ミュージックの色が濃い。ラストショウ フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles

    GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singlesから見た吉田拓郎吉田拓郎

    収録曲のうち、「ロックンロール・ランデブーのテーマ」は初CD化となった。また、吉田拓郎の作曲による「銀河系まで飛んで行け!」は、キャンディーズのボックス・セット『CANDIES 1676 DAYS〜キャンディーズ1676日〜』の収録曲のカバーである。他に梓みちよがカバーしたバージョンも存在する。キャンディーズのものは、同じ“ゴールデン☆ベスト”シリーズの『GOLDEN☆BEST キャンディーズ』に収録されている。GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles フレッシュアイペディアより)

  • 聖・少女

    聖・少女から見た吉田拓郎吉田拓郎

    作詞は松本隆、作曲はフォーク界の吉田拓郎である。聖・少女 フレッシュアイペディアより)

  • じゃあまたね

    じゃあまたねから見た吉田拓郎吉田拓郎

    前作の「虹の架け橋」と同様にBEST10入りを逃した。表題曲とB面曲の両方を作曲した吉田拓郎は、本作発表から3年後の1977年に浅田と結婚している。じゃあまたね フレッシュアイペディアより)

  • シャドー・ボクサー

    シャドー・ボクサーから見た吉田拓郎吉田拓郎

    編曲はベーシストの後藤次利で、彼の編曲家としてのデビュー作となった。キーボードでスタジオミュージシャン時代の坂本龍一、コーラスで吉田拓郎もクレジットされている。シャドー・ボクサー フレッシュアイペディアより)

  • となりの町のお嬢さん

    となりの町のお嬢さんから見た吉田拓郎吉田拓郎

    「となりの町のお嬢さん」(となりのまちのおじょうさん)は、吉田拓郎のシングル。1975年9月25日発売。発売元はフォーライフ・レコード(現・フォーライフミュージックエンタテイメント)。となりの町のお嬢さん フレッシュアイペディアより)

  • 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW

    国際青年年記念 ALL TOGETHER NOWから見た吉田拓郎吉田拓郎

    はっぴいえんどとサディスティック・ミカ・バンド(ヴォーカルは松任谷由実)の再結成の他、吉田拓郎、オフコース、佐野元春、サザンオールスターズ、さだまさし、南こうせつ、チェッカーズ、THE ALFEE、山下久美子、坂本龍一、武田鉄矢、財津和夫、イルカ、白井貴子、アン・ルイス、ラッツ&スターらが出演し、再現は不可能な顔ぶれが揃ったが、吉田拓郎、オフコースから始まり、はっぴいえんど、松任谷由実を経由してトリが佐野元春、飛び入りゲストがサザンオールスターズという演奏順で世代交代を象徴する流れだったため、後に細野晴臣が「ニューミュージックの葬式」などと揶揄した。国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW フレッシュアイペディアより)

537件中 21 - 30件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード