537件中 31 - 40件表示
  • 石川鷹彦

    石川鷹彦から見た吉田拓郎吉田拓郎

    アコースティックギタリストの草分け的存在。1960年代から活躍し、1968年同じ多摩美術大学の小室等とともに六文銭を結成、初期メンバーとして「さよならだけが人生ならば」などを発売している。その後吉田拓郎、かぐや姫、風、イルカ、アリスなどのバック・ギタリストとして1970年代のフォーク、ニューミュージックシーンにおいて数多くの演奏を残す。石川鷹彦 フレッシュアイペディアより)

  • ひとり囃子

    ひとり囃子から見た吉田拓郎吉田拓郎

    B面「赤い燈台」は、作曲者の吉田拓郎がアルバム『ぷらいべえと』(1977年)でセルフカバーしている。ひとり囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 唇をかみしめて

    唇をかみしめてから見た吉田拓郎吉田拓郎

    「唇をかみしめて」(くちびるをかみしめて)は、吉田拓郎のシングル。1982年3月21日発売。発売元はフォーライフ・レコード(現・フォーライフミュージックエンタテイメント)。唇をかみしめて フレッシュアイペディアより)

  • あぁ、グッと

    あぁ、グッとから見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田拓郎から提供を受けた作品。女性アイドルへの楽曲提供は比較的多い吉田であるが(キャンディーズ・石野真子・浅田美代子など)、男性アイドル歌手へ提供するのはやや珍しいケースであった。なお、1986年頃以降のシングル曲はどちらかというと、大人の男性歌手を目指した「脱・アイドル」的な雰囲気がそもそもあり、それゆえの吉田の起用とも考えられる。結果的には吉田拓郎が、ジャニーズ事務所所属歌手へ初提供した作品となった。あぁ、グッと フレッシュアイペディアより)

  • 男なら!

    男なら!から見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田拓郎(第22話ゲスト)男なら! フレッシュアイペディアより)

  • 流星 (吉田拓郎の曲)

    流星 (吉田拓郎の曲)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    「流星」(りゅうせい)は、吉田拓郎のシングル。1979年5月5日発売。発売元はフォーライフ・レコード(現・フォーライフミュージックエンタテイメント)。流星 (吉田拓郎の曲) フレッシュアイペディアより)

  • いつか街で会ったなら

    いつか街で会ったならから見た吉田拓郎吉田拓郎

    いつか街で会ったなら(作詞:喜多条忠、作曲:吉田拓郎、編曲:大柿隆)いつか街で会ったなら フレッシュアイペディアより)

  • 18時開演〜TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM〜

    18時開演〜TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM〜から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『18時開演〜TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM〜』(じゅうはちじかいえん〜タクロウ・ヨシダ・ライブ・アット・トウキョウ・インターナショナル・フォーラム)は、2009年11月11日に発表された、吉田拓郎のライブ・アルバムである。18時開演〜TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM〜 フレッシュアイペディアより)

  • 田家秀樹

    田家秀樹から見た吉田拓郎吉田拓郎

    以後、音楽評論家、ノンフィクション作家、音楽番組パーソナリティ、音楽番組監修者として幅広く活躍中。音楽ライターとしては吉田拓郎、浜田省吾、甲斐バンド、GLAYといった面々と親交が深く、多数の書籍を執筆している。田家秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 旅の重さ

    旅の重さから見た吉田拓郎吉田拓郎

    1972年(昭和47年)10月28日公開。松竹製作、高橋洋子主演の映画化で、さらに作品の名が一般に知られるところとなる。主役オーディションで1位と2位だった高橋と秋吉久美子(小野寺久美子名義)のデビュー作でもある。脚本は石森史郎、監督は斎藤耕一、撮影は坂本典隆、音楽は吉田拓郎。オール・ロケで四国の自然を背景に詩情豊かに描かれ、話題となった。劇中歌として吉田拓郎の「今日までそして明日から」が使用されている。旅の重さ フレッシュアイペディアより)

537件中 31 - 40件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード