660件中 21 - 30件表示
  • 人間なんて (よしだたくろうのアルバム)

    人間なんて (よしだたくろうのアルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『人間なんて』(にんげんなんて)は、1971年11月20日に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。人間なんて (よしだたくろうのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 篠原ともえ

    篠原ともえから見た吉田拓郎吉田拓郎

    深田恭子、一青窈、坂本美雨、SPEED、鈴木亜美、鬼束ちひろ、ユースケ・サンタマリア等と親交が深い。SPEEDとは1997年12月20日放送の『LOVE LOVE あいしてる』のクリスマススペシャルにて「恋人がサンタクロース」を一緒に歌った(ピアノの演奏は尾崎亜美)。深田とは10代の頃からの親友であり、温泉旅行などプライベートでのエピソードも披露している。また、『LOVE LOVE あいしてる』で共演した吉田拓郎、ともえちゃんまつりで共演した坂崎幸之助、古舘プロジェクトの先輩のヨネスケ、松任谷正隆、谷村新司とも親交がある。篠原ともえ フレッシュアイペディアより)

  • 176.5

    176.5から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『176.5』(ひゃくななじゅうろくてんご)は、1990年1月10日に吉田拓郎がリリースしたオリジナル・アルバムである。44歳の時の作品である。176.5 フレッシュアイペディアより)

  • 魁!!クロマティ高校

    魁!!クロマティ高校から見た吉田拓郎吉田拓郎

    誕生日は1月1日。座右の銘は「人間だもの」。得意科目は美術・現代国語。尊敬する人物は高倉健、鶴田浩二。好きな音楽は吉田拓郎(人間なんて)。嫌いな物は甘い物。魁!!クロマティ高校 フレッシュアイペディアより)

  • かぐや姫 (フォークグループ)

    かぐや姫 (フォークグループ)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1972年4月20日 - アルバム『はじめまして』発売。吉田拓郎らの協力を得て制作され、5万枚を売り上げる。かぐや姫 (フォークグループ) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見た吉田拓郎吉田拓郎

    9月23日 - 吉田拓郎、かぐや姫らによる「吉田拓郎 & かぐや姫 Concert in つま恋 2006」が1975年以来31年ぶりに開催、NHKデジタル衛星ハイビジョンにて生放送された。2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1974年、再び上京し、吉田拓郎の春と秋の全国ツアーのバック・バンドに愛奴として参加。ドラム経験は3ヶ月程しかなかったが、必死で練習してツアーに間に合わせた。拓郎のバックバンドとして何度か『ミュージック・フェア』などテレビにも出演した。ただし、演奏技術の問題からツアーでの「落陽」は演奏メニューから外され、拓郎は生ギターの弾き語りコーナーで「落陽」を歌った。ツアー中休みの7月に発売されたよしだたくろう・かまやつひろしのシングル「シンシア」のB面「竜飛崎」は愛奴の演奏である。しかし、8月にレコーディングされた拓郎のアルバム「今はまだ人生を語らず」(12月発売)は、全てスタジオ・ミュージシャンによるレコーディングとなった。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • やさしい悪魔

    やさしい悪魔から見た吉田拓郎吉田拓郎

    「やさしい悪魔」は、それまでのキャンディーズの清楚なイメージを一新、アン・ルイスのデザインによる大胆な衣装と“デビルサイン”を含めた斬新な振り付け、“大人化計画”に応えた詞曲も話題を呼んだ。喜多條忠の詞先で、作曲・吉田拓郎独特の“拓郎節”が展開される。キャンディーズのベスト・ソングに挙げられる機会も多く、キャンディーズファン・石破茂も「音楽的に完成度が一番高い名曲」と話し、キャンディーズ自身も「私たちの代表曲」と話している。発売の時点ではキャンディーズ最大のヒットを記録した。解散コンサート時点でのシングル売上は累計52万枚(CBS・ソニー調べ)。やさしい悪魔 フレッシュアイペディアより)

  • 武部聡志

    武部聡志から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1996年、フジテレビ系音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』に出演。ハウスバンドLOVE LOVE ALL STARSで吉田建や鳥山雄司と共に中心的な役割を果たした。また、この番組がきっかけに、高中正義や吉田拓郎のツアーに参加した。武部聡志 フレッシュアイペディアより)

  • かまやつひろし

    かまやつひろしから見た吉田拓郎吉田拓郎

    1970年2月25日に初の本格的なソロ・アルバム「ムッシュー/かまやつひろしの世界」を発売する。このアルバムは、当時世界的にも珍しかった「一人多重録音」という画期的な方法で制作された。また、音楽的にも様々なジャンルを融合した実験的な作品であった。その反面、1970年4月に発売されたソロシングル「どうにかなるさ」は、元々ザ・タイガースの岸部修三(現・一徳)と岸部シロー兄弟のデュオアルバム「Sally & Shiro」のために書き下ろされた曲のセルフカバーだったが、カントリーシンガーとしてのルーツに回帰する意向も反映された。1970年代初頭のフォークブームに触発され、主導権を奪ったフォークシンガーの吉田拓郎に接近し、吉田作品の「シンシア」、「我が良き友よ」などを歌う。「我が良き友よ」は90万枚を超えるセールスを記録し代表曲とした。1975年のフォーライフ・レコード設立の際も参加を希望したが、契約の問題などで参加できなかった。また「ウォッカ・コリンズ」へのゲスト出演や、タワー・オブ・パワーが演奏を務めた「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を発表。テレビアニメ作品「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングテーマとなった「やつらの足音のバラード」もよく知られ、1994年に小泉今日子、2004年にはスガシカオによってカバーされている。かまやつひろし フレッシュアイペディアより)

660件中 21 - 30件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード